« トゥルネーのノートル-ダム大聖堂 | Main | 中世市場都市プロヴァン »

Sep 16, 2007

建築家ヴィクトール・オルタによる主な邸宅群

 世界遺産に登録されているオルタ美術館はブリュッセル南駅から2kmほど離れている。坂もあり徒歩では厳しいのでトラムを使ったが、ガイドブックの路線図が間違っていた。すぐに気がついたので、乗り換えて事なきを得たが、路線による客層の違いが肌の色で判るところにヨーロッパらしさを感じる。

 美術館はトラムの駅から5分ほどだが、住宅街の中にあり、周りの建物と比べて特徴もないので、非常に判りづらい。帰りにトラムを待っている時に、他の観光客から美術館への行き方を尋ねられたほど。開館時間は午後14:00-17:30と短い。

 美術館はオルタの住居をそのまま美術館にしたもの。4階建てでそれぞれ中間階にも部屋があり、屋根裏部屋もあってかなり広い。このような家が100年も前から立ち並んでいた、ブリュッセルの街としての財力にも感心。内部撮影が禁止で写真が撮れなかったのが残念。

07091607
正面のドアが美術館の入口。

07091608
このような住宅街の中にある。

07091609
美術館見学の後、TGV-Thalysでパリ北駅へ向かう。

|

« トゥルネーのノートル-ダム大聖堂 | Main | 中世市場都市プロヴァン »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79741/16960533

Listed below are links to weblogs that reference 建築家ヴィクトール・オルタによる主な邸宅群:

« トゥルネーのノートル-ダム大聖堂 | Main | 中世市場都市プロヴァン »