« 煮豚、不如帰、首里製麺 | Main | 津田沼駅南口の衰退 »

Nov 12, 2006

稲田屋、轍、藤巻劇場

11月10日(金)
 19時より、アイガーデンテラスの稲田屋で4年前の職場の人たちと飲み会。2次会はmusso。ひたすらダーツをやって遊ぶ。

11月11日(土)
 雨。神泉の轍でラーメン。かつおと煮干のダシが効いたスープはやさしい味わい。噛み応えのある細麺と分厚い炙りチャーシューの相性が良い。帰りに、渋谷のBook1st.で五十嵐らん氏の明日から中国で社長をやってくださいを購入。ブログ中華的生活「多少銭?」を1年ほど前から愛読していたので、気になっていた。「第7章中国ビジネスの描き方」で分析している今後の中国に対する洞察が目からウロコ。

 夜は、ブとブの友達のK子と3人でベッラナポリ。いつもどおり美味しい夕食。

11月12日(日)
 中目黒の美容室で髪を切った後、池尻大橋の藤巻劇場。今まで、タイラーメンと言えばティーヌンだったが、正直飽きがきていた。ここは、広尾や新宿、自由が丘にあったゴールドリーフで勤務していた主人が開いた店だそうで、トムヤム激情麺(赤)はまさに宮廷料理。もちろん1,100円(小丼つき)と値は張るが、屋台料理のティーヌンとは違う食べ物。次回は黒を食べたい。

06111201
 生花が鮮やかで見た目も美しい。レモンを絞ってから食す。

06111202
 ハーブがトッピングされたライスの小丼。穴あきのれんげで掬ったひき肉を乗せ、スープをかけておじや風にいただく。

06111203
 真っ白な看板。藤巻劇場の外観は怪しさいっぱい。

|

« 煮豚、不如帰、首里製麺 | Main | 津田沼駅南口の衰退 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79741/12648734

Listed below are links to weblogs that reference 稲田屋、轍、藤巻劇場:

« 煮豚、不如帰、首里製麺 | Main | 津田沼駅南口の衰退 »