« 朝食みたいな夕食 | Main | 万年青 »

May 19, 2005

レジ袋、東京都推奨炭カル入り袋

 今日は、新宿の小田急ハルクの地下で惣菜を買ってから帰宅。缶チューハイを開けて夕食。
 
 さて、うんざりした記事を一つ。読売新聞の無料レジ袋の禁止案、ゴミ減量で環境省検討の記事について。私は無料ごみ袋の禁止自体はどうでも良い。問題としてはたいしたことじゃない。しかし、ツッコミを一つ。記事では以下のような記述がある。

京都市の調査(2003年度)では、家庭から出るプラスチック系ごみの15%がレジ袋だった。

15%がレジ袋?アホか?。いや、記者がニュース性を高めるために意図的に抜いたんだろうな。「かさ」の15%ってことを。レジ袋は見た目に目立つので無駄使いの象徴として取り上げられることが多いが、真剣に資源節約を考えるなら、かさでは無く、重さ(質量)で見るべきである。素直な読者は、レジ袋を節約すれば、ごみになる石油資源の15%が節約できると思いこみそうで嫌だ。

 さて、ついでに本当に無駄なものについて。東京都推奨(現在は23区推奨)の炭カルごみ袋は本当に無駄である。詳細はレジ/ごみ袋情報局やごみ袋ニュースの記事「徹底検証炭酸カルシウム入りごみ袋」にまとめられている。要は、焼却炉を傷めないように、カロリーを抑える炭カルごみ袋を導入したのが東京都の言い分であったが、カロリーが抑えられるかどうかの検証は不十分だし、そもそも炉が高性能になった現在では必要が無いということだ。しかも、以前の黒色ごみ袋は雑プラのリサイクル先であったのに、それが使えなくなってリサイクルの行き先がなくなった、という指摘もある。
 私も一つ付け加えておく。現在の23区の清掃工場ではごみのカロリーが低くて困っている。カロリーが低いと、燃焼温度が下がり、ダイオキシンを減らすのに支障が出てしまう。さらに、熱供給を行っている地域では十分なエネルギーを供給することすら難しくなっている。炭カル入りごみ袋を使用することにはなんの合理性もない。

|

« 朝食みたいな夕食 | Main | 万年青 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79741/4197488

Listed below are links to weblogs that reference レジ袋、東京都推奨炭カル入り袋:

« 朝食みたいな夕食 | Main | 万年青 »