« モデナの大聖堂、トッレ・チヴィカ及びグランデ広場 | Main | サン・マリノ歴史地区とティターノ山 »

Sep 23, 2007

ラヴェンナの初期キリスト教建築物群

 ボローニャからラヴェンナまではローカル線で1時間半。現地では有名な観光地らしく、列車にも観光客が目立った。駅前の通りには観光バスが何台も横付けされていて、人気のほどが伺えた。しかし、日本から行くには、微妙に観光ルートから外れるので、これまで行く機会がなかった。今回は、見本市の影響でミラノのホテルがとれず、ボローニャで2泊することにした偶然によって、ラヴェンナを訪れることとなった。

 外せない見所としては、サン・ヴィターレ教会のモザイクが最初にある。他の聖堂、博物館との共通券を7.5ユーロで購入し、せっかくなのですべて廻ることにした。
 サン・ヴィターレ教会、ガッラ・プラチーディアの廟、博物館、ネオニアーノ洗礼堂の順に巡って駅に戻った。とくにサン・ヴィターレ教会のモザイクが壮麗で圧倒された。ガッラ・プラーチディアの廟は色彩が美しかった。

07092301
サン・ヴィターレ教会の外観は地味。

07092302
サン・ヴィターレ教会の天井のモザイク。

07092303
ネオニアーノ洗礼堂の壁画。東方三賢人。

|

« モデナの大聖堂、トッレ・チヴィカ及びグランデ広場 | Main | サン・マリノ歴史地区とティターノ山 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79741/16965431

Listed below are links to weblogs that reference ラヴェンナの初期キリスト教建築物群:

« モデナの大聖堂、トッレ・チヴィカ及びグランデ広場 | Main | サン・マリノ歴史地区とティターノ山 »