« 下妻物語 | Main | shugyok、グランベリーモール »

Mar 31, 2006

3月のその他のログ

3月の終わり頃はココログの調子が悪くてエントリが滞ったので、雑多なログをまとめて。

3月に観た映画
別にエントリを立てた赤線地帯と下妻物語以外について。

岸和田少年愚連隊 マレーの虎。すっごく馬鹿馬鹿しいストーリー設定だけど、それを楽しめる。マレーの虎ハリマオ伝説とからみあう展開が痛快。ハリマオ伝説については、以前、萬晩報の記事で読んだことがあったため、興味を持っていた。最近、昭和の歴史の面白さを再認識している。
 amazonを見て、岸和田少年愚連隊がシリーズ物であると初めて知った。シリーズ12弾とは・・・。まだまだ知らない世界があるものだ。

ALWAYS 三丁目の夕日。香港行きのJALの機内で観た。年末にタイのマッサージ学校で一緒だったBoAちゃんが面白いと言っていたので、観ようと思っていた。ストーリーよりも、30年代を再現したCGやセット、小道具にまず感心してしまった。元ストリッパーの過去を持つ飲み屋のママ役の小雪が、結局物語の最後に借金かなにかでストリップ劇場に戻ってしまうのだが、赤線地帯と同様、病気の治療費のために女性が働くというあたりに時代を感じる。

13デイズ。1962年のキューバ危機をホワイトハウス側から描いた映画。思えば、これも昭和30年代か。

3月に見たテレビドラマ
スカイハイ(1作目)の最終回。BSで再放送していたので、最後のエピソードを見ようとしたら、3週に渡っての放送だった。ストーリーは3週ひっぱた割りにはイマイチでがっかり。釈由美子は昔よりも、英語でしゃべらナイトで観る今の方が綺麗でかわいいと思ふ。

行ったレストラン
嶮暮帰。西麻布にある老舗のインド料理店。ディナーで、大正えびのグリル、ほうれん草とチキンのカレー、ナスのベジタブルカレーを食べる。大正えびのグリルは2800円と値は張るが、それに見合ったボリューム。おおぶりのえびがごろごろと盛られてくる。カレーもそれぞれ厚みのある旨さ。

斑鳩。5年ぶりくらいに再訪した。かなりスープの味が変わったように思う。以前はもっと塩気があり、カツオの風味が強かった気がするが・・・。

妻家房。錦糸町丸井の支店へ。四谷にいるころは本店に何度か行ったものだが、いつの間にか増殖を続けていた。パチヂミ、スンドゥブチゲ、石焼ビビンバ等、野菜が多くてヘルシーなメニューを選択。ウェイトレスは韓国人らしき人。錦糸町は韓国・朝鮮系のディープな店も多いが、入りづらい。丸井なら安心。

|

« 下妻物語 | Main | shugyok、グランベリーモール »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79741/9400851

Listed below are links to weblogs that reference 3月のその他のログ:

« 下妻物語 | Main | shugyok、グランベリーモール »