Nov 17, 2006

津田沼駅南口の衰退

11月14日(火)
 出張のついでに、東日暮里の麺や葵で昼食。約2年ぶりの訪問。今回は塩ダレのつけ麺(750円)。動物と魚介の濃厚なWスープのつけダレは旨味が満ちている。香ばしいチャーシューも魅力的。麺は今回は平打麺で、かなり平べったく、ごわごわした食感。表面積が広く、つけダレと良くなじむし、面白い。

 今回は、平日だったので、通り沿いの店が営業しており、繊維問屋が多いことが実感できた。様々な布を売る店があり、女性客の姿が目立つ。革のハギレなんかも売っており、専門性が伺われた。

 夕食は、ブのリクエストに応えて牡蠣なべ。コンソメとかつおダシをベースに、白醤油、みりん、酒、生姜で味を調えた。鍋に使う野菜が多く出回って安くなり、嬉しい。

 夜中に、Newスーパーマリオブラザーズの全てのステージとスターコインの収集を終え、完全クリアした。正直、ここまでやり込むことになるとは思わなかった。

11月15日(水)
 九段にある和食さくらさくらでランチ(1,470円)。和食の店だが、塩とんかつというメニューが気になって注文。しかし、大はずれ。揚げ方と油に問題があるのか、固い衣で口を傷つけてしまって痛い。それはともかく、一つ一つの粒がはっきりしていないべちょっとしたごはんが不味くて致命的。店の内装は和風モダン、場所柄外国人(白人)も多くて雰囲気は良いのだが。

11月16日(木)
 夕方、錦糸町のクイーンズ伊勢丹に寄ったら、ボジョレー・ヌーボーの解禁日で13種類もの試飲をやっていた。つい、5種類まで飲み比べ、なんだか酔いが回る。今まで余り関心は無かったが、場所柄、初物好きの江戸っ子を意識して1本購入。飲みきれないことが判っているので、夕食は牛肉の赤ワイン煮を作ることにした。

11月17日(金)
 京成津田沼駅徒歩5分の栄昇らーめんで夕食。魚だしらーめん(650円)は金曜日なのでアゴだしベース。メンマ、ナルト、ネギ、ばら肉を巻いたチャーシューなどの具は見た目はシンプルだが、しっかりとした味わいのあるスープに対して主張しすぎず、バランスが良い。

 津田沼に来たのは、2年前の文化の日に必勝軒に来た時以来。今回は、栄昇らーめんからJR津田沼まで歩いたのだが、なんと南口のダイエーが閉店しており、レストラン街だけの廃墟のようなビルになってしまっていた。90年代前半には、売上日本一を競っていたというのに!wikipedia:津田沼戦争(参照)

 駅前の一等地ではあるが、新京成の新津田沼駅との回廊があって人の流れが自然にできる北口と較べると不利であったことは否めない。さらに、津田沼駅は、96年の東葉高速鉄道開通による乗客シフトの影響をもろに受けた。津田沼駅の旅客数は、開業後3年で20%減少している。
 東葉高速の開通と相俟って影響を与えたのが、モータリゼーションの進展に伴う、生活様式の変化。より魅力的な357号沿いの大型ショッピングセンターに顧客を奪われ、ダイエーの命運は尽きたのだろう。

 東京駅から30km圏内でこのような駅前の空洞化が起きている以上、郊外の地価の下落が継続するのは仕方の無いことだと合点がいく。実際に、商業地の収益性が落ちているのだから。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

Nov 12, 2006

稲田屋、轍、藤巻劇場

11月10日(金)
 19時より、アイガーデンテラスの稲田屋で4年前の職場の人たちと飲み会。2次会はmusso。ひたすらダーツをやって遊ぶ。

11月11日(土)
 雨。神泉の轍でラーメン。かつおと煮干のダシが効いたスープはやさしい味わい。噛み応えのある細麺と分厚い炙りチャーシューの相性が良い。帰りに、渋谷のBook1st.で五十嵐らん氏の明日から中国で社長をやってくださいを購入。ブログ中華的生活「多少銭?」を1年ほど前から愛読していたので、気になっていた。「第7章中国ビジネスの描き方」で分析している今後の中国に対する洞察が目からウロコ。

 夜は、ブとブの友達のK子と3人でベッラナポリ。いつもどおり美味しい夕食。

11月12日(日)
 中目黒の美容室で髪を切った後、池尻大橋の藤巻劇場。今まで、タイラーメンと言えばティーヌンだったが、正直飽きがきていた。ここは、広尾や新宿、自由が丘にあったゴールドリーフで勤務していた主人が開いた店だそうで、トムヤム激情麺(赤)はまさに宮廷料理。もちろん1,100円(小丼つき)と値は張るが、屋台料理のティーヌンとは違う食べ物。次回は黒を食べたい。

06111201
 生花が鮮やかで見た目も美しい。レモンを絞ってから食す。

06111202
 ハーブがトッピングされたライスの小丼。穴あきのれんげで掬ったひき肉を乗せ、スープをかけておじや風にいただく。

06111203
 真っ白な看板。藤巻劇場の外観は怪しさいっぱい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Nov 03, 2006

煮豚、不如帰、首里製麺

 10月30日(月)
 夕食は自宅で煮豚を作る。昨日、錦糸町オリナス地下の東急ストアで買った高座豚のバラ肉のかたまりを適当な大きさに切って、塩茹でしてからお湯を2/3ほど捨てて余分な脂を落とし、今度は味醂、醤油、紹興酒、オイスターソース、それに八角を一欠け加えてから煮る(八角は香りが強いので、頃合を見計らって取り出す)。2時間ほどで、とても美味しい煮豚が完成した。ちょっと東坡肉風。

 11月1日(水)
 煮豚のタレが非常に美味しくて捨てるのが勿体無かったので、クイーンズ伊勢丹で生麺を購入し、タレをベースにしたラーメンスープを作る。穂先メンマと味玉をトッピングして夕食。メチャうま。

 11月2日(木)
 夕食は幡ヶ谷の不如帰。あさりを使った貝出汁がうりのラーメンだが、それほど貝の風味は感じない。ただし、丁寧な作りで悪くない。代田橋へ移動し、首里製麺で沖縄そば。商店街の入り口には、沖縄タウンと書いたアーチがあり、何事かと驚いた。帰り際に店長に聞いたところ、市場の雰囲気が沖縄の市場に似ていることから、沖縄タウンになったとのことだった。ちょっと微妙。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Oct 26, 2006

東神田らーめん、維新號甬江

10月24日(火)
 日曜日に出勤したので、振替休暇。昼頃、自転車に乗ってアキバへ出かける。寒いので厚着をし軍手をしていたら、さっそく警察官に呼び止められ、防犯登録の確認をされる。3分ほどで解放。
 昼食は、東神田らーめんでつけ麺(650円)。普通に美味しいつけ麺。太いちぢれ麺の食感が良い。
 週末に買った石神秀幸選定本物のラーメン300―首都圏NO.1ラーメンガイド2007の掲載店。数えてみたら、東京、神奈川、埼玉、千葉の掲載店188店のうち、151店は行ったので、のこり37。いや、今日1つ増えたので、残り36。 

10月25日(水)
 日本橋コレドの維新號甬江で菫花セット(1,575円)の昼食。羽生善治の決断力を読みながら。あまり見かけないタイプのあんがかかった焼きそばがなにげに美味しい。

10月26日(木)
 今日はサッカー部の練習だと道具を持って会社に行ったら、人数が少なくて中止になっていた。グラウンドが改修されるので、たぶん今年最後の練習だったのに、残念。
 夜、自宅でパソコンを起動したら、キーボードが効かなくなっていた。昨日、烏龍茶をこぼしたのを思い出し、分解してみたら、烏龍茶でべちゃべちゃだった。きれいに拭き取って組み立てなおしたが、ダメだった。しかたなく、古いVAIO L320のキーボードを取り付けたら動いた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Sep 06, 2006

つけそば丸永、ラニー

 9月5日(火)
 昼食は、狭山ヶ丘のつけそば丸永。平日だが引き続き休みをとったので、池袋から西武線のレッドアローに乗り、所沢で乗換えて行ってみた。東京の郊外を平日の昼間にのんびり歩くのも、あまりない経験。つけそばは、麺は普通。つけダレがかなり日本そばに近い。
 食後、所沢に戻ってから、西武新宿線で本川越。徒歩15分ほどの笑堂へ行ったが、スープ切れでおしまいの札。目の前が喜多院だったので、境内を通って帰る。小学生の時に遠足で来たのが最初。2回目は大学の時。今日が3度目。

 9月6日(水)
 銀座のラニーで、チキンカリー(1000円)の昼食。今回は、おきに入りのカレー屋さん400のエントリを参考に、ビリヤニを選択。1月に行った池袋のマルババほどのインパクトは無かったが、普通の評価。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jun 25, 2006

黒兵衛、トマト

23日(金)
 前日の夜、論文を書く研修を受けた後で、同僚と和食さとで夕食をとり、軽くビール一杯を飲んで家路についた。そして、朝3時50分に起き、W杯の日本代表とブラジル代表の試合を観た。前半34分、玉田の素晴らしいゴールに興奮し、それから10分間だけ奇跡を信じた。

 眠い金曜の午後の仕事をまったりと過ごした後、直接家には帰らずに、六本木へ出かけた。駅そばの黒兵衛で、黒兵衛らーめんの夕食。ここは、夜にらーめんを注文すると、七輪が出てきて、具を自分で炙るという演出がある。葱とチャーシューを一緒に炙り、脂を葱に吸わせた。らーめんは、この店をプロデュースした本八幡の「だんちょうて」同様に、奥深いしょうゆ味のスープ。私が自宅でも愛用している原了郭の黒七味が置いてあり、これを途中で使うって味の変化を楽しむのも良い。

 六本木から新橋へ移動し、しばらく散歩した後、マンガ喫茶で0時近くまでねばる。あずみを23巻まで読み終わった。今月39巻が発売予定なので、追いつくまではまだ時間がかかりそうだ。

24日(土)
 前日早起きしたせいか、昼まで寝る。
 午後、録画しておいた麻雀放浪記を観る。84年に製作された角川映画だが、全編モノクロの映像が非常に渋い。戦後の焼け野原の風景から映画は始まるのだが、主演が真田広之でなければ、本当に昔の映画だと錯覚してしまいそうだ。

 夜、ブと近所の喫茶・コーヒー・鉄板焼・お好み焼店に行ってみる。謎のコンセプトで、前から気になっていた。豚ロース、アスパラ&バター、タマネギ。追加でウィンナーを注文。飲物はレモンサワーとカルピスサワー。最後は五目お好み焼で締める。悪くは無い。私たちが嬉しげに鉄板焼を焼いている向こうの席では、男性2人がコーヒーを飲みながら歓談していた。店のコンセプトは街に合っているようだ。

25日(日)
 午後3時過ぎ、錦糸町のオリナスに行って、回転寿司「活一鮮」で遅い昼食。北海道がテーマの店で、北海道産の食材がウリ。今日のお勧めの黒板に、余市産のものが5品ほど書いてあったので、とりあえずお勧め全部注文。うにが回転寿司レベルを超えて、かなり旨かった。後で調べたら、東京建物の子会社が運営。東建も結構川下の事業に進出していたのね、と知る。
 夕食は、家でグラタンを作った。

 書き忘れていたが、先週の日曜日は、ブと荻窪のトマトにカレーを食べに行った。BS-iのカレー魂の再放送で、トマトの回を見たため。昨年、一度チャレンジしたが、休業していて、その時は別の店に行くことになった。今回は、無事開いていたので、タンカレー(2100円)とビーフジャワカレー(1680円)を注文。タンの価格が高騰したためか、タンカレーの値段は変わっていた。ここのカレーは、それなりの材料とてまひまをかけているので、食べてみると高いとは感じない。非常に濃厚なので、お湯で2倍に薄めてもコクや旨味はなんの問題もなさそうなくらい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jun 21, 2006

よし丸、マンダラ、あびすけ

20日(火)
 夕方、東武東上線の森林公園駅からバス。比企郡滑川町の熊本ラーメン育元へ行くも、臨時で3連休。しかたなく、徒歩で駅まで戻る。森林公園に来たのは、小学生以来、30年ぶり近い。
 帰り道、鶴ヶ島駅からバスで終点の川鶴団地まで行き、よし丸でよし丸らーめん(700円)の夕食。豚骨ダシベースの魚粉大量投入系のラーメンで、いろんなところで食べて食べ飽きた味。バス停そばのマツキヨで安売りしていた資生堂のダイエットサプリ「美系飲料」を飲んだら、お腹の調子が悪くなった。

21日(水)
 神保町の集英社共同ビル地下のインド料理レストランマンダラで、ミックスグリルランチ(1575円)。カレーはシュリンプバターマサラを選択。トマトのまろやかな酸味が食べやすく、結構旨い。但し、カゴメあたりの業務用トマトソースを使えばすぐに作れそうな気がする。セットのタンドリーチキンは、手羽の部位を使ったもので、ハーブたっぷりのスパイシーなもの。豪快にむしゃぶりついて美味しくいただく。シークカバブは、野菜とハーブが多めで他店と較べるとヘルシーな印象。コストパフォーマンスとしては満足。

 夜は、日吉駅前のつけめんあびすけ。夜遅かったせいか、理工学部っぽい人々が目立つ。あびすけは、白楽の六角橋商店街・ふれあい通りで「すっごいよ」として営業していた4年ほど前に行った。現在の業態になってからは初訪問。太麺は丸高製麺のもの。つるっとしたのどごしで、食べやすい。大盛り(300g)無料だと案内され、つい頼んでしまって後悔しつつも、あっさりと食べきってしまった。ざくざく太めのメンマは好感。魚介風味過多とも思ったが、ひねりを聞かせたオリジナルの味で良い。

06062101
 マンダラのシュリンプバターマサラ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jun 14, 2006

七條、骨豚亭

 昼食は、一ツ橋小学館ビル地下のレストラン七條。CREAのカレー本に載っていたここのカレーが食べてみたくて行ってみた。前回来た時はランチメニューになかったが、今日はビーフカレー(950円)があったので注文。すぐに、サラダが供され、3分くらいしてカレーが出てきた。意外というか、きちんとした洋食屋のイメージを裏切る、わりと雑味の多いカレールー。旨味はあるのだが、野菜の繊維が残るというか、上品な感じではない。肉は煮込まれすぎて、レトルトの肉みたいになっていた。決して不味い訳ではないが、家で作るカレーに伊藤園の充実野菜(緑黄色野菜ミックス)を加えるとこんな感じになりそうな気がする。

 夜、何故か福生に来たので、駅近くのらーめん雫へ行ってみたが、水曜日の夜7時過ぎで結構な行列があり、すでに売り切れだった。仕方なく、さらに青梅方面へ2駅行った小作から徒歩5分ほどの骨豚亭へ。ここの骨豚亭らーめん(600円)は焦がし油で表面を覆った、熊本風のとんこつらーめんなのだが、別皿で和風ジュレ(鰹味)がついてくる。途中からジュレを足せば、豚骨魚介味になるという楽しみがあるのだが、入れなくても熊本らーめんとしてかなりレベルの高い味で、ジュレを入れるのがもったいないくらいだった。

 小作駅まで戻ると20時。自宅に着いたのが100分後。らーめんとしての満足度は高かったが、少し疲れた。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

Jun 09, 2006

六厘舎、丸五、たけにぼ

 書き忘れていたが、先週の水曜日に大崎の六厘舎につけ麺を食べに行った。平日の午後1時過ぎにも関わらず、15人ほどの行列が出来ていた。座席は11席だが、入替制になっていて、丁度入れ替わったばかりだったようで、1回転20分×2で入店できたのは40分後だった。
 極太麺を使用していて、茹で時間が長いのが回転の悪い理由。専門店だからできる、チェーン店では真似のできないラーメンと言えるのではないか。旨いので文句は無いが、行列嫌いなので、もう並ぶことはないだろう。

 今週は、風邪を引いてしまい、火曜日には熱を出して家で寝込むほどだった。その日は昼がマックで夜がメロンパンというメニューだったので、翌日は栄養のあるものを食べねばならないと思い、昼食は、秋葉原のとんかつ丸五でロースかつ定食1650円を食べた。しかし、風邪のせいか、美味しく感じなかった。夕食は、代々木のたけちゃんにぼしらーめんの支店に行ったのだが、昔深大寺の本店で食べたものとは似つかない、えぐみのあるスープ。たぶん、これも風邪ために味覚がおかしくなったのだろう。

 味覚がおかしいのに外食してもしょうがないので、昨日の夜は、自炊した。風邪には葱と豚肉だろう、ということで考えた結果、キムチ鍋にした。キムチの白菜を使えば、野菜を切る手間は葱に限定されるので、病弱な分、楽をしようと考えた。キムチは、クイーンズ伊勢丹ブランドの250グラム500円のもの。鍋にするにはもったいないのだが、他を試す勇気はなかった。

 結局、風邪が治らないので、今日の夕方病院に行き、抗生物質を飲み始めることになった。

 だらだら、とメシのこと。クイーンズ伊勢丹錦糸町店で扱っている豚肉は3種類ほどある。サイボクポーク桃豚、アメリカンポーク。詳細はそれぞれリンク先を確認していただきたいのだが、値段は順番に安くなる。アメリカンポークは桃豚の約半額、サイボクの3分の1程度の値段だろうか。先日、食べ比べをしてみようと思い、アメリカンポークと桃豚で、2日連続ポークソテーを作ってみた。肉の叩き方、味付けはなるべく同じにした。
 結果は、明らかに、桃豚が美味しかった。柔らかさとほぐれ方で肉質の違いを認識した。アメリカンポークの方が、流通過程での冷凍温度や期間などの不利がありそうなので、豚自体の優劣を断じることはしないが、食べる段階で値段相応の差がでてしまうのは事実のようだ。そんな訳で、現在は桃豚フリークである。

 ちなみに、先月は、売れ残りで半額になった4等級と、切ったばかりの3等級の和牛(値段はほぼ同じ)を食べ較べてみたが、これは、売れ残りの4等級の方が旨かった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 25, 2006

麺や平蔵(HEY-ZO)、並木藪、麺・粥けんけん

 近頃、再び麺を食べる機会が増えている。
 18日(木)に新三河島の麺や平蔵(HEY-ZO)に行った。650円の塩らーめんを食べたが、これが素晴らしい。高座渋谷の中村屋ゆずりのシャープな切れ味のスープ。香ばしいチャーシューをはじめ、のり、メンマ、ねぎ、すべてレベルが高い。お酒も取り揃えているので、飲み屋としても使いたい店。
 24日(水)には、浅草の並木藪で昼食。650円のもりそばを食べた。噂に違わぬ濃いつゆと少ないそば。裏返したざるにもられてきたので、一瞬上げ底か?と思ってしまった。暑くて食欲の無い日だったので、丁度良かったが、さすがに夕方には空腹に襲われた。
 25日(木)の夜は、5年ぶりくらいに立石の麺・粥けんけんに行きラーメン(650円)を食べた。ここの麺はストレートの中細麺で柔らかめ、というあたり私好みではないのだが、スープとのバランスが良く、ほっとする味。飲んだ後には良いかも。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧