« 夕暮れ | Main | 梵・Kandy street »

Sep 08, 2005

鮎らーめん

 夕方、中目黒の美容室 clove でカットとカラーリング。久しぶりに髪の色を少し茶色にする。
 帰りに、自由が丘経由で二子玉川に出て、高島屋西館裏の鮎ラーメンへ。鮎ラーメン(600円)は透明なスープに白髪葱や細切りのメンマなど繊細さを演出する具、それに焼いたばかりの鮎の切り身が乗る。スープ自体から鮎の香りは感じなかったが、鮎の切り身で十分に鮎テイストを楽しめる。昔、調布の千ひろで食べた鯛骨スープ麺とコンセプトは近いと思うのだが、鯛骨の方は臭みが残っていた。この鮎ラーメンは良くも悪くもクセが無く、川魚の臭みというか、違和感が無く食べやすい。
 食後、高島屋SC南館の裏のあたりの路地を散策する。10年ほど前、多摩川を挟んだ高津に住んでいて、このあたりは、良く歩いたり、食事をしたりした。高島屋の掲示板にビラを張って、家庭教師をしたりもした。結構久しぶりに歩いて、その頃よりさらに店が増え、開発が進んでいた。あの頃はタイスキが少し流行っていて、そんな店があったが、そんなものは無くなっていた。何故か、京都の町屋風の建物が作られていて面白かったので撮影。
 2005090801

|

« 夕暮れ | Main | 梵・Kandy street »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79741/5897103

Listed below are links to weblogs that reference 鮎らーめん:

« 夕暮れ | Main | 梵・Kandy street »