« J2第43節 鳥栖vs札幌 | Main | 筑豊 »

Nov 27, 2005

本町銀天街

 今日は、平成筑豊鉄道筑豊電気鉄道北九州モノレールに乗る日。あとは、小倉でラーメンとカレーを食べるのが予定。
 8時半に、西鉄バスセンターからバスで行橋に移動。九州は高速バス網が発達しており、鉄道より早くて安い路線が多い。福岡-行橋便は、所要時間は1時間25分で1500円。ただし、想定外だったのは、終点の行橋営業所が行橋駅から離れていたこと。一つ手前の行橋駅前通りというバス停もあるが、ここからも10分程歩く。せっかくなので、途中から駅前通りの一本裏の通りを歩いて駅まで向かう。すると、キャバレーだかスナックだか水商売の店が2、3軒集まっている場所があった。通り沿いに在籍嬢の写真が貼ってあったので見てみると、外国人ばかり。日本の地方都市の典型的な姿があった。

05112701
 寂しい駅前通り。

05112702
 東欧系、中国系の外国人ばかり。

 行橋駅では、平成筑豊鉄道の一日フリー切符を購入。10時29分発の直方行きに乗った。金田で乗換え、田川後藤寺まで行く。ここは、10年ほど前に一度来たことがある。次の列車まで20分程待ち時間があったので、見覚えのある商店街を歩いた。

 駅に戻る途中で、一見して催眠商法と疑われる店舗を発見。外に張ってあるポスターを見ると、セール期間中、トイレットペーパー12ロール、こしひかり2kg、たまご30個がそれぞれ100円と書いてある。そして、店舗内にはパイプ椅子が並べてあり、老人ばかりが集まっていた。店員はスーツを着た若い男性たち。きっと、最初は競って低額の商品を争い、2時間後くらいには、気がついたら羽毛布団セットや健康器具を50万円のローンで買ってしまう老人が出ることとだろう。そして、2週間もすれば店は無くなってしまうに違いない。

05112703
 銀天街とはアーケード街のことで、西日本で散見される名前。小倉の魚町銀天街が最初。

05112704
 商店街の路地。

05112705
 駅近くにオープンしていた、一見して催眠商法と思われる店舗のポスター。

|

« J2第43節 鳥栖vs札幌 | Main | 筑豊 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79741/8036757

Listed below are links to weblogs that reference 本町銀天街:

« J2第43節 鳥栖vs札幌 | Main | 筑豊 »