« 華湘、デニーズ | Main | SANT PAU (サン・パウ) »

Apr 29, 2006

J2第12節 東京ヴェルディ1969vsコンサドーレ札幌

 今日は、今年初のコンサドーレ生観戦。12節にしてようやく、関東での試合。東京ヴェルディ1969のホームゲームで、場所は国立西が丘競技場。昨年のL・リーグ20節のベレーザvsマリーゼ以来の訪問。ここは、サッカー専用スタジアムで、客席とピッチの距離が近く、大好きなスタジアムだ。ここの難点は、客席が少ないことと、屋根が無いこと。前日の時点で、天気予報は雨だったが、バックスタンドとゴール裏はすでに売り切れていたため、メインスタンドSA席(前売3000円)を購入しておいた。

 家を出るときにチケットを忘れるなどバタバタしたため、西が丘到着はキックオフ20分ほど前。客席はかなり埋まっていて席を探すのは大変だったが、前から3列目ほどの良い席がぽっかり空いて入れてもらえたので、幸運だった。

 試合は、ヴェルディが前半8分に波状攻撃から最後は青葉、後半21分にカウンターから抜け出した齋藤将基が得点してそのまま2-0で終了。コンサドーレは得点の気配が感じられぬまま敗れてしまった。天気も前半終わり頃から雨が降り始め、ハーフタイムはかなりの降り。後半途中から上がったものの、前線が通過したのか、寒い風が吹き、コンサの寒い試合と相俟って、寂しい思いでスタジアムを後にした。

 ところで、今日のスタメンはソダンが先発から外れ、千葉、池内、加賀の3バック。フッキが出場停止で、相川と清野の2トップ。ソダンは最後まで出場機会は無く、途中出場は、西谷、藤田、中山の3人。西谷は流れを変えるような働きはできず、可能性の感じられないセンタリングや、連携の悪いパス交換ミスが目立った。藤田は、交代出場の時の場内アナウンスで(ふじた・まさや)とアナウンスされちゃうようなアウェーの洗礼を受けたせいか、簡単がミスパスで相手にボールを渡す場面が目立った。それでも、右サイドを突破したシーンが見られた。

 なお、試合中、要所要所で、「飯尾は懐がふかいなー」「池内までスペクタクルかよ」「39番のフォワード良く動くな」等、的確なコメントを話す人が横か後ろの方にいて、そうだなうんうん、と頷いていたのだが、翌日、いつものようにサッカー百鬼夜行のエントリを読むと共通点が多かったので、面識はないけどどたぶん chooさんだったのでないかと思った。

06042901
 ヴェルディ側ゴール裏

06042902
 コンサ側ゴール裏

06042903
 ハーフタイムになった途端雨が激しく。

|

« 華湘、デニーズ | Main | SANT PAU (サン・パウ) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference J2第12節 東京ヴェルディ1969vsコンサドーレ札幌:

« 華湘、デニーズ | Main | SANT PAU (サン・パウ) »