Dec 02, 2007

石見銀山

07120201_3

龍源寺間歩

07120203_2

銀山内部

07120202

清水谷精錬所跡付近

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Nov 26, 2006

しまなみ海道、尾道、倉敷

 2日目の朝は5時に起床し、朝風呂。6時半にホテルで朝食をとり、出発。この朝食がまたどうしようもないバイキングで、本当に久しぶりにこんなダメなホテルに泊まったと感心してしまった。

 今日はしまなみ海道経由で尾道に渡り、倉敷に寄ってから岡山空港というルート。K西さんの運転で、S倉嬢、Y田嬢、I田嬢、I崎嬢という組み合わせ。しまなみ海道は開通した翌年に渡ったし、尾道は3度目だし、倉敷も前回は倉敷国際ホテルに泊まったし、目新しさは全くないのだが、グループ旅行なので仕方が無い。

 最初の休憩は来島海峡S.A.。来島海峡大橋を望む絶景ポイントだが、天気は曇り。次は、因島水軍城へ行く予定だったが、時間があったので私のリクエストで、伯方の塩大三島工場で工場見学。製塩過程を興味深く見る。見学のお土産に、試供品の塩を3袋もらう。卓上タイプの(fleur de sel)を別途購入した。

 因島水軍城は、昭和58年築城?の資料館。山の上にあるのがなんとなく違和感があるが、まあ、よかろう。

 尾道では、新幹線口そばの魚蔵三代目源房で昼食。源房寿司御膳(2,580円)。出てきた寿司をみて愕然。これは、何ですか。小僧寿しですか?。もちろん、この店は私がセレクトした訳ではなく、同行した20代の女の子に任せてしまった結果で、きっとOZmagazineあたりではオシャレな店として紹介したりするのだろうけれど・・・。

 食後、尾道市役所に車を止め、千光寺山ロープウェイで山頂へ。このロープウェイは15年ほど前に当時の彼女と登って以来で、まあ、良い思ゐなのだけれど、それを壊してしまった気分。
 ロープウェー乗り場付近では、こもんという店でワッフルを食すことに。最近、家でワッフル焼いていないなぁ、と思いながら食べる。ベルギー系のワッフルではなく、なんか昔食べた柔らかいワッフル。ホットケーキみたいなやつ。

 その後、倉敷に移動して美観地区を歩く。紅葉が綺麗で思いがけず良かった。
 岡山空港では、源吉兆庵とサンマルクカフェが広いスペースで出店していた。サンマルクが岡山本社なのは知っていたが、源吉兆庵はノーマークだった。

06112601
 みかん

06112602
 倉敷美観地区

06112603
 紅葉

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Nov 25, 2006

道後温泉

 宇和島から再び松山に戻り、道後温泉泊。市内は渋滞が激しい。
 ホテルがショボかったので、外湯へ行く。松山に来たのは3度目で、前々回は道後温泉本館には入湯しているので、今回は椿の湯に向かう。夜7時前で、ちょうど各ホテルの宴会に出勤するコンパニオンさんたちが目立つ。

 道後温泉には、坊ちゃんが驚いたという遊郭の流れを汲むネオン坂という歓楽街がある。夜6時頃訊ねてみたが、真っ暗で廃墟のよう。しかし、「どこいくの~」と声をかけてきたオバサンがいたので、営業しているところもあったのだろう。各ホテルで宴会の終わる9時過ぎには、本館の近くに客引きが大勢いたので、そのくらいの時間に行けばなにかあったのかもしれない。
 一方、椿の湯の先には、新しい歓楽街があるようなので、見物に行くと、ここはすすきのか中洲かと見紛うばかりのネオン。一本の通りだけなのだが、ソープやヘルスがずらりと並んで壮観。ビル1棟全て風俗、というビルが何軒もあり、驚いた。とりあえず、呼び込みの声を無視して道を進むと道はぐるりとカーブし、道後温泉本館前の道と繋がっていた。

 19時半から宴会。女性も多いので、当然コンパニオンは無し。昼間のドライブで疲れたのかあまり酒も減らずに、大人しく進行。しかし、道後まで来て、ホタテや鮭の入った鍋やら、スモークサーモンのつまみとか、とってもダメな料理に苦笑。 

06112504
 道後温泉本館。大変なひぎわい。翌朝も6時前から人が並んでいた。

06112505
 道後温泉本館裏手のネオン坂。夜6時頃。暗すぎて手ブレ補正モードでもブレた。

06112506
 歓楽街の入り口。すすきのや中州によくあるような風俗ビル多数。外観も新しくきれいなものが多い。道後温泉の男性宴会湯治客だけでなく、松山市内や周辺地域の需要もあるのだろう。温泉の歓楽街に対して鄙びた先入観を持っていたので、これは驚いた。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

宇和島・丸水:活盛鯛めし、ふくめん

25日(土)
 JAL1465便で、羽田から松山へ。レンタカーで1時間、宇和島市の郷土料理店丸水で鯛めしコース(5,250円)の昼食。

06112501
 ふくめん。こんにゃくの千切りに、4種の具をトッピングしたもの。見た目のインパクト大。味は、まあ、普通。

06112502
 「活盛鯛めし」の鯛、5人分。

06112503
 上から2番目の写真の鯛の切り身を手前の卵とだし汁に混ぜて、ごはんにかけて食べる。とてもごはんがすすむ。奥は、「ふか湯ざらし」。ふか自体には味はほとんど無く、酢味噌につけて食べる。微妙。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jan 23, 2005

井出商店

05012301


05012302


05012303


| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jan 22, 2005

徳島

05012210


05012211


05012212

| | Comments (0) | TrackBack (0)

高松・城東

05012208


05012209

| | Comments (0) | TrackBack (0)

志度

05012205


05012206


05012207

| | Comments (0) | TrackBack (0)

屋島

 一度瓦町に戻る。志度線で琴平屋島まで。屋島駅では、コンビニのサンクスの広告でラッピングされたド派手な車両を見かける。駅を出ると目の前に屋島が見える。山の上には84番札所の屋島寺と屋島水族館があるのだが、駅前から出ていた屋島ケーブルは昨年秋に経営破たんで休業してしまった。

05012203

05012204

| | Comments (0) | TrackBack (0)

長尾寺

 まずは、琴電長尾線で終点の長尾へ。駅から5分ほどの長尾寺に行く。ここは87番札所。白装束のお遍路さんは見かけなかったが、車で廻っているらしい人はちらほら見かけた。近くの旅館には、JTBなどのツアー御一行様の札もみられた。瀬戸内らしく天気に恵まれた。

05012202

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧