« フランドル地方のベギン会修道院 | Main | 建築家ヴィクトール・オルタによる主な邸宅群 »

Sep 16, 2007

トゥルネーのノートル-ダム大聖堂

 ブリュッセルからInterCity特急で1時間、フランス国境に近いトゥルネーの町へ。ここには世界遺産に登録されているノートルダム寺院がある。
 駅を出ると、建物の明るさや、道の汚れ方がフランスそっくりで、文化の影響が伺える。時間が余り無いのでエスコー川を渡った先にある広場のカフェでパスタの昼食をとった。駅から寺院までは徒歩で約20分。
 ノートルダム寺院はあいにく工事中ではあったが、その大きさと奇妙な形の尖塔、ステンドグラスの美しさは堪能することができた。

07091604
駅前通りからも特徴的な尖塔を遠くに眺められる。

07091605
独特な形。

07091606
バラ窓のステンドグラス。

|

« フランドル地方のベギン会修道院 | Main | 建築家ヴィクトール・オルタによる主な邸宅群 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79741/16960175

Listed below are links to weblogs that reference トゥルネーのノートル-ダム大聖堂:

« フランドル地方のベギン会修道院 | Main | 建築家ヴィクトール・オルタによる主な邸宅群 »