Jan 06, 2010

正月修行おしまい(フランクフルト→仁川→那覇→羽田)

■OZ542 FRA-ICN
ソウルの大雪による機材遅れで、1時間半遅延の20時ちょうど発。
機内に入ると、CAは来た時の同じ方々。
Nice to meet you! See you again!
と声をかけられ、少し照れる。修行だとバレただろうか。

帰りの機内食では、最初の食事はアシアナ名物?のビビンバを選択。
なにげに旨い。

10010501

ビビンバ混ぜる前

10010502

混ぜた後

食後はしっかり寝て、
朝食は食欲が無いながらも洋食を食べる。

ソウル到着は定刻より遅れること1時間ほどの14時前に到着。気温は-13度。寒。
到着ロビーの端にあるアシアナのトランジットオフィスで今日の宿を案内される。仁川空港島内のベストウェスタンだった。夕朝食付き。

10010503

ホテル部屋からの眺め

10010504

仁川空港島のホテル街

チャックイン後、シャワーを浴びてから、周辺を散策。向かいのビルの地下にスーパーのEマートを発見。さらに足を延ばし、空港ターミナルへ向かう。徒歩20分。あまりの寒さに遭難しそう。ターミナルに入ると余りの温度差に顔や耳がとても痛む。

空港のファミマでおにぎりを食べてから、今度はシャトルバスでホテルに戻る。
夕食はKさんと待ち合わせて、ホテル1階のレストラン。寒い。
ミールクーポンで、ビビンバを選んで食べた。
夕食後、一人でEマートへ行き、のりやら、適当なものを購入。部屋に戻って、マッコールを飲んだが、まずくて半分以上捨てた。
23時頃就寝。どうやら時差ぼけはほとんどなさそう。

10010505

夕食もビビンバ

10010506

Eマート

翌朝、6時半から朝食。ブッフェのメニューにプルコギを見つけ、ついお皿に乗せてしまう。

■OZ172 ICN-OKA
9時20分発。
機内では、韓国食、カルビとイイダコの煮込みを選択。
昨日の長いフライトと比べると飛行時間は2時間15分。あっというまに感じる。
那覇空港は入国審査のカウンターは2つしかないが、最初に降りたので、スムーズに入国。このような時にもビジネスクラスのありがたさを感じる。

10010507

朝食のプルコギ

10010508

機内食

■NH126 OKA-HND
那覇の乗り継ぎは1時間余り。出発ロビーの売店でお土産を購入。早めにゲートを通ったが、プレミアムクラスで使えるラウンジが那覇には無いことを知ってがっかり。
帰りの機内では、ありがたくpommeryを2本いただいて、気分良くなって、あっというまに羽田到着。

10010509

プレミアムデリ

10010510

完成間近の羽田第4滑走路

短いような、長いような正月修行が終わった。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

Jan 01, 2010

正月修行その1(羽田→那覇→仁川)

羽田→那覇→ソウル(仁川)

元旦。朝7時20分羽田空港集合。Kさんと待ち合わせ。ANA121便プレミアムクラスを株主優待で購入し、搭乗口へ。2人まとめて予約していたのを別購入にしたら、予約番号が勝手に変更され、自動発券機の手続きがうまくいかずに、ぎりぎりの搭乗。ラウンジに寄る間も無かったが、たぶん近いうちに来るような気がするのであまり気にしない。

この便はポケモンjet。自分が乗り込むとなると違和感のある塗装。
プレミアムクラスは初搭乗。この時間帯は朝食が付いている。具沢山のスープとパン、サラダ。飲み物はシャンパン(pommery)も選択できたので、注文。程よく酔いが廻り、うとうとしている間に那覇空港到着。

10010101

ANAプレミアムクラスの朝食

10010102

沖縄の海と空

那覇空港では、国内線ターミナルから外に出て、国際線ターミナルへは徒歩3分ほど。南国の太陽がおだやかな気分。ここからはアシアナ航空のビジネスクラスで仁川へ向かう。チェックインを済ませ、ラウンジを案内される。これが、制限区域外の会議室を時間借りしたもので、中小企業の応接室みたいなつくり。ちんすこうをつまみ、オレンジジュースを飲む。携帯もemobileも電波が届かないので、一旦ターミナルを出て外のベンチでネットに接続。
なお、今回のネット環境は、aspireone+emobileとsoftbankの831SH。

ラウンジは12時で閉まり、荷物検査と出国審査へ。係員のぬるい対応が沖縄ちっく。乗客も白人、黒人、日本人ハーフ等多岐にわたるのが沖縄らしい。

那覇の国際線搭乗はバス移動。こういう時は優先搭乗はありがたい。機内ではさっそくウェルカムドリンク。ビジネスクラスは見た限り、12席しかなかった。

この便のシャンパンはcattier brut 。飲んだことが無いので、とりあえず注文。食事は牛肉のソテーかアンコウの蒸し煮が選択できたので、牛肉にしたが、これが、コチュジャンで炒めたもので、ニンニク臭がものすごい。キムチは供されなかったが、さっそくコリアの洗礼を浴びた気がした。

途中、済州島の真上を飛び、雪景色が見える。2時間半ほどのフライトで仁川空港に到着した。
うわさのキムヨナjetを探したが見当たらないのが残念。

10010103

OZビジネスクラスの朝食

10010104

済州島

10010105

仁川空港到着直前の風景

空港からはAREXという空港鉄道で市内(金浦空港)へ向かう。市内地下鉄、バス等でも使用できるICカードを購入したが、チャージの際の機械の感度が悪く、20分ほど時間をロスした。ここでもコリアの洗礼。

金浦空港までは約35分。下車するとホーム向かい側が最近開通したらしい地下鉄9号線。ソウル地下鉄で初めて急行運転をしている路線だが、あいにく各駅停車が着たので乗車。途中、急行乗り換えのアナウンスがあったので、下車したが、10分ほど待たされる。その間に、もう一本各駅停車が到着。どうやら、急行停車駅ではすべて乗り換えアナウンスが入るよう。地下にもかかわらず寒い中待たされ、うんざり。このあたり、ソフト的にこなれていないコリアクオリティを感じる。

高速バスターミナル駅で3号線、ついで2号線に乗り換え、三成駅。今日の宿はグランドインターコンチネンタルソウル。途上国ではホテルでけちらないのが最近の旅行。COEXというショッピングモールと繋がっているが、元旦でもなかなかの人出。韓国ではどちらかといえば旧正月のほうを祝うと聞いていたので、影響がどのくらいかは判らない。

チェックイン後、しばし休憩してから、出かけることにする。COEXを物色してから、Kさんのリクエストでロッテワールドへ。ここのSTAR AVENUEに何故かIKKOのコーナーがあり、面白そうなので見てみたい、とのこと。
COEXのもう一軒のインターコンチネンタルから迷い出たので、タクシーを拾って、直行。

ロッテワールドは、百貨店、スーパー等のある複合施設。もちろんロッテリアもやたらと存在。地上が遊園地、地下がレストラン、地下2階にはアイスアリーナがあり、地上まで吹き抜けとなっている。未来のキム・ヨナを目指してるかわからないが、子供たち大勢で賑わっている。

アリーナの隣には、ボウリング、ビリヤード、そして、実弾射撃場もあった。
STAR AVENUEも無事見つかって記念撮影。それにしても、IKKOが、チェジウ、東方神起、パクヨンハ等と同列に展示されている理由が良くわからない。帰ったら調べよう。(→今wiki見たら、韓国観光名誉大使とか、韓国の化粧品会社のキャンペーンキャラクターだそう)

10010106

ロッテワールド

10010107

実弾射撃場

時間も20時前になり、食事をすることにしたが、これといったレストランが見つからなかったので、COEXに戻ることにする。今度は地下鉄に乗車。ここのチャージ機は普通に働き、チャージできた。
COEXでは、先ほど見たときに行列していた韓国料理店に行ってみるが、まだ行列だったので、あきらめて、ジャッキーチェンの店と書いてある中華料理の店に入る。ファストフード。チャーハンと餃子のような点心を食べる。点心はなぜかキムチ味。

10010108

夕食の点心

食後、口直しをしようとロッテリアを探したが見つからず、コンビニでアイスや菓子、おにぎりを買い込んで、部屋に戻る。
有線LANを接続。1分625ウォンで、MAX28000ウォン。結局MAX使ってしまった。失敗。
シャワーを浴び、23時前に就寝して、長い一日が終わり。明日はもっと長いけど。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

Feb 25, 2006

佐賀、長崎旅行2日目(4)・花火

 ドムトールンの後は、夕食。ホテルヨーロッパで食べると、フルコース3夜連続になってしまうので、近くにある和食「真藍」で天麩羅のコースにする。店内には中国系や韓国系の外国人が目立つ。やはり、外国人には天麩羅が人気なのか。天麩羅は値段の割には、ボリュームがあり、納得の内容。追加で注文した刺身も新鮮なのかなかなか美味しい。
 19時45分からは港に面した広場で花火を見る。
 花火の後で、散歩。商店は18時に閉まるところが多く、町はひっそりとしている。それもまたオランダっぽくて良い。

06022511
 夕食

06022512
 花火

06022513
 教会前のイルミネーション

| | Comments (0) | TrackBack (0)

佐賀、長崎旅行2日目(3)・ハウステンボス

 名護屋城跡から、ハウステンボスへ移動。途中、大川内山による予定だったが、時間が無く、道の駅伊万里ふる里村に寄っただけ。17時頃、ハウステンボスに到着。

 今日の宿泊は、場内にあるホテルヨーロッパ。入国手続きを済ませ、荷物を預ける。ゲートをくぐり、入国。オランダの雰囲気がなかなか良く再現されている。とくに、風車のある風景は、本物と見紛うできばえ。曇り空が良く似合う。
 ホテルへは、専用のボートで移動する。なかなか優雅。途中、ワッセナーの分譲住宅街の横を進む。綺麗な住宅で、ちょっと住んでみたい気になる。東京にこんな町があれば、人気がでるだろうな、と思う。運河の水も透明ですごく綺麗。
 ホテルヨーロッパは、上から見ると口の字型をしており、途中建物の下をくぐって、中庭にある専用船着場からのアプローチとなった。チェックイン後、部屋で一休み。部屋はスタンダードツインで、40平米弱。昨日泊まったハミルトンよりは狭いが、建物がヨーロッパの作りなので、天井が高い。部屋にいる間もオランダを体感できる。
 明日の天気予報は雨なので、今日のうちにドムトールンに昇ることにする。ホテルを出ると、ちょうど夕暮れで、薄暮の中にイルミネーションが光り始めていた。

06022507
 風車のある風景

06022508
 専用ボート

06022509
 夕暮れのイルミネーション

06022510
 ドムトールンからの眺め

| | Comments (0) | TrackBack (0)

佐賀、長崎旅行2日目(2)・名護屋城

 烏賊料理の昼食の後で、近くにある名護屋城に寄った。名護屋城は、豊臣秀吉の朝鮮出兵の際に作られた城だが、関が原の戦いのすぐ後に解体されてしまったため、現在は石垣しか残っていない。それで、あまり期待してはいなかったのだが、実際に行って見ると、その規模の巨大さに圧倒されてしまった。当初は大手門跡だけみて帰るつもりだったが、本丸まで歩き、秀吉も眺めたであろう朝鮮に続く海を自分も眺めてみた。400年前の夢。文禄慶長の役の50年後に、人口60万の満州族に明は滅ぼされてしまうのだから、秀吉の夢も誇大妄想とは言い切れない気がする。
 一つ気になったのは、隣接する佐賀県立名護屋城博物館のパンフレットの記載。そこには、「秀吉がもくろんだ」「これが原因で交流が途絶えた」など、明らかに韓日友好?の視点から秀吉を悪人として断罪する文章があった。ちょっと、日教組的イデオロギーの臭いが・・・。佐賀県の職員労働組合は元気そうだ。

 帰宅してから思い出して、佐賀県のサイトを見ていたら、あった。佐賀県立名護屋城博物館の概要というページ。そこには、こう書いてある。

名護屋城博物館は、文禄・慶長の役(壬辰・丁酉倭乱、1592〜1598年)を侵略戦争と位置付け、その反省の上に立って、日本列島と朝鮮半島との長い交流の歴史をたどり、今後の双方の交流・友好の推進拠点となることを目指して、1993(平成5)年10月30日、名護屋城跡に隣接する位置に開館しました。

 「侵略戦争と位置付け」って、ちょっと馬鹿かな、と。400年前の出来事に現代的定義の解釈をして、それで反省って、本気なんだろうか。それなら、800年前の元寇は、高麗(朝鮮)の忠烈王がクビライに執拗に勧めたために始まったのだから、朝鮮は、元寇時の日本侵略を反省しる!(藁)・・・みたいになるのか?。ならんだろ。

06022504
 遠くまで続く石垣。

06022505
 名護屋城から対馬海峡を望む。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

佐賀、長崎旅行2日目(1)・呼子

 2日目は7時に起床。ホテル内のレストランで和定食の朝食。部屋に戻ってからテレビで荒川静香のエキシビジョンを観ていたら出発が遅くなった。長崎自動車道で多久IC、一般道で、呼子へ向かう。途中、唐津城で観光。エレベータで本丸まで登り、景色を眺める。売店で小松飲料合資会社のかぼすジュースを買ってみた。
 唐津に来たのは今回で3回目。最初は、大学生の時に当時付き合っていた彼女と。2回目は卒業旅行に一人で。唐津は日本三大くんちの一つである唐津くんちが有名。前に来たときは曳山展示場へ行き、ユニークな14もの曳山を観て面白かった。魚屋町の鯛の曳山がとくにかわいい。自宅には、唐津曳山土人形のミニセットを買ったのが、どこかにしまってある。

 唐津から呼子は15kmほど。呼子には烏賊料理を出す店がたくさんあるが、今回行った店はシーテラス呼子という店。ここで、烏賊生き造り御膳を注文。新鮮な透き通るようなイカのお造りは、足がまだ動いている。ちょっとかわいそうに思いつつ、イカに感謝して、いただいた。

06022501
 和定食の朝食。右上は嬉野温泉名物の温泉湯豆腐。崩れるような柔らかさ。

06022502
 かわいそうなイカさん。動いているのでギョッとするけど、旨い。

06022503
 生き造りのゲソは回収されて、天麩羅に調理される。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Feb 24, 2006

佐賀、長崎旅行1日目(3)・ハミルトン宇礼志野

 九十九島遊覧を終えると、もう15時。嬉野温泉に行く前にいくつか観光地を廻ろうと思っていたが、余裕が無かったので、西九州自動車道を使って佐世保三川内ICまで行き、とりあえず深川製磁チャイナオンザパークだけ寄ることにした。工場棟の一角に瓷器倉という店があり、ここで磁器を物色。箸置きが前から欲しかったので、上品なデザインのものを選んで購入した。
 慌ただしくチャイナオンザパークを後にし、一般道で嬉野へ。狂ったGPSのせいで畦道を案内されたりしたハプニングもあったが、なんとか今日の宿泊地ハミルトン宇礼志野に到着。

 ハミルトン宇礼志野は1泊朝食・夕食付き。夕食はイタリア人シェフの作るイタリアンのコース料理が楽しめる。温泉は館内の大浴場の他に、中庭にある露天風呂を男女時間帯別に利用できる。女性客の割合がかなり高く、男湯では誰にも遭わずに独占状態。部屋も広く、従業員のサービスも良くて、くつろげるホテルだった。

06022407
 深川製磁の工場

06022408
 部屋はかなり広め。館内には青い磁器タイルがいろいろな場所でアクセントに使われてセンスが良かった。

06022409
 中庭の露天風呂方向の風景

| | Comments (0) | TrackBack (0)

佐賀、長崎旅行1日目(2)・九十九島

 30分待ってから、kaya のハンバーガーを受け取り、車の中で食べるのもイマイチな気がして、次の目的地である九十九島へ移動。九十九島遊覧船パールクイーン号のチケットを買いに行くと、売店のおばちゃんが、話しかけてきた。私がぶら下げているハンバーガーはどこで買ったのかが話題になる。当然 kaya のことも知っていて特長も押さえていた。さすが佐世保。
 14時発のチケットを購入し、港のベンチでハンバーガーを食べる。風が結構冷たい。時間が経ってしまい、冷めてしまっていたが、それでもかなり美味しかった。

 最初、乗船ターミナルはがらがらだったが、乗船時間の10分程前になると団体客もバスで到着し、急に混雑してきた。そして驚いたのが、外国人が多いということ。中国語や韓国語が飛び交い、ここはどこの国?状態になった。以前、長崎県が中国に観光客誘致のための事務所を開設したとか読んだことがあるが、観光への積極的な取り組みが功を奏しているのだろうか。チケットもぎりのオジサンも慣れたもので、シェシェと言いながらチケットをもぎっていた。

 パールクイン号の乗船時間はおよそ50分。水が透明で穏やかな多島海をすべるように進む。本当に美しい風景。船も就航から4年ほどの新造船で居心地が良かった。

06022404
 美しいシルエットのパールクイン号。

06022405
 多島海を進む。

06022406
 晴天に恵まれた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

佐賀、長崎旅行1日目(1)・佐世保

 今日から佐賀、長崎2泊3日の旅。羽田発7時50分のJAL1841便で長崎空港へ。長崎空港は大村湾に浮かぶ世界初の海上空港で、約30年前に開港した。ターミナルビルは老朽化しているように見える。大村市街とは連絡橋で繋がっており、今回は日産レンタカーの送迎バスで渡った。レンタカーを借りて、まずは一路、佐世保市へ。最初の目的地は、Stamina本舗 Kaya。佐世保のローカルフードと言えばハンバーガーということで、いろいろネットで調べてみたところ、■ハウステンボス&毎日が旅行中。■ブログで紹介されていたのが目に付き、行くことにした。
 カーナビのGPSの精度が狂っていたが、工業地帯にあるこの店になんとかたどり着いたのが11時45分。平日なのに、なんと30分待ち。近所の高校生なんかも電話予約して昼休みに取りに来ている様子。チキンカツバーガーとハンバーガー、ポテト(皮付き)を注文した。

06022401
 朝食は空弁。マグロかつサンドと黒いなり

06022402
 雲の上に富士山が顔を出していた。

06022403
 Stamina本舗 Kaya。屋台風。周りは殺風景な場所。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Feb 17, 2006

冬の沖縄旅行・1日目

 今日は会社を休んで、羽田9時55分発のJAL1911便で那覇へ飛んだ。あんまり予定を考えていなかったのだが、昼食はてんtoてんの木灰そばを食べたくなったので、那覇空港でレンタカーを借りることにした。案内所では、エキゾチックな顔立ちのお姉さんが対応してくれたのだが、日本人が話す日本語に聞こえなくて面食らった。
 道が混んでいたので、「てんtoてん」へ着いたのは20分後。かんすい代わりに木灰を使用した、昔ながらの木灰すばを食べる。

06021701
 識名の住宅街にあるてんtoてん。沖縄には隠れ家的な店が多い。

06021702
 木灰すば。

 食後は、とりあえず南へ進路をとり、玉城村にある浜の茶屋でコーヒーを啜る。海に向かって窓が開放されているのだが、2月だけあってさすがにちょっと寒い。それでも沖縄らしい自然のある風景に心が癒される。

06021703
 浜の茶屋からの眺め。

06021704
 コーヒーでひと息。

 帰りには平和祈念公園に立寄った。前回との季節の違いが、風景を大きく変化させていた

06021705
 冬の沖縄は雨が多い。晴れた日とは、景色も全く違う。

06021706
 天気は悪くても、ハイビスカスの花は鮮やかだった。

 あしびなショッピングセンターのヤマダ電器でBoAと一青窈のCDを購入。
 今日の宿は前回も泊まったホテルブライオン那覇。繁華街というかネオン街に位置するロケーションも、沖縄の一面が見えて面白い。チェックイン後にレンタカーを返却し、夕食は、予約しておいた糸ぐるまで沖縄料理。11品の3500円の定食とオリオンビールを楽しんだ。

06021707
 沖縄独特の食材も多く、面白い。

06021708
 ラフテー。

06021709
 イナムドゥチとごはん

 今回は、沖縄レストランガイド 2006を購入して持ってきたのだが、かなり役立った。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧