« ちゃぶ屋、その他 | Main | 高橋メソッド »

Jan 27, 2006

ライブドア雑感(2)

 火曜日にライブドアについて触れたので、続き。予想どおり、というか予定調和なのか、ライブドア株は翌日水曜日に初めて寄り付いた。155円で寄り付いたあと、終値は137円。翌木曜日は続落で113円。今日は103円の安値をつけた後、引けにかけて上昇し、139円で取引を終えた。東証が取引時間を1時間に制限するなど、さまざまな規制をかけている中で、今日は良く上がったというところだろう。強制捜査後、2週間下がり続けているので、今度の週末には何かプラスの材料が出るかもという期待があるのかもしれない。
 しかし、情況は予断を許さない。今日の夕刊フジの見出し、週刊文春の車内吊り広告でも、とうとうライブドアと暴力団との関係について触れ始めた。前回のエントリで「ホニャララ団(笑)」と書いた件だ。(あ、文体がなんか少しきっこ風か。やっぱり中の人はオヤジ?)
雑誌・夕刊誌ジャーナリズムがどこまで影響力があるのかではなく、追随するテレビ・新聞があるのかで、影響力は変わってくるだろう。しかし、一方で、ライブドアはホリエモン一派との関わりを断つイメージ作りに全力を注いでいるようなので、それが世間的に認知されれば、ホニャララ団(笑)との関係が明るみにでても、影響は少ないかもしれない。
 前回も書いたように、フジテレビも含め、ライブドアの株が紙くずになって得する人間は見当たらない。経済合理性から考えると、上場廃止は平和な解決法ではない。したがって、一株あたり資産が長期的な株価形成要因になるだろう。ただ、基本はそうなのだが、当面のネックは東証の脆弱なシステムだ。取引時間が1時間というのは、それだけ流動性が制限されているということで、大きなマイナス要因。
 ちなみに、私もこの日本史上(市場)最大かもしれないババ抜き大会に参加してみることにして、ライブドア株を100株買ってみた。水曜日に成り行きで入れていたために、155円での購入になってしまった。「126円で拾えれば」と書いたのにこうなってしまったのは、私の使っている証券会社の手数料が成り行きだと105円で、指値だと1890円のため。そんな訳で、現在の含み損は1800円。良い暇つぶしになってます。

|

« ちゃぶ屋、その他 | Main | 高橋メソッド »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79741/8370292

Listed below are links to weblogs that reference ライブドア雑感(2):

« ちゃぶ屋、その他 | Main | 高橋メソッド »