Sep 30, 2009

母子加算復活に思う

今から10年ほどむかし、3年間ほど、生活保護のインテーク面接の仕事をした。
仕事を始めて、時間が経つにつれ、精神的につらいものとなっていった。

税金にたかる、モラルの無い人たちの生活保護申請を拒否できないこと。
一方で、本当に福祉が必要な人に手を差し伸べることができないこと。

必要な人が救われない、自称弱者の利権と化した制度。それが、生活保護の実態。
50年前、日本がまだ貧しかった時代に作られた法律の制度疲労。

母子加算は、必要ない加算の最たるもの。
福祉の現場にいる人たちはみんな知っている。そう思っている。
生活保護が、とくに母子加算が、母子家庭の自立を妨げていることを。

でも、マスコミは「生活保護=弱者」のレッテルをはって偏向報道を続ける。

自公政権がせっかく母子加算の廃止を進めてきたのに、
それを覆す民主党政権。

財源の問題じゃない、モラルの問題。
貧しくても自力で頑張っている人たちが虚しくなるようなことを助長してはいけない。

老齢加算が廃止され、母子加算が廃止されたとき、これから、日本の福祉は良くなるかもって希望が持てた。
また、生活保護の仕事をしてもいいかな、って思えた。
でも、今はそんな希望はない。
二度とやりたくない。

根本的な問題は、生活保護法に無差別平等原則があり、貧困になった原因を問わないで、一律に憲法に定める生存権を保障していること。原因や属性が違うものを、性善説を前提に現金給付を原則とするには無理がありすぎる。

生活保護法を廃止し、別の法律で対応するような、抜本的な変革の必要性を感じて止まない。

以下、母子加算の訴訟に関するyahooニュースのコメントで見かけたものの引用。
生活保護の現場にはこのような事例があふれている。
===================================
bab*****さん
削除/違反報告 私もそう思う557点 私はそう思わない10点

子供が0歳時に、生活のためやむなく保険外交員になりました。
同期の母子家庭は、まったく仕事をしていませんでした。
朝礼だけ出て、そのあとは不倫相手とデートかパチスロ。

「なんで働かないの?」と聞いたら、「生活保護が減るから」と。
もともと役所が「働け」とうるさいから、働いているフリをするために外交員になった。
3ヶ月の給与保障期間が過ぎたら、「契約が取れないので、生活していけない」
と辞めて、100%生活保護生活に戻る計画だそうです。

あげくの果てに
「こんな仕事、よくやってられるね。恥ずかしくない?」
とまで言われ、悔しくて涙がでました。
好きでこんな仕事をしているわけじゃない!
生活のために、がんばっているのに・・・

彼女のような母子が、たくさんいます。
母子加算を復活したら、ますます働かなくなるだけなのに・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Sep 29, 2009

CO2削減 中国さま、毎年数千億円あげる

90年比25%のCO2削減なんて、とうてい無理だってことは、発言した鳩山首相自身が判っているよね。

日本は70年代のオイルショック以降、すでに省エネが進んでいて、産業界は乾いた雑巾を絞るような省エネ努力をしている。だから、25%削減なんて実現できない。10%がせいぜいかな。

じゃあ、残りの15%をどうするかというと、中国さまから排出権を買うんだ。その額は年間数千億円はかかると見込まれる。

だから、この国際公約の真意は、判りやすくいうと、中国に毎年数千億円無償でお金をあげたり、環境技術を移転する、ってこと。

今までのODA援助だと、中国さまのメンツを傷つける心配があったけど、排出権取引だったら、そんなことなくて、中国さまは堂々と遠慮なく受け取れるよね。

普通、他の国に、毎年数千億円あげる、なんていったら、国民は許さないけど、判りにくいから、大丈夫だね。

TVメディアは好意的に取り上げてるみたい。他の国、とくにEUの国々が感銘を受けているって。

あたりまえだよね。排出権取引でたくさん買ってあげるって、表明したんだから。
地球環境のために、日本国民を犠牲にするって、宣言したんだから。

麻生さんの時は、05年基準で削減、って言ってた。当たり前。EUはエネルギー効率が最悪だった旧東欧分があるから、90年基準だとすごくゆるゆるなんだ。でも、05年基準だと、ヨーロッパも相当な努力が必要になる。

ヨーロッパの外交ってしたたかだから、口では削減、とか言っても、本当は、他の国、に負担を押し付けたいんだよね。

でも、鳩山首相は、日本のようなちっぽけなことなんて、考えちゃいない。ちきゅうのことを考えてくれているんだね!すごいな、友愛って。

確かに、(日本は)損して(ちきゅう)得とれ、という意味では間違っていないね。
でも、日本は持ちこたえられるかな。経済破綻しないかな。

あ、でも、経済が破綻すれば、CO2削減なんて、簡単に達成できる!
そうか、どちらにせよ、約束は守られるんだね。

とにかく、ありがとう!鳩山さん!


でも、私は日本から逃げたいな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Feb 12, 2007

著作権とか

ここ数年、JASRACの活躍(笑)がめざましく、さまざまな話題を提供してくれている。

 J-CASTニュースの関連記事
JASRACと音楽の使用者 著作権を巡り紛争「泥沼」 (J-CAST)

 最近話題になったフラッシュがこれ。
すごいぜJASRAC伝説

 個人へ宛に来た警告メール。
JASRACからメールきたんですけど

そんな訳で、気が付いたらコピー曲のライブでの演奏やネットでの公開が激減していたのだが、今日プレイヤーズ王国というサイトに辿り着いた。ここは、ヤマハが運営しているサイトで、ヤマハが著作権処理を代わりにやってくれるということで、利用者が急増している様子。
 サイトのFAQ
なぜ市販の曲を演奏したものを公開できるのですか?

同じコピー曲でも様々な人が演奏していてい、まさに玉石混交といった感じ。再生したとたんに、消したくなる人もいれば、星魚有香さんとかなかなか上手い人もいる。


ところで、最近、戦国史というフリーソフトのシミュレーションゲームにはまった。この1ヶ月で70時間くらいプレイしたような気がする。フリーソフトなので、作者には全くお金が入らないのだが、さらに、シナリオ・マップエディタを公開している。派生シナリオを作って公開している人も多く、あり得ない規模のゲームができあがっている。最近の光栄のゲームに飽き足らない状態だったので、出合ったときは泣けた。

戦国史公式ページ

蒼き狼1189『草原を駆る狼』 城数:1406 登場勢力数:359  武将数:7520
12世紀末から13世紀が舞台。ユーラシア大陸全てとアフリカ大陸北半分までを網羅したマップ。マレー半島にあるシュリービジャヤ王国でプレイするも、中国を統一した宋に歯が立たず、あきらめる。

草原の覇者  城数:310 登場勢力数:134 武将数:1233
蒼き狼1189と同じ時代設定だが、こちらのほうがマップは小さめ。南宋で初めて、インドシナを支配し、金とモンゴルを駆逐したところで飽きたので終了。

中原の覇者~天舞三国志[東漢春秋]~  城数:127 勢力数:54 武将数:1039
1世紀末、三国志の時代。曹家で初めて206年に、馬家、益州劉家、高句麗、孫家が従属してめでたくゲームクリア。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Feb 02, 2007

北海道知事選挙

 今日の夕方、銀座線の虎ノ門駅の連絡通路で、偶然A井くんに会った。一昨年の秋以来。彼は、昨年4月まで六本木ヒルズにあるIT企業に勤めていたのだが、某お祭り関連会社に転職していた。

 A井くんとは、某お祭りの生みの親さんを通じて知り合った。最初に会ったのは、11年前の地下鉄サリン事件の日で、一緒に高知にいた。彼の父は国会議員をしていて、妹が議員宿舎から予備校に行く時間と事件が重なっていたので、連絡がとれるまで心配して過ごしたのを覚えている。
 何故、高知にいたかというと、彼は、お祭りの実行委員会の仕事で、私は、ビジネス関係で人を紹介してもらえるということで、良くわからないまま一緒に橋本知事と会うという用事だった。

 それから、11年。私は仕事も職種も立場も変わり、現在は今までやってきた仕事の中でも最も無意味に感じる「許認可行政」という業務をこなし、経済原理に反することを多くのコストをかけて行っている。だから、残念ながら彼とはビジネス的には全く接点が見出せないのだが、何故か2、3年毎に機会があって出会ってきた。それは、たまたま大学の同窓であることが理由だったり、彼の父が高校の同窓であることが理由だったりしたのだが、今回のように、駅でばったり、というパターンは初めてのように思う。

 一通り立ち話をした後、北海道知事選挙の話になった。よろしくお願いします、と言われた。そうだ、彼の父は4月8日の北海道知事選に出馬が決まっているのだった。知事選まではまだ2ヶ月あるが、状況は、かなり厳しいようだ。現職の高橋はるみ知事は、道外から見ている分には、大丈夫かな?的なキャラなのだが、まだ1期しか務めていない現職は圧倒的に有利だ。

 私は、経済・外交・安全保障など国の基本政策では民主を支持することはできないし、支持母体の労組の馬鹿っぷりを身近に見ているとうんざりだ。ただ、荒井聡氏は、もともと日本新党→さきがけ→民主党だし、農水官僚出身なので、労組系でもサヨクでもない。それゆえ、やはり官僚だった現職知事とは差別化を図りにくくなっており、一方で、組織票も固めきれない状況なのだろう。
 遠く離れた北海道知事選挙だが、急に気になるものになってきた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Feb 01, 2007

I見教授

火曜日の夜に、神保町のトラットリア・テスタドゥーラでI見さんと久しぶりに会った。前回会ったのは北千住の焼鳥の名店、バードコートだったか。U夫からの誘いで実現。T見も一緒。

I見さんは一昨年に電気通信大学で助教授になり、今年度から教授に昇任した。34歳で国立大学の教授って、すごくね?、と思っていたが、聞いてみると、同じ年齢ではもう一人だけ教授がいるらしい。史上最年少?って聞いたら、湯川秀樹は32歳で教授になっているとか。将来はノーベル賞か。本人曰く、イグノーベル賞なら(笑)、と。確かに、イグノーベル賞もらっても不思議じゃないような面白いプロジェクトを昔からいろいろやっている。

I見さんと最初に会ったのはもう15年ほど前。U夫について、東工大に出入りしていたころ。SonyのScience Art Laboratory だったか、ロボット技術研究会だったか。当時から、話がとても面白く、文系の私にも難しい話を判りやすく面白く話す能力を持っていた。発想も豊か、というか、どちらかというと一瞬ネタに聞こえる話が多く、マッドサイエンティスト系に脱線することも多いのだが、それだけ、意表をつくというか、人並み外れた面白いことを考える人だ。

そんな人が身近にいることが嬉しいし、これからも面白い話題を提供してくれそうで楽しみだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Nov 17, 2006

津田沼駅南口の衰退

11月14日(火)
 出張のついでに、東日暮里の麺や葵で昼食。約2年ぶりの訪問。今回は塩ダレのつけ麺(750円)。動物と魚介の濃厚なWスープのつけダレは旨味が満ちている。香ばしいチャーシューも魅力的。麺は今回は平打麺で、かなり平べったく、ごわごわした食感。表面積が広く、つけダレと良くなじむし、面白い。

 今回は、平日だったので、通り沿いの店が営業しており、繊維問屋が多いことが実感できた。様々な布を売る店があり、女性客の姿が目立つ。革のハギレなんかも売っており、専門性が伺われた。

 夕食は、ブのリクエストに応えて牡蠣なべ。コンソメとかつおダシをベースに、白醤油、みりん、酒、生姜で味を調えた。鍋に使う野菜が多く出回って安くなり、嬉しい。

 夜中に、Newスーパーマリオブラザーズの全てのステージとスターコインの収集を終え、完全クリアした。正直、ここまでやり込むことになるとは思わなかった。

11月15日(水)
 九段にある和食さくらさくらでランチ(1,470円)。和食の店だが、塩とんかつというメニューが気になって注文。しかし、大はずれ。揚げ方と油に問題があるのか、固い衣で口を傷つけてしまって痛い。それはともかく、一つ一つの粒がはっきりしていないべちょっとしたごはんが不味くて致命的。店の内装は和風モダン、場所柄外国人(白人)も多くて雰囲気は良いのだが。

11月16日(木)
 夕方、錦糸町のクイーンズ伊勢丹に寄ったら、ボジョレー・ヌーボーの解禁日で13種類もの試飲をやっていた。つい、5種類まで飲み比べ、なんだか酔いが回る。今まで余り関心は無かったが、場所柄、初物好きの江戸っ子を意識して1本購入。飲みきれないことが判っているので、夕食は牛肉の赤ワイン煮を作ることにした。

11月17日(金)
 京成津田沼駅徒歩5分の栄昇らーめんで夕食。魚だしらーめん(650円)は金曜日なのでアゴだしベース。メンマ、ナルト、ネギ、ばら肉を巻いたチャーシューなどの具は見た目はシンプルだが、しっかりとした味わいのあるスープに対して主張しすぎず、バランスが良い。

 津田沼に来たのは、2年前の文化の日に必勝軒に来た時以来。今回は、栄昇らーめんからJR津田沼まで歩いたのだが、なんと南口のダイエーが閉店しており、レストラン街だけの廃墟のようなビルになってしまっていた。90年代前半には、売上日本一を競っていたというのに!wikipedia:津田沼戦争(参照)

 駅前の一等地ではあるが、新京成の新津田沼駅との回廊があって人の流れが自然にできる北口と較べると不利であったことは否めない。さらに、津田沼駅は、96年の東葉高速鉄道開通による乗客シフトの影響をもろに受けた。津田沼駅の旅客数は、開業後3年で20%減少している。
 東葉高速の開通と相俟って影響を与えたのが、モータリゼーションの進展に伴う、生活様式の変化。より魅力的な357号沿いの大型ショッピングセンターに顧客を奪われ、ダイエーの命運は尽きたのだろう。

 東京駅から30km圏内でこのような駅前の空洞化が起きている以上、郊外の地価の下落が継続するのは仕方の無いことだと合点がいく。実際に、商業地の収益性が落ちているのだから。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

Sep 21, 2006

SITAARA、 Loup-de-mer

9月18日(月)
 3連休の最終日。午前中に、先日録画しておいた茶の味を観た。90年代以降の日本映画にありがちな、直感的には判りにくくて、最初の30分くらいは観るのにエネルギーがいる作品。でも、途中からなんとなく面白くなってきて、終わってから気になっていろいろ調べてみる。

 午後から、南青山のインド料理店SITAARA。白をダークブラウンを基調とした内装は、いわゆるインド料理店とは一線を画す雰囲気。1800円のランチコース。ムルギ・マライ・カバブは、非常に柔らかく、さっぱりとしたチキン。目の覚める秀逸な味。高級店らしく、冷めないように皿もしっかり温めてあった。カレーはダール・タルカ(豆のカレー)を選択。クミンの香りがさわやかな、あっさりとした味。ニンニクの風味がアクセントになっている。付け合せは、ナンとライス両方が付いており、ライスは長粒米で、タイ米よりもさらに長い品種のもの。2年前にイギリスで食べて以来。


9月20日(水)
 ランチを食べに、神田の洋食店ルー・ド・メールへ。入り口から中をのぞいた時に、知っている顔を見つけてしまった。そして、一瞬目が合ってしまったような気がした。
 元A社の社長だったNさん。当時、業界ではカリスマ的存在だったNさんからは、私がまだどうしようもなく若くて世間知らずだったのに(いや、だからなのかも知れないが)、有形無形の様々な援助をしていただいた。
 多忙なNさんと直接会う機会はそんなに無かったが、Nさんと最後に会ったのは、新宿のパークハイアットの日本料理店梢の個室。ディナーに招待してもらい、それまで食べたことの無いような、高級料理をご馳走になり、仕事を励ましてもらった。しかし、その仕事も半ばで私は職を辞すこととなり、直接詫びる機会も無いままになってしまっていた。
 一方、A社のほうも、その後経営が悪化し、C社の傘下に入ってNさんは経営から手を引くことになった。その後、A社の出版部門だけはブランドが残り、今でも日本で唯一のパソコン週刊誌としてキオスクや書店の店頭に並んでいる。

 店員に通されたのは、あろうことか、Nさんの斜め向かいの席。殆ど相席といった状態。Nさんが私の隣の席の男性との会話は殆どききとれる状態だった。Nさんは私のことを覚えているだろうか。時は流れ、私も年をとって体重も増え、顔の輪郭も変わった。たぶん、会ったことのあるヤツだということは気づいたと思う。目を合わす勇気は無く、メニューを見ながら、どうしようかと考えていた。

 やがて、注文した北海道黒毛和牛カレーが運ばれてきた。今からちょうど10年前に、京橋のレストラン、ドン・ピエールでランチのカレーを食べた。その時のシェフ鈴木正幸氏が、今はこのルー・ド・メールの厨房にいる。あの時と味は変わっただろうか…。しかし、来店前に考えていたそんなことを検証する余裕などなく、似ている味のような気がするというかすかな感覚と、ビーフの柔らかさ、肉のほぐれ方に感心しつつ、どこかうわの空だった。「違う、マーケットプライスや!…」Nさんたちの熱心な会話が聞こえる中、どうすべきか考えていた。

 結局、Nさんは、先に席を立った。何も挨拶をしない訳にはいかないと思い、私も慌てて席を立ち、レジへ向かった。Nさんは、相方に会計を任せ、レストランの裏の方へ消えた。店の外で、Nさんを待ってみたが、出てこなかった。いつまでも待つ訳にいかず、私も会議の時間があるので、駅へ向かった。

 
 昼食でNさんを見かけたことは、私の気持ちを重くした。8年前、仕事を変えた時に、いろいろなものを切り捨て、一方でいろいろなものを得た。切り捨てることになったものの中に、関係する人々の私に対する期待があった。期待されることから逃れて、今現在の自分の生活がある。しかし、逃れ得た今の自分は、かつてのその期待した人々に面と向かって堂々と説明できるものだろうか。ルー・ド・メールで話しかけることができなかったのは、そうじゃないということを意味しているのだろう。

 今日、Nさんのことをネットで調べて、Nさんの今の会社のオフィスがルー・ド・メールと同じビルに入っていることを知った。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jun 14, 2006

地球温暖化、小泉構造改革、ブッシュ政権

 暑くなったり、涼しくなったり、どんよりした日が続いたり、ぱっとしない季節。しかし、少しずつ気温が高い日が多くなり、夏の訪れを感じる。夏が近くなると、ここ数年、うんざりすることがある。それは、地球温暖化に関連するニュース。秋から冬にかけては殆どそんな報道はしないくせに、皆が暑いな、と思う頃になると何でも地球温暖化に結びつけようとする。曰く、観測史上2番目の暑さ、曰く、異常気象。観測史上1番目がたとえ40年前であってもそれはスルー。そして、地球温暖化との関連をほのめかす。すると、結構多くの人がそれで納得してしまう。中には、地球温暖化ではなく、ヒートアイランド現象であっても、一緒くたに温暖化で語ったりする。

 正確な事実よりは、判り易いウソを人々は好む。それにマスコミが便乗する。頻繁に利用される判り易いウソの典型が、次の3つのキーワードだと思う。
・地球温暖化
・小泉構造改革
・ブッシュ政権
 この3つはとても便利だ。環境に関わる悪いことは何でも地球温暖化のせいにすればいい。国内で起こった悪いことは、小泉構造改革のせい。海外でおきている酷いことはブッシュ政権のせい。顔を少ししかめながら、コメンテーターに~のせいだと語らせれば、もっともらしく聞こえるのが困る。それでも殆どの人々は、判り易いウソを信じたくて、鵜呑みにする。誰かのせいにすることは、とても楽なことだ。誰かのせいにしてしまえば、自分は被害者だ。
 だが、私は自らを被害者だという人間が苦手だ。自分が被害者だと訴える人は、他人にもっと酷いことをしがちだ。被害者だと主張する人が常に正しい訳ではない。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

Feb 25, 2006

佐賀、長崎旅行2日目(2)・名護屋城

 烏賊料理の昼食の後で、近くにある名護屋城に寄った。名護屋城は、豊臣秀吉の朝鮮出兵の際に作られた城だが、関が原の戦いのすぐ後に解体されてしまったため、現在は石垣しか残っていない。それで、あまり期待してはいなかったのだが、実際に行って見ると、その規模の巨大さに圧倒されてしまった。当初は大手門跡だけみて帰るつもりだったが、本丸まで歩き、秀吉も眺めたであろう朝鮮に続く海を自分も眺めてみた。400年前の夢。文禄慶長の役の50年後に、人口60万の満州族に明は滅ぼされてしまうのだから、秀吉の夢も誇大妄想とは言い切れない気がする。
 一つ気になったのは、隣接する佐賀県立名護屋城博物館のパンフレットの記載。そこには、「秀吉がもくろんだ」「これが原因で交流が途絶えた」など、明らかに韓日友好?の視点から秀吉を悪人として断罪する文章があった。ちょっと、日教組的イデオロギーの臭いが・・・。佐賀県の職員労働組合は元気そうだ。

 帰宅してから思い出して、佐賀県のサイトを見ていたら、あった。佐賀県立名護屋城博物館の概要というページ。そこには、こう書いてある。

名護屋城博物館は、文禄・慶長の役(壬辰・丁酉倭乱、1592〜1598年)を侵略戦争と位置付け、その反省の上に立って、日本列島と朝鮮半島との長い交流の歴史をたどり、今後の双方の交流・友好の推進拠点となることを目指して、1993(平成5)年10月30日、名護屋城跡に隣接する位置に開館しました。

 「侵略戦争と位置付け」って、ちょっと馬鹿かな、と。400年前の出来事に現代的定義の解釈をして、それで反省って、本気なんだろうか。それなら、800年前の元寇は、高麗(朝鮮)の忠烈王がクビライに執拗に勧めたために始まったのだから、朝鮮は、元寇時の日本侵略を反省しる!(藁)・・・みたいになるのか?。ならんだろ。

06022504
 遠くまで続く石垣。

06022505
 名護屋城から対馬海峡を望む。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jan 27, 2006

ライブドア雑感(2)

 火曜日にライブドアについて触れたので、続き。予想どおり、というか予定調和なのか、ライブドア株は翌日水曜日に初めて寄り付いた。155円で寄り付いたあと、終値は137円。翌木曜日は続落で113円。今日は103円の安値をつけた後、引けにかけて上昇し、139円で取引を終えた。東証が取引時間を1時間に制限するなど、さまざまな規制をかけている中で、今日は良く上がったというところだろう。強制捜査後、2週間下がり続けているので、今度の週末には何かプラスの材料が出るかもという期待があるのかもしれない。
 しかし、情況は予断を許さない。今日の夕刊フジの見出し、週刊文春の車内吊り広告でも、とうとうライブドアと暴力団との関係について触れ始めた。前回のエントリで「ホニャララ団(笑)」と書いた件だ。(あ、文体がなんか少しきっこ風か。やっぱり中の人はオヤジ?)
雑誌・夕刊誌ジャーナリズムがどこまで影響力があるのかではなく、追随するテレビ・新聞があるのかで、影響力は変わってくるだろう。しかし、一方で、ライブドアはホリエモン一派との関わりを断つイメージ作りに全力を注いでいるようなので、それが世間的に認知されれば、ホニャララ団(笑)との関係が明るみにでても、影響は少ないかもしれない。
 前回も書いたように、フジテレビも含め、ライブドアの株が紙くずになって得する人間は見当たらない。経済合理性から考えると、上場廃止は平和な解決法ではない。したがって、一株あたり資産が長期的な株価形成要因になるだろう。ただ、基本はそうなのだが、当面のネックは東証の脆弱なシステムだ。取引時間が1時間というのは、それだけ流動性が制限されているということで、大きなマイナス要因。
 ちなみに、私もこの日本史上(市場)最大かもしれないババ抜き大会に参加してみることにして、ライブドア株を100株買ってみた。水曜日に成り行きで入れていたために、155円での購入になってしまった。「126円で拾えれば」と書いたのにこうなってしまったのは、私の使っている証券会社の手数料が成り行きだと105円で、指値だと1890円のため。そんな訳で、現在の含み損は1800円。良い暇つぶしになってます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧