« SANT PAU (サン・パウ) | Main | パティシエ山川 »

May 06, 2006

J2第14節 水戸ホーリーホックvsコンサドーレ札幌

 今日は先週に引き続き、コンサドーレ札幌の関東アウェイの試合観戦。場所は水戸ホーリーホックのホーム、笠松運動公園陸上競技場昨年8月26日に観戦して以来。平日に有給休暇を取ってまでナイトゲームの観戦に訪れたが、ガチガチの守備陣形であるミトナチオの前に1-0であっさりと敗れた苦い思い出。今回は14時からのデーゲーム。朝8時前に起床し、のんびり朝食をとってから出かけた。

 水戸までの行き方は様々な選択肢がある。前回は、成田経由で鹿島まで出てから、鹿島臨海鉄道で水戸へ行った。速達性で選べばJRの特急ひたち(4,020円)だが、東京駅発の高速バスなら約半額(2080円)で行ける。しかしあんまり考えずに家を出た結果、つくばエクスプレスで「つくば」まで出て、そこでレンタカーを借りて水戸まで行くことになった。

 途中、水戸市内で、ホーリーホックのユニフォームスポンサーでもあるケーズデンキの水戸本店に立寄り、平原綾香のアルバムと、1,980円で安売りしていたサクラ大戦V EPISODE 0 ~荒野のサムライ娘~を購入。

 スタジアムには開始20分前に到着。A席(2000円)の当日券を購入し、売店で、ケーキとサンドイッチを買ってからバックスタンドに陣取った。G.W.中の晴れたデーゲームなのに、観客は少ない。3000人程度と見受けられた。
 試合は、ミトナチオの術中にすっかりはまってしまったコンサが3失点。水戸のFWアンデルソンが見事なのか、札幌のDFがヘタレなのか。G.W.のサービスではないだろうが、最後は曽田FW投入のソダン大作戦が発動されたり、水戸も権藤、桑原と元札幌選手を投入したりという面白さはあったが、敗戦という現実に落胆するほか無かった。

 帰りは寄り道する気力もなく、つくばまで直行。駅ビルのクレオスクエアのフードコートで夕食。瀋陽軒というつけ麺の店でつけ麺を注文したのだが、それなりに食えた。つい、先月の香港ランガムプレイスの記憶が蘇り、日本はすばらしい、と思ふ。店のロゴが紅虎チックだったので際コーポレーションかと思ったが、ニョッキだった。
 
06050601
 つくばクレオスクエア

06050602
 天気の良いスタジアム。

06050603
 水戸のマスコット、ホーリーくん。アウェイサポータにもやたら愛想が良く、カメラ目線。

|

« SANT PAU (サン・パウ) | Main | パティシエ山川 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference J2第14節 水戸ホーリーホックvsコンサドーレ札幌:

« SANT PAU (サン・パウ) | Main | パティシエ山川 »