« 祝日出勤 | Main | J2第11節 山形vs札幌 »

May 06, 2005

花粉症に関する石原発言

 東京都公式ホームページには知事の部屋というコーナーがある。なんだかんだいって石原フリークである私はこまめにチェックしているのだが、今日は、花粉症に関する発言の紹介。
 花粉症とは無縁だった石原都知事は、1月21日の定例記者会見で、次のような発言をしていた。

 昔から、太古の昔から、杉山から相変わらず杉が飛んできたんだ、花粉は。だから、やっぱり文明が進むと、いろんな悪い要因が重なってきて、僕は複合汚染だと思いますよ。だから、都としてはディーゼルエンジン規制もしたしね。

 以前から花粉症は人災であると考えている私には文明論を持ち出すのんきな認識に腹が立ったのだが・・・。
 その後、3月24日の定例記者会見で、花粉症になったことをカミングアウト。

 【知事】風邪引いたと思ったらね、どうもこれ、花粉症らしいんだ、私、生まれて初めて。うちの長男はね、「何か苦しんでいて、ようこそお父さん、よくおいでになりました」って言われちゃったんで。どうも、何だ、この時期外れにね。

 そして、4月22日の定例記者会見では、次のような発言をしていた。

 【知事】花粉症で非常に調子悪くて機嫌悪いから、つまらぬ質問せんでくれ。
(中略)
 【知事】そんなことないよ。それは生まれて初めて花粉症になったから。政府の怠慢を私はあえて声を上げて断じたいね。あれだけの人間がマスクし、マスクしない人間も苦しんでいるのに、花粉の対策を林野庁の仕事として、林業として対策してこなかったというのは、やっぱり田舎から来る代議士が多いから、東京の実情がわからないかもしれないけれども、国の責任というのは重大ですな。これ、来年から純ちゃん(小泉純一郎 内閣総理大臣)が本気で花粉症対策しなかったら、打倒小泉内閣だな。(笑)

 人は、その人の身になって考えなければ理解できないことが多くあるもの。石原知事には、花粉症に対する偏見があったんだろう、と思う。1月21日の会見で、文明論的なことを言っているのがその証。でも、花粉症はそんなものじゃない。石原知事のような精神的にも肉体的にも鍛えられたような人間でも罹ることを体験して、ようやくその考えをあらためることができた様子。この体験を忘れずに、林野庁へ本気で圧力かけてね。これ以上、製薬会社を儲けさせる必要は無い。

|

« 祝日出勤 | Main | J2第11節 山形vs札幌 »

Comments

Thanks for any other informative blog. Where else may I get that type of information written in such an ideal means? I've a challenge that I'm just now running on, and I've been at the glance out for such information.

Posted by: free article writer software download | Oct 01, 2014 at 19:40

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79741/4008996

Listed below are links to weblogs that reference 花粉症に関する石原発言:

« 祝日出勤 | Main | J2第11節 山形vs札幌 »