« 【'09北京四日目】 | Main | 母子加算復活に思う »

Sep 29, 2009

CO2削減 中国さま、毎年数千億円あげる

90年比25%のCO2削減なんて、とうてい無理だってことは、発言した鳩山首相自身が判っているよね。

日本は70年代のオイルショック以降、すでに省エネが進んでいて、産業界は乾いた雑巾を絞るような省エネ努力をしている。だから、25%削減なんて実現できない。10%がせいぜいかな。

じゃあ、残りの15%をどうするかというと、中国さまから排出権を買うんだ。その額は年間数千億円はかかると見込まれる。

だから、この国際公約の真意は、判りやすくいうと、中国に毎年数千億円無償でお金をあげたり、環境技術を移転する、ってこと。

今までのODA援助だと、中国さまのメンツを傷つける心配があったけど、排出権取引だったら、そんなことなくて、中国さまは堂々と遠慮なく受け取れるよね。

普通、他の国に、毎年数千億円あげる、なんていったら、国民は許さないけど、判りにくいから、大丈夫だね。

TVメディアは好意的に取り上げてるみたい。他の国、とくにEUの国々が感銘を受けているって。

あたりまえだよね。排出権取引でたくさん買ってあげるって、表明したんだから。
地球環境のために、日本国民を犠牲にするって、宣言したんだから。

麻生さんの時は、05年基準で削減、って言ってた。当たり前。EUはエネルギー効率が最悪だった旧東欧分があるから、90年基準だとすごくゆるゆるなんだ。でも、05年基準だと、ヨーロッパも相当な努力が必要になる。

ヨーロッパの外交ってしたたかだから、口では削減、とか言っても、本当は、他の国、に負担を押し付けたいんだよね。

でも、鳩山首相は、日本のようなちっぽけなことなんて、考えちゃいない。ちきゅうのことを考えてくれているんだね!すごいな、友愛って。

確かに、(日本は)損して(ちきゅう)得とれ、という意味では間違っていないね。
でも、日本は持ちこたえられるかな。経済破綻しないかな。

あ、でも、経済が破綻すれば、CO2削減なんて、簡単に達成できる!
そうか、どちらにせよ、約束は守られるんだね。

とにかく、ありがとう!鳩山さん!


でも、私は日本から逃げたいな。

|

« 【'09北京四日目】 | Main | 母子加算復活に思う »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79741/46349196

Listed below are links to weblogs that reference CO2削減 中国さま、毎年数千億円あげる:

« 【'09北京四日目】 | Main | 母子加算復活に思う »