« 【'09北京三日目】その1 | Main | 【'09北京四日目】 »

Sep 06, 2009

【'09北京三日目】その2

当初の予定では、三日目の午後は、故宮に行く予定だったが、雨が降っていて、とても寒いので、明日の午前中に変更し、買い物をすることにした。買うものは、長袖の服。おみやげのお茶、C-POPのCD。

まず、王府井の呉裕泰茶荘の2階で、のんびりお茶でも。と、出かけてみたが、2階はやっていない、と言われる。今午後2時半なのになんでやー。しかたなく、1階でお茶を見た後、店を出て、北側にある天福茗茶へ行く。ここは、台湾の天仁茗茶の系列で、安心して買える店。店員にぴったりマークされるが、試飲に一時間くらいつきあってくれたりするので、割と好き。

天福茗茶では、龍井茶、鉄観音、普洱茶を試飲。しかし、のんびり選んでいると、急に周りが慌しくなり、閉店の準備をしている。3時で閉まる、という。???。なんで?。店員の顔にも焦りの色が表れてきたので、急いで会計を済ませたが、すでに正面玄関は閉まっており、裏口から送り出された。

王府井大街で出てみると、全ての店がしまっていた。うーむ。人民解放軍のパレードのリハーサルって、道路が閉鎖になるだけじゃなくて、店も閉まるのか。恐ろしや。
一旦ホテルに戻ることにし、東方新天地に入るが、モールの中の店も全て閉店。明かりが消えていた。なんで、モールまで。訳がわからない。

09090610
午後3時なのに、ショッピングモールは全部閉店。

部屋にお茶を置いてから、作戦会議。とりあえず、ホテル周辺の店は全部閉まってしまった。ここまでされると、地下鉄も止まるかも。ホテルに篭ってもしょうがないので、故宮をはさんで反対側の繁華街である西単へ行くことにする。地下鉄の情報も得たいので、1号線の王府井駅へ。

ホームの柱の張り紙を読むと、どうやら、1号線は17時30から、東は大望路、西は天安門西まで8駅不通。2号線は和平門、前門が閉鎖。5号線は東単が閉鎖らしい。リハーサルでここまでやるとは、さすが中華人民共和国。

さて、帰りはどうにかして、5号線で東単の一駅北側の灯市口まで行けば、15分くらい歩いてホテルに戻れそう。問題は西単の店が営業しているかどうか。とりあえず、地下鉄で移動して、直結している地下ショッピングもモールへ。普通に営業していて一安心。まずはジョルダーノのショップで長袖シャツを購入した。

北京君太百貨デパートへ移動し、地下1階で三元梅園の支店を見つけたので、奶酪をイートイン。甘酒のような香りが特徴のヨーグルトみたいなスイーツ。
また、北京同仁堂の支店では、はちみつが100ml×5個セットが18元と格安だったので、購入した。

09090611
三元梅園の奶酪

その後、西単百貨商場という庶民っぽいデパートに移動し、CD売り場を探すが、見つからない。ファッションのフロアで、ナイキに毛が生えたようなLi-Ning(李寧:中国では有名ブランド)を見つけたが、その横に、さらにパクリのような店を発見したので、一緒に撮影。パクリのパクリでさらに劣化が激しそう。

09090612
奥が李寧で手前がパクリのパクリ

歩きつかれて程よくお腹もすいたので、西単の西側、置地星座の俏江南西单店で四川料理の夕食。この系列は、店が清潔でサービスも良いので、来る機会が多い。風邪気味なので、ネギのたっぷり入った豚肉の料理と、インゲンの冷菜、麻婆豆腐、炒飯、ビールを注文。でも、豚肉と思ったものは豚モツで、苦手なのであまり食べられなかった。
ここでは銀聨カードで会計してみたが、座席まで暗証番号入力の無線端末を持ってきてくれた。ナルホド。

09090613
旨そうだけど失敗した豚モツ

09090614
炒飯と麻婆豆腐はおいしい。

食事が終わり、外に出てみると、少し雨が降っている。西単大街へ出てみると、帰宅のために右往左往する人でいっぱい。タクシーでも拾って帰ろうと思い、北へ歩き始めたが、なかなかつかまらない。商店は開いているので、途中買い物したり、休んだりしながら歩いても楽しいや、すぐホテルに戻ってもすること無いし、と思っていたが、だんだん疲れてつらくなってきた。

2km近く北に歩いて西四まできたところで、タクシーを諦め大混雑のバスに乗ることにし、バス停に並んでみた。しかし、今度はバスも全く来なくなった。着たと思ったら、ここで運転が打ち切られ、客が全員降ろされていく。3台ほど待ったがすべて運転打ち切りになり、諦めてさらに北上することにする。

さらに1km歩いて、平安里まで来た。ここで、ようやく普通に運行しているバスを見る。しかし、頻繁に通り過ぎるタクシーはことごとく客が乗っている。ここからだとホテルは南東方向だが、タクシーを拾うため、今度は西側にしばらく歩く。目の前をリハーサルのために貸しきられた路線バスが、動員されている人々を乗せて20数台連なって通り過ぎていく。壮観。

15分ほどして、ようやくタクシーをゲット。帰れるんだ、僕たち。
雨、軍のリハーサル、人の波、悪条件の下、タクシーは渋滞の地安門大街を西へ進んでいく。ホテルまでは東へ3km、南へ3kmくらいか。
ところが、しばらくしてタクシーが右折しようとしたところで、突然停車。運転手から、ここまでから降りて、と言われる。見ると、南へ向かう道路が閉鎖されている。いや、勘弁して。あと3kmも歩けません。

同行者のkさんはすでに疲れ果てて自暴自棄なのか、降りろって言ってるんだから降りましょうよ、とのたまう。しかし、タクシーの運転手がいいかげんなのは、昨晩の厲家菜で実証済み。運転手に、うるさい、もっと直進しろよ、前、前、とはっぱをかけ、再びタクシーは発車。
私の頭の中の地図では、地下鉄5号線が通っている東四大街まで行けば、どうにかなるはず。

東四大街らしき通りまで出ると、やはり、右折できた。運転手のばか。しかし、1kmほど南下して東四まできたところでタクシーは停車。その先の通りは閉鎖されている。ホテルまであと2km。地下鉄で2駅分。ここで、タクシーを下車。あと1駅なら地下鉄に乗れるはずだが、1km進むために、地下深く降りて、X線荷物検査をして、さらに混んでいて乗れず、エスカレータの無い階段を上がるリスクを考え、地上を歩くことにする。

1kmほど南下し、灯市口に到着。ここから先は、歩道も閉鎖されている。もうこのあたりは、リハーサルの関係者ばかりであふれている。警備員だか、警察だか、軍だか良くわからないが、ホテルに泊まっていると事情を伝え、通してもらう。
15分ほど歩き、ようやくホテルへ到着。疲れ果て、二人とも無口。時間は22時。ホント疲れた~。
部屋のカーテンの隙間から長安門大街を覗くと、戦車がびっしりと並んでいた。

09090615
灯市口のレジェンデールホテル。ここはパリですか?

|

« 【'09北京三日目】その1 | Main | 【'09北京四日目】 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79741/46323552

Listed below are links to weblogs that reference 【'09北京三日目】その2:

« 【'09北京三日目】その1 | Main | 【'09北京四日目】 »