« 新年度 | Main | 整形外科、唐宮、東京芸術劇場 »

Apr 06, 2006

寿司政、どうたぬき

 今日は何気に、ココログの調子が良いのでエントリ追加。先月の香港旅行のログは3日目分まで掲載済み。先々月の沖縄はまだ手付かず。

4月5日
 午後から、前の職場で事務引継ぎ。昼食は、九段下での乗換え時間を利用して、寿司政でにぎり・梅(3150円)。コハダとづけとかんぴょう巻がとくに美味しかったな、と。普段あんまり寿司を食べないので、どうこう判断しようもないのだが、ありきたりの言い方で表現すれば、江戸前らしく仕事をしている、というところか。また、わさびの香りが際立っていた。

 夜は、昔の上司と、私と入れ違いに出向してきたS戸氏と飲み。飯田橋の居酒屋いろはにほへと。私的には、高田馬場にも支店があって、学生の頃何度か行ったような気がするな、懐かしいな、酔った勢いで他の客が残した唐揚げをつまんだら、店員に叩き落とされたな・・・、などとしょうも無い記憶が蘇る。S戸氏の方は、自由が丘店に思い入れがあったようだが。店名は同じでも何かコンセプト自体が違うような気がしたが、現在の経営はコロワイド。「いろは」は買収されたのだろうか。

4月6日
 会社帰りに、京成本線で中山へ行く。各駅停車しか止まらないローカル駅。日が暮れて、薄暗い。でも、駅の周りはなんとなく風情がある。駅の北側には、法華経寺があり、ここは日蓮宗の大本山の一つ。立正安国論もここにあるという。駅のすぐそばに参道があり、門前町といった雰囲気がある。
 今日は、法華経寺とは反対に南側の千葉街道へ出て、九州豚骨どうたぬきへ。豚骨らーめんの店にしてはオサレな外観の店だが、一歩店内に入ると強烈な豚骨臭。豚骨嫌いの人ならこの臭いだけでダメだろう。私もかなり、うっときた。らーめん(650円)を注文。豚頭を炊き上げたスープは、臭いは強いものの、雑味はなく、そのせいか、葱の青臭さ、チャーシューの旨味、海苔の香りがストレートに伝わってきた。

 帰りに、錦糸町のヨドバシに立ち寄り、サクラ大戦V ~さらば愛しき人よ~ 宇宙戦艦ヤマト 暗黒星団帝国の逆襲(限定版)がそれぞれ1980円で安売りしていたので買う。しかし、サクラは不良品なのか再生できなかった。週末に返品しようと思ふ。

06040602
 日暮れし中山駅

|

« 新年度 | Main | 整形外科、唐宮、東京芸術劇場 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79741/9464919

Listed below are links to weblogs that reference 寿司政、どうたぬき:

« 新年度 | Main | 整形外科、唐宮、東京芸術劇場 »