« 北京・承徳の旅(2日目:普寧寺) | Main | 北京・承徳の旅(3日目:避暑山荘東宮) »

Jun 16, 2007

北京・承徳の旅(2日目:夜)

普寧寺の後、磐錘峰に行こうと思い、バスに乗ったが、ロープウェー乗り場のバス停がわからずに駅まで行ってしまった。もう夕方でもあるので、ホテルに戻って休憩。併設されているスパで足裏マッサージを受けた。かなり疲れていたようで、爆睡。目が覚めたときはもう終わりかけていた。

すっかり足の疲れもほぐれたので、夕食を食べに街へ出かけることにした。昼食の時に、食欲のわきそうな店がほとんど無いことはわかっていたが、夜はネオンの明かりでまた違った店も見つかるかもしれないと思った。それで、メインストリートの1本裏の通りに見つけたのが「大清花餃子」という満州族料理店。入り口では民族衣装を着た若い女の子が立っていた。2階に案内されると、広々とした空間にテーブル席が並んでいる。個室もある様子。メニューは一部写真つきでありがたい。ビール、餃子、茄子と牛肉の煮物、土鍋ご飯を注文したら、ウェイトレスから、そんなに食べれないと思います、とアドバイスされ、土鍋ご飯は止めた。実際運ばれてきた料理はすごいボリュームで、見ただけでお腹いっぱい。料理と格闘している気分だったが、いくら食べても煮物は減らずギブアップした。

ホテルに戻るとまだ20時前。承徳は北京よりも物価が安く、マッサージ料金も安かったので、再度ホテルに併設されているスパで今度は全身マッサージ。たっぷり1時間身体をほぐしてもらった。こういう点では人件費の安い国の旅行は嬉しい。翌日は早朝から避暑山荘へ行くので早めに就寝。

07061614_2
店の入り口。

07061615_2
餃子がでかい上に量も多いです。

07061616_2
量が多い上にこってりしてます。

07061617_2
広場ではダンスをしている人たちがいました。中国では良く見る光景。


|

« 北京・承徳の旅(2日目:普寧寺) | Main | 北京・承徳の旅(3日目:避暑山荘東宮) »

Comments

Ԍreetings! I know this is somewhat off topc bbut I was wondering which blog platform ɑree yoս using for thіs website? ӏ'm getting fed up off Wordprss bbeсause I've had proЬlems with hackers and І'm looking at alternatives for another platform. I would be fantastic if you coulɗ point me in the direction of a good platform.

Posted by: article rewriter | Dec 08, 2014 at 13:23

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79741/16607773

Listed below are links to weblogs that reference 北京・承徳の旅(2日目:夜):

« 北京・承徳の旅(2日目:普寧寺) | Main | 北京・承徳の旅(3日目:避暑山荘東宮) »