« 福耳 | Main | 粗大ごみ収集 »

May 11, 2005

かわいそうな鯨

 東京湾にやってきた鯨が定置網にかかって死んでしまったらしい。成仏できるように、無駄にせず食べてあげたいけど、注目を浴びすぎた鯨なので難しいかな。漁村の人たちも、通常であれば迷わず食っているのではないかと思うんだけど、今回は困るだろうね。食べたらプロ動物マニアに攻撃されそうだし、そのままだと腐ってしまうし、海に流せば海洋汚染。火葬するには大きすぎるし、環境破壊につながる。肉はとても燃えにくいから、燃やすには莫大な石油が必要になる。たとえ、東京まで運んで、東洋一の規模を誇る新江東清掃工場の600トン規模の焼却炉で焼いても生焼けじゃないかな。
 15年ほど前、南伊豆のスーパーに行って鮮魚コーナーを見たら、パック詰めされたイルカが売っていた。米英の動物保護マニアがいくら騒いでも、日本の伝統の食文化はそう簡単に滅ぼされたりしない、と嬉しくなったのを覚えている。同様の文脈で、韓国人が補身湯(犬肉料理)を食べ続けるのは好ましいことだと思っている。もちろん、自分が食べるかどうかというのは別なんだけど。
 話は戻るけど、鯨を追い立てる朝日新聞のヘリが話題になっている。鯨という動物の性質上、ヘリの爆音のためにパニックになり、定置網に突っ込んだということは十分に考えられると思う。ひどい話かも。

|

« 福耳 | Main | 粗大ごみ収集 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79741/4082837

Listed below are links to weblogs that reference かわいそうな鯨:

« 福耳 | Main | 粗大ごみ収集 »