« 北陸のたび 二日目 | Main | 北陸のたび 三日目 つづき »

Nov 07, 2009

北陸のたび 三日目

7時に起床し、朝風呂を浴びる。東向きなので、朝日が清清しい。朝靄に煙る能登島。
朝食はバイキング。アジのタタキやもずくなど地物もあって、楽しめる。食べ過ぎないよう注意しながらも、石川県産こしひかりごはんおかわり。

09110701

09110702

国民宿舎、部屋からの眺め

この日最初の目的地は和倉温泉。橋を渡って能登島を経由し、9時には和倉到着。加賀屋の横の駐車場に車をとめ、Le musee de Hへ。
せかいてきにゆうめいなパティシエのカフェと美術館がある。話のネタにと思ってきたが、朝から結構な賑わい。和倉温泉にあって、六本木の Le chocolat de H のようなシックな内装だが、客は和倉温泉なので、野球帽をかぶったおっさんが、ケーキを注文する姿がほほえましい。
おみやげに焼き菓子を購入。ついでに能登牛乳220円も。値段が高いのにはどんなこだわりがあるのかなとラベルを読めば、Non-GM牛乳と。遺伝子組み換えじゃない高価な飼料を使うことになんの価値も見出せない私としてはがっかり。

09110703

せかいてきなぱてぃしえの店

せっかくなので、加賀屋の売店にも寄ってみる。巨大旅館だけあって、みやげもの店が充実。いつか、皇室も泊まった特別室に滞在してみたいもの。

続いて、七尾城跡へ。畠山氏が築き、上杉謙信に落とされた山城。石垣しか残っていないが、気分は戦国。帰宅したら久しぶりに信長の野望or戦国史やりたい~。

09110704

七尾城石垣

09110705

本丸から七尾湾を望む

山道を越え、富山湾に抜け、石川県ともお別れ。なかなか見所の多い、楽しく美味しい場所でした。気温も高くて絶好の行楽日和。気候が今より暖かかった戦国時代はもっと過ごしやすかったんだろうな。

氷見市では、阿尾城跡へ。ここは、微妙。
フィッシャーマンズワーフに立ち寄ってから、市内のすし屋、やうち。ここで地物にぎり2100円と追加でブリトロ500円を注文。
この時期、いくらは氷見産の自家製で、大粒のぷりぷりした食感が良い。白えびの軍艦も甘みがダイレクトに伝わって良い。なんといっても追加のブリトロが、極上。これは、また食べたい。

食後、忍者ハットリくんのからくり時計を見て(からくり動いているのは見えなかった)、今度は新湊の海王丸パークへ向かう。途中万葉線と交差したりして、明日の乗車が楽しみ。

09110706

ハットリくんポスト

09110707

海王丸

09110708

日本海側最大級の斜張橋(建設中)

道の駅カモンパーク新湊へ立ち寄り、名物白エビかき揚げ丼を食べるつもりが、レストランが混雑していた。時間が無いので、テイクアウトコーナーで白エビかき揚げそばを食べるが、どうやらレストランのものとは全く別物のようだ。別の場所でのリベンジを誓う。

国道8号線経由で本日の宿、コンフォートホテル富山駅前で降ろしてもらい、弟とはここでお別れ。弟は富山空港から空路で帰札。

|

« 北陸のたび 二日目 | Main | 北陸のたび 三日目 つづき »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79741/47303296

Listed below are links to weblogs that reference 北陸のたび 三日目:

« 北陸のたび 二日目 | Main | 北陸のたび 三日目 つづき »