« September 2005 | Main | November 2005 »

Oct 30, 2005

L・リーグ第20節 ベレーザ vs マリーゼ

 国立西が丘競技場で14時キックオフのベレーザvsマリーゼを観戦。ベレーザの優勝がかかった試合であり、さらに相手が動員力のある東京電力マリーゼとあって、観客はなかなかの入り。メインスタンドの中央はほぼ満席。東電が用意したらしいバスで福島からやってきたマリーゼサポーターも大勢いて、ゴール裏も結構人が入っている。サポーターは、ベレーザ側のコールとサンバに分かれた応援に対し、マリーゼ側はコールでまとまっており、アウェーのはずのマリーゼが声量では上回っていた。

 試合はキックオフから15分ほどはベレーザの一方的なペースで進む。ボールを持つと、周りの選手も良く動き、得意のフィールドを広く使う展開。特に、22番の川上直子が何度も右サイドを駆け上がり、クロスを入れる。しかし、次第にマリーゼも守備に慣れてきて、対応に余裕がでてくる。徐々に盛り返してディフェンスラインも上がり、時間が経つにつれ、マリーゼもカウンターからチャンスも生まれるようになった。最初のチャンスも、マリーゼ14番の丸山桂里奈が下がってボールを受けてから逆サイドに展開する形からだった。しかしながら、共に得点が無いまま前半終了。

 後半もベレーザの支配する時間が多いものの、再三の決定機を運も悪く決められないうちに流れが変わり、中盤でボールを失ってからマリーゼのカウンター攻撃に晒される機会も多くなっていった。流れを変える意図もあってか、ベレーザは後半20分すぎに、19番の永里優季に変えて8番の弥生タン投入。これで、10番の澤穂希が少し前目のポジションを取るようになる。しかし、中盤の支配力が落ちたのか、たまたま流れが悪いのか、マリーゼにシュートまで持ち込まれるような展開も続いた。弥生タンも守備に回る時間が多く、前線へのパスもなかなか通じない。ひょっとしたら、このままドローの可能性も・・・などと思い始めた後半残り20分過ぎ、ゴール前の混戦から最後は澤穂希にボールが当たってゴール。あっけなく先制点が入った。マリーゼもすぐさま意地の反撃を見せ丸山桂里奈の突破シーンも見られたが、ゴールならず。逆に、終了間際にペナルティエリアでガンちゃんこと荒川恵理子が倒されてP.K.。これを得点王争い中の大野忍がきっちり決めて2−0。このまま試合は終了した。
 これで、ベレーザの3年ぶりの優勝が決まった。おめでとう。

2005103001
 マリーゼ側ゴール裏。サポーターがいっぱい。

2005103002
 優勝の記念撮影。ベンチから外れスタンドで見守っていたベレーザの選手も合流。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Oct 28, 2005

10月4週

22日(土) 錦糸町駅前の台湾料理「劉の家」で夕食。

23日(日) 中目黒のclove。渋谷のビストロ「コンコンブル」で久しぶりに夕食。厨房のオペレーションが悪いのか注文した食事がなかなか出てこない(怒)。会計も遅い。夕食後の予定が変更になる。

24日(月) 飯田橋の沖縄料理「島」でモツ煮そばの昼食。老舗というよりは古くくたびれた感じの店内。モツ煮でそばの味が判らない。

25日(火) 神保町の新世界菜館でカレーライス(900円)のランチ。良くも悪くも中華料理屋のカレー。スパイスの使い方がイマイチ。量が多くて残す。

26日(水) 珍しく残業した後、K藤さんとG井女史と飯田橋のスタンディングバーmussoで飲む。4杯しか飲んでないのに帰宅後体調崩し、朝まで苦しむ。

27日(木) 体調不良で、早めに帰宅。

28日(金) 同期のY石君、T口君と定例会。今回は銀座のマレーシア・シンガポール料理の「ラサ」。普段あまり口にしないものを食べるが、東南アジアの懐かしい匂いがする。久しぶりに海外で定例会をやろうと盛り上がる。2軒目は満席の店が多く銀座を漂流。丸の内のミクニカフェまで流された。その後、ブと合流し、OAZOの地下の石庫門で締める。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Oct 21, 2005

10月3週

19日(水) 台風対策のため早朝出勤するも、それたために何も無し。昼食は神保町の「アロハガンボ」でランチのドライカレー+コーヒー(750円)。キャベツの甘みがグッド。夜は三越前から日本橋、茅場町、新富町を散策の後、萬福で中華そば(650円)の夕食。改装したらしく、よく言えばレトロ調、悪く言えば台場一丁目商店街のようないんちきくささが漂う店内。中華そば自体は普通に食べられる中華そば。三角の玉子焼きがのっているのが面白い。結局、銀座松屋まで歩くが、途中、2丁目で「チャンドラー・ボース」の名を冠したビルを発見して驚く。チャンドラー・ボースについてはwikiを参照されたし

20日(木) 午前中、台東区方面の視察。谷中、山谷、吉原あたりを巡る。昼食は広小路の暖中。午後は木場で研修。夜は、K藤さん、A川さん、U村さんと木場のロータスパークの紅虎餃子坊で飲む。ラストオーダー21時半で驚く。

21日(金) K林課長、O田係長、K藤さんとスタンディングバーmussoで3時間ほど飲んだ後、秋葉原ドンキホーテ上のメイド喫茶。入り口でメイドさんにおかえりなさいませ、と言われる。メイド喫茶はブームで粗製濫造のせいか、高校の文化祭みたいなチープな内装で萎える。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Oct 16, 2005

L・リーグ第18節 ベレーザ vs 伊賀FC

 今日はあいにくの小雨。9月25日に再開したL・リーグは第3クールも中盤。ベレーザは、前節、アウェーの大津市で行われた2位TASAKIとの直接対決に快勝し、勝ち点差を6にして優勝へ大きく前進。今日の第18節は、江東区夢の島競技場で、難敵伊賀FCくの一との対戦が行われた。フクアリのこけらおとしの試合をテレビで観るという選択肢もあったが、せっかく近くでやるし、小林弥生タンの姿も久しぶりに拝めそうなので、こちらを選択。

 バスへの乗り継ぎがうまくいかず、夢の島に到着したのはキックオフから10分後。屋根のあるメインスタンドはかなり埋まっており、座りやすい席が無いので立ち見で観戦。前半は圧倒的にベレーザのペース。パスもつながるし、サイドからの個人技による突破もあり。なかなか得点の入らない時間が続いたが、永里優季のゴールキーパーの上を越える技ありのゴールが入ると、さらにベレーザのペースに。3−0になったところで、コーナーキックから失点し、流れが伊賀に傾きかけたが、荒川のゴールで再び3点差。
 後半、伊賀は再びコーナーキックから押し込んで、4-2とし、勢いを取り戻したかに見えたが、今度は澤のループ気味のミドルシュートが決まって、5−2。70分に大野のゴールで6−2となったところで、弥生タン登場。終了前の宇津木のゴールをお膳立て。水溜りでボールが止まるのを計算したのか、微妙な場所でボールが止まってキーパーとの一対一を演出した。最終的には、8−2の大差でベレーザが勝ち、早ければ次の試合で優勝が決まることになった。

 ところで、試合終了後、メインスタンドでベレーザのジャージを着た茶髪のかわいい子が居たのでいいなぁ、と思ってみていたら、オタクっぽい中年のヤシが来て、声をかけて写真撮影をし、さらには握手までしてもらっていた。握手は一瞬キモがっていたが・・・。そのヤシは他にもスタンドにいたベレーザの選手の写真を撮っては握手してもらっていた。選手の反応が面白く、つい見てしまったのだが、反面教師というか、変な真似はしたくないもので。

2005101601
 弥生タンの登場シーン。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Oct 15, 2005

J2第36節 湘南vs札幌

 昨日までの雨の予報が嬉しく外れて、快晴の平塚に12時過ぎに到着。まずは腹ごしらえのため神奈中バスに乗り、平塚4丁目の「ひでたん」へ向かうが、乗ったバスは微妙にずれたバス停に行ってしまった。5分ほど歩くことになったが、途中平塚の塚の案内板を発見する。平塚の地名の発祥の地であるらしい。
 「ひでたん」では、塩らーめん・いったんもめん(650円)を食べる。透明だがコクのあるスープと表面に浮いた油のバランスが良い。平麺を選んだのだが、つるつるとしてのどごしが良く、最後まで美味しく食べられた。
 バスで平塚駅前まで戻ってから、平塚競技場まで歩く。途中、商店街にベルマーレの旗が掲げてあったり、レプリカを着た家族連れを見て、アウェイ気分が高まった。
 競技場では大人自由席(2500円)を購入。今日は平塚信用金庫サンクスデーらしく、招待券が撒かれていたようで、ダフ屋が出現していたが、もちろん無視する。たとえアウェーであっても、チケット代がチームを支える重要な糧となり、それがサッカー文化の向上に資するのであるから生きる金の使い方だと思う。

 以下、試合について。
 平塚競技場のDJはテンションが高く面白かった。
 ゴール裏の席を開放していないせいか、結構混雑しているように感じた。入場者は5,510人。
 試合内容は・・・。得点の気配がしないまま0−0の引き分け。デルリスはこのまま終わってしまうのか?。

2005101501
 平塚の塚

2005101502
 商店街の旗

2005101503
 試合開始前

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Oct 11, 2005

京都紫の 上田米殻店

 週明けの火曜日。夜はT見と飲み。半蔵門線沿線で低カロリーな店というリクエストがあり、googleで検索して「京都紫の 上田米殻店」という変な名前の和風創作料理を見つけて予約した。なんとなく、秋川にある池谷精肉店という名前のラーメン屋を思い出す。
 さて、この店はMYぬか床キープというあまり聞かないシステムがある。健康志向の女性客が多い様子で、男性客は他に居なかった。そんな店内で男2人、下品な世界経済や文化の話題に花が咲く。
 料理は女性向きと思われる量で、男2人で食べるにはもの足りない感じ。たまりかねたのか、追加注文の際にT見が「なんか、どばっ、と出るものありますか?」と店員に聞き、イカ焼きを注文。確かに量も多く、上にマヨネーズもたっぷりかかった料理が出てきた。・・・低カロリーにするんじゃなかったのか?>T見。
 2時間ほど過ごした後、飲みなおすことにし、外苑西通りを歩く。途中で左折し、ユナイテッドアローズ原宿本店に併設されているUAcafeのテラス席で、酒を飲んでまったりする。他に客も居ない。店員の女の子がかわいい。客が少なくてもいろいろ仕事はあるらしく、てきぱき動いている。ちゃんと働いていて偉いなあと無意味に感心した。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Oct 10, 2005

高円宮杯 決勝 コンサドーレユースvsヴェルディユース

 秋雨前線の影響で、小雨がぱらつく一日。13時からさいたまスタジアム2002で高円宮杯決勝を観戦。さいスタは昨年3月20日のJ2 大宮vs札幌の試合以来。その時は浦和美園駅に着いたら雪が降るわ、コンビニの一軒もないわで、さいたまの洗礼を受けた気分になったのだったが・・・。あれから1年半、相変わらず駅前は荒地が広がり、バス停があるのみだった。スタジアムで焼きそばなりから揚げなりフランクフルトでも買って食べようと思っていたのだが、1軒だけ開いていた売店にはおかししかなく、仕方なく、カールとポテトチップの昼食になった。

 試合は、後半にコンサユースが先制。しかし、逆転され、結局は1−4で負けてしまった。逆転されても負ける気はしなかったのだが、3点目の取られ方が悪かった。でも、みんな良くやったと思う。木曜日からのこの3試合は本当に感動させてもらった。

2005101001
 キックオフ前。

2005101002
 準優勝の表彰。準優勝チームには来年3月のダラスカップの出場権が与えられた。

2005101003
 記念撮影。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Oct 09, 2005

ハルとナツ

 最近はサッカー三昧なんだけど、それ以外の時間は家のテレビでNHKのドラマ「ハルとナツ」、映画「サルサ!」「ベッカムに恋して」なんかを見ていた。
 ハルとナツは橋田壽賀子ドラマの王道を行く話で、歴史に翻弄される姉妹が懸命に生きるさまを描いている。細部でツッコミどころはいっぱいあるのだが、おしんに通じるものがあり楽しめる。
 「サルサ!」は文句なしに楽しい映画。自分もサルサ始めたいなぁなどと妄想し、音楽に合わせて身体が動き出してしまいそう。
 「ベッカムに恋して」はタイトルで誤解していたのだが、インド系イギリス人の女の子が主人公の青春ドラマ。以前JALの機内誌か何かで批評を読んで面白そうだったので見た。イギリスのインド系社会の事情などが描かれていて興味深い。こちらも秀逸だった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Oct 08, 2005

高円宮杯 準決勝 コンサドーレユースvs滝川第二

 12時から国立競技場で高円宮杯を観戦。土曜日ということもあり、2000人以上の人出。バックスタンド側には滝川二高校の生徒と思われる一団がいて、気合の入った応援を展開。試合中は声の大きさでコンサ側の応援を圧倒する場面が多かった。
 さて、コンサユースは、前半P.K.で先制したが、30分にはイエロー2枚目で退場者が出て一人少なくなってしまった。後半追いつかれたが、再びP.K.で勝ち越し、そのまま逃げ切って決勝進出決定。今日も試合終了後に、好きですサッポロコールに合わせて、FWの川村くんが変な踊りを披露していた。

2005100801
 試合開始前。

2005100802
 試合終了後の喜び。

 帰りに、外苑西通り沿いのヘンドリックスでチキンカレー(850円)の少し遅めの昼食。一口生ビール(250円)も注文し、独り祝杯をあげる。カレーはシナモンやクローブをふんだんに使ったスパイシーなカレー。ざらっとした舌触りがあるが、えぐみなどはなく食べやすい。もっちり厚めのナンも旨かった。

2005100803
 神宮前の住宅街で見つけたねこじゃらし。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Oct 06, 2005

高円宮杯 準々決勝 コンサドーレユースvs青森山田

 夜は国立霞ヶ丘競技場でサッカー観戦。銀座線の外苑前から歩いて青山門についたら、やっぱり閉まってた。警備員に聞いたら、今日あいているのは千駄ヶ谷門のみ。まあ、仕方ないか。競技場の周りをぐるっと半周するはめに。
 18:45キックオフだが、5分ほど前にようやく到着。試合は、開始すぐに、川村の得点で先制。その後、鋭いカウンターから川村、門間に得点が生まれ、前半で3−0でコンサのリード。とくに2点目は、スピードにのった右サイドの突破から、クロスをヘディングで合わせた美しい得点だった。
 後半はボールを支配される展開だったが、キャプテンの藤田の豪快なミドルシュートで追加点で、勝負を決した。攻められはしたが、最後まで集中して得点を許さず、快勝といって良いだろう。
 コンサはサポーターの応援でも青森山田を圧倒していた。盛り上がって楽しかったです。

 試合終了後は、三軒茶屋のカレー店「とんがらし」でキーマスペシャル(750円)の夕食。牛ひき肉とグリーンピースが具のさらっとしたカレー。ルウというよりは汁といった感じ。独特で味わい深い。値段も安いし、近くにあれば何度か通ってみたいような店。サフランライスと生野菜が同じ皿に盛られていたが、デフォルトでフレンチドレッシングがかけられていたのが、個人的な好みからいえば減点。


2005100601

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Oct 05, 2005

バスティード・クリヨン

 先日のエントリで書いたとおり、昼食は玉子屋の仕出し弁当にすることが多いのだが、今日は注文するのを忘れた。仕方ないので、昼食は丸の内オアゾまで行き、5Fのバスティード・クリヨンでクリヨンランチ(1500円)。かぼちゃのポタージュ、霧島高原豚のロースト、コーヒーを選択。場所と値段見合いでは驚きはなし。無難な印象。ゆっくり食べていたら、会社に戻るのが遅れてしまった。
 夜は、国立西が丘競技場へ横浜FC vs 札幌を観に行くつもりだったが、雨が降っていたこともあり、K藤さん、G井さん、Y田さんと飲みに行くことに。場所は浅草の大多福。秋葉原で乗換えて初めてつくばエクスプレスに乗った。秋葉原駅はさすがに地下深い。浅草駅はビューホテルの地下に駅があるので、なるほどここなら大多福に近い。22時過ぎまでだらだら飲んでから帰宅。疲れた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Oct 03, 2005

書きかけの旅行記

 今日、11日ぶりに出勤。先週は5日間有給休暇をとり、3連休とからめたので、10連休だった。おかげで、国勢調査では、調査期間の労働時間が0時間だった。良いご身分。9月はその前の3連休にも2日の休みをつなげて上海・福岡へ行ったので、数えてみると、13日しか働いていなかった。さすがに遊び疲れ、資金も尽きてきたので、しばらくは大人しくしていようと思う。でも、今年中に台湾か香港へ行きそうな気がする。
 上海や北海道の旅行中の記事を書きたいのだが、どうなることやら。1月の四国やゴールデンウィークの西安、6月のイギリス旅行の記事も途中までしか書いていない。orz...。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Oct 02, 2005

帰京

 12:00ちょうどのJAL便で千歳から羽田へ。777の右窓側。昼間に窓側は久しぶり。飛び立つと、滑走路のすぐ脇から広がる森。高度を上げると、やがて支笏湖の水面がきらめいた。さらには、遠く羊蹄山まで。北海道の地形を地図のようにはっきりと認めることができた。

 昼食に、千歳空港で買った空弁の石狩鮨を食べる。佐藤水産製なのでそう外れることは無いだろう。私が空弁を食べることに気がついた客室乗務員がすかさず飲物とお手ふきを用意してくれたのは嬉しかった。食べ終わった時には、すぐにごみを回収してくれた。ありがたい。

2005100201

 到着の15分ほど前から高度を下げ、成田、幕張上空を経て、浦安、台場へ。ディズニーランドや台場の観覧車が見えた。しかし、それ以上に驚いたのが、東京の空の汚さ。黄色っぽい汚れた空気が東京の街を覆っている。飛行機から見ると明らかだった。北海道の空と較べて、それはあまりにも汚かった。自分がこんな空の下に住んでいるという事実に呆然とした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« September 2005 | Main | November 2005 »