« マッサージスクール | Main | 乞食 »

Dec 26, 2005

パッポン通り

 午後の授業では、相方の少年が帰ってしまい、午後から参加している結構可愛めの関西弁の女の子2人組(一人は鈴木紗理奈似、以下:紗理奈)と組むことになった。しかし、授業とはいえ、若い女の子の足やら腕やらを揉むことを妙に意識してしまい、手に汗をかき、滑ってしまう。申し訳ないと思って余計に冷や汗がでる。
 その後次のカリキュラムに移って、今度は関西弁ではない女の子と組むことになった。今度はお尻のマッサージもあったが、慣れたことと、可愛くなかったのであまり意識せずに済んだ。あっという間に16時になり一日目の授業が終了。思ったよりも覚える事が多くて大変だった。
 早速、直営店でマッサージ2時間(200バーツ/特別割引)を受けた。しかし、途中寝てしまったが。18時20分終了。

 とりあえず一旦ホテルに戻り、荷物を置いてから夕食を食べに、シーロムへ向かう。7年前に行ったシズラーはすぐに見つけた。一度通りを渡り丸ビルにもあるタイ料理屋「マンゴツリー」を探す。行ってみると、かなり混んで順番待ち。諦めてパッポン通り経由でシズラーへ引き返す。パッポンはダメな雰囲気が相変わらず沈澱していた。
 シズラーではソーセージとハンバーグのコンボもちろんサラダバー付きとハイネケンを注文。前あったシンビアは置かなくなっていた。サラダバーのトムヤムスープは健在。

 帰りのMRTでは、前に座っているタイの青年が金田一少年の事件簿のコミックを読んでいた。
 (12/26:9,000歩)

05122603
 相変わらずのパッポン通り

|

« マッサージスクール | Main | 乞食 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79741/7979756

Listed below are links to weblogs that reference パッポン通り:

« マッサージスクール | Main | 乞食 »