« April 2005 | Main | June 2005 »

May 31, 2005

錦糸町で食器を探す

 定時に退社して18時前に帰宅。夕食にカレーを食べて、洗濯して、皿を洗ってから19時に外出。錦糸町で、LIVINの無印良品、丸井のinThe ROOM212kitchen(Timeless comfort)、アルカキットの織部one'sBEAUX-ARTSと廻って茶碗を探す。結局、織部とone'sで茶碗とボウルを購入。錦糸町はインテリア関係も意外と店がたくさんあり、買い物に便利だった。これらの店は大体21時まで(無印は22時まで)開いているのも良い。
 帰りにQueen's Isetanで食材を買って帰宅。

| | Comments (187) | TrackBack (0)

May 29, 2005

焼鳥日本一

 洋室の照明を変えようと思ってネットで蛍光灯を物色。NECの電灯色タイプで気になるものがあり、午後から錦糸町のヨドバシに実物を見に行くが、気に入らず買わずに帰る。夕方、東陽町のアピタ、木場のヨーカ堂へ行く。
 アピタではヴィ・ド・フランスのイートインで一休み。気になったのは、隣の店舗は焼き鳥やうなぎなどの惣菜を売る「日本一」という店。そこにもイートインコーナーがあった。酒は無いようだったが、コーラやオレンジジュースなどのソフトドリンクは売っていた。不思議な組み合わせに感心。

 夕食は豚汁と、ぶなしめじとゴーヤの炒め物。どちらも上手くできた。明日以降に食べるためのカレーも久しぶりに作った。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

キリンカップ UAE戦

 金曜日だけどとくに用事もないので、真っ直ぐ家に帰る。下のカフェでパンを買って、マヨネーズとパテで夕食。19時半くらいからテレビでキリンカップの日本代表vsUAEの試合を見る。大黒が先発で出ていたのと、小野伸二が出ていたのが注目点で、時折、らしいプレイは見せるのだが、ゴールは遠い。結局、後半に失点して0−1で負けた。
 しかし、盛り上がらない。キリンカップとはいってもただの親善試合だし、最終予選対策の強化試合といっても、海外組が合流していない状態でやって、強化になるのかどうか。サッカー全体の底上げという意味では対マスメディア向けに代表の活躍は必要なのだろうが。
 私の現時点のサッカープライオリティを整理すると、
 J2>J1>W杯最終予選>なでしこリーグ>クラブチームの親善試合>代表の親善試合、といった感じ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 28, 2005

J2第14節 札幌vs草津

 午前中は遅い朝食をとりながら、録画しておいたBS-iのサッカーTVワイドああっ女神さまを見る。
 午後は、スカパーでJ2第14節 札幌vs草津を観戦。前節湘南に勝って2年ぶりの連勝を果たした札幌はやはり2年ぶりの3連勝がかかった試合。相手が最下位の草津とはいえ、とりこぼしたくないので多少の緊張とともに見守る。 試合は序盤から圧倒的な札幌ペース。曽田のバックパスが弱くてハラハラさせられるなど相変わらずの部分はあるものの、試合を支配して、前半のうちに相川が2得点。後半15分に砂川がPKを決めて、とどめを刺した。ロスタイムに失点はしたが、3−1で勝利し3連勝。順位を6位に上げた。相川が前節に続き得点と好調。中山は決定機に決められないものの、何度も相手ボールを奪うなど前線からの守備に貢献。途中投入された石井は2トップではなく砂川との交代だったので戸惑っていた様子。堀井が怪我で戦線離脱しているが、相川がいればこれからの試合もなんとかなりそう。来週は仙台でアウェー戦。勝ちが続くと、少々遠くても見に行きたい気がしてくる。
 夕方、中目黒のcloveまで髪を切りに行く。帰りに日本橋の三越で惣菜を買って、家でビールを開けて夕食。それからサクラ大戦3をやって、最後のボスキャラを倒してクリアする。セーブデータによると、プレイ時間は約12時間。ゲームバランスが良く、無駄な時間が少なくて話が進むのが良かった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 26, 2005

バイオマス

 5月26日付の産経新聞で、「バイオマス原料 ブラジルから輸入拡大 経済関係強化 中国に対抗も」という記事を読んだ。中国に対抗も、の部分は深読みではないかと思うが、それ以前に気になることが一つ。サトウキビやトウモロコシなど農作物を発酵、蒸留して作られる燃料ということで、地球温暖化対策上も有効という内容なのだが、輸入を拡大し、需要が拡大することは本当に温暖化対策上有効なのだろうか。農地を広げるために、アマゾンの熱帯雨林を開墾してしまう、というオチが無いことを祈りたいのだが。
 バイオマス、というだけで無批判に歓迎してしまう人が多い気がして危惧するこの頃。

 今日の夕食は丸ビル6階のかつ玄でロースかつ(1700円)。肉質は良く、揚げ具合もうっすらとピンク色が残り、絶妙。盛り付け方も心憎い見せ方。ソースもテーブルに備え付けるのではなく、かつと一緒に持ってきてくれるので品質管理面でも安心できた。でも、カロリーとりすぎで反省。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 24, 2005

NEW環境展

 午前中は東京ビッグサイトで開催されている2005NEW環境展を見学。環境展とはいっても実際に出展しているのは、処理機、破砕機、減容器ばかり。廃棄物処理展、またはリサイクル機器展としたほうが実体を表すのではないか。確かに、リデュース(reduce)やリユース(reuse)に関して出展するのは難しそうだ。事業者の内部努力に依存する部分が大きく、外向けに商売になりそうとは思えない。逆にいえば、その部分に関しては、行政が仕組みを整備していく必要があるということだろう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

キリンカップ ペルー戦

 今週もマンションの1階にあるカフェで買ったパンとエスプレッソの朝食。午前中はサクラ大戦3を9話の終わりまでプレイ。遅い昼食後、キリンカップの日本vsペルーを見る。0−1で負けたが親善試合なのでどうでもいい。
 夕方、所用があり日本橋の三越まで行く。帰りに天麩羅やらサラダなんかを買って帰る。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 23, 2005

茄子とピーマンとひき肉の炒め物

 帰りに赤札堂で夕食の買い物。茄子とピーマンとひき肉の炒め物と、なめこと豆腐の味噌汁を作ることにした。
 茄子は縦方向に長めに切って、水に漬けてアク抜きをする。ピーマンは千切り。
 調味液は、手抜きしてCockDoにしようかと思ったが、つまらないので自分で適当に作ることにした。材料は、味噌、オイスターソース、日本酒、七味唐辛子、一味唐辛子(原了郭)、胡椒、片栗粉、水を適当に混ぜた。
 大きめの中華鍋にオリーブ油を多めにどぼどぼ入れて強火にかけ、アク抜きをして乾かしておいた茄子を入れる。しんなりしたら、ピーマンを入れ、火が通ったら別皿にとる。今度は牛豚のあいびきを中火で炒め、火が通ったら、調味液を半分入れる。肉とよくなじんだら、今度は別皿の茄子とピーマンを入れ、残りの調味液を入れて強火で炒めてできあがり。
 こんな適当なレシピを公開しても何の役にもたたなそうだが、すごく旨かったので備忘録代わりとしておく。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 21, 2005

ぐりどっちん

 土曜日出勤のためいつもどおり起床。
 西安旅行記を3日目の夕方まで書き終える。
 帰宅してから、ゴールデンウィークに大塚家具で買ったダイニングテーブルと照明が届く。LDの見栄えもだいぶ良くなった。夕食は、焼鳥1本50円!串揚げ1本50円、本日の刺身10円!という広告に惹かれ、近所にある居酒屋「ぐりどっちん」へ行く。確かに安く、2人でビールを1杯ずつとお腹いっぱい焼き鳥と串焼き、串揚げを食べて3800円ですんだ。白木屋や天狗なんかと比べると、メニュー内容にも工夫が見られ、面白い。客層はわりと若め。というか、制服きたままの女子校生がいたのはどうなんだか。店が処罰されてしまうのでマズイと思うのだが。只の制服マニア・・・というようには見えなかったが。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 20, 2005

長崎市職員刺殺

 2日前に生活保護の仕事をしていたことに触れたばかりだが、今日、長崎市で生活保護担当の職員が刺殺される事件がおきた。他人事じゃないので書く。
 まず初めに、殉死された職員の冥福を祈りたい。
 事件の背景を語ると長くなるので先に自分の持つ現状認識を述べたい。現時点で私が参照しているソースは20日12時31分の読売新聞(YOMIURI-ONLINE)の記事である。

 容疑者はいわゆる「問題ケース」であろう。昨年3月に生活保護を打ち切られたとあるが、どんな元気な男性であろうと、68歳のまともな爺さんを「就労」を理由に保護廃止するなどありえない。保護基準を超える収入を得られる仕事など68歳から急に得られるようになる訳が無い。つまりはまともじゃない爺さんだったということだ。就労廃止は書類上の理由で、本当の廃止理由は別にあるのだろう。
 私が思いつく理由はいくつかあるが、ギャンブルまたは飲む金欲しさに、役所に内緒で年金担保で金を250万程借り、それを3ヶ月で使い切ってしまった、というあたりが良くあるパターンである。計画的に保護を受ける人間は大勢いて、たとえ月18万円の年金受給権を持っていたとしても、それを年金担保で250万円ほど前借りして散財してから、「生活費がありませんので年金担保が切れて受給権が回復するまで保護してください」といってくる輩がいる。もしくは、年金はもらっていない、といって申請しにくる。この場合でも、法律と厚生省の指導に従えば、今現在金がなくて生活できない限り、保護することになる。1度目は仕方が無いかもしれない。しかし、これを2度、3度続ける奴がいるのである。もうすぐ、年金担保が終わって、2ヶ月に1度36万円の年金が振り込まれるようになるから保護は廃止、としようと思った矢先に、「実はまた年金担保で金を借りた。金はギャンブル(借金返済)に使った。」などといい始めるのだ。この主張に対して、法律で抗う術は無い。何度も言うが、法に従えば、保護しなければならない。そこで、現場では現実的な対応をする。保護をあと1ヶ月継続するのと引き換えに、就労による保護辞退届なんかを書かせたりするのだ。しかし、それで丸く収まる訳が無い。しばらくして金が無くなると、再び区役所に表れて「保護しろ、金が無い!」と大声を出し始める。

 私の経験に基いて言えば、生活保護の相談担当の職員が刺されるということ自体は、不思議なことではない。また起きてしまったのか、という思いが強い。職員は常に危険にさらされている。私も相談業務中に、同和団体や右翼団体を名乗る男に大声で恫喝されたり、鉄製の灰皿を投げつけられたことがある。相談者がナイフを持っていたことももちろんある。珍しいことじゃない。先ほど私が思いつきで書いたような、道徳的には許せないこれらのケースに対して、あたりまえの倫理観で立ち向かうだけでも、職員は今回のような危険な目に遭ってしまうのが実情だ。

 生活保護日本国憲法の第25条(生存権)では、健康で文化的な最低限度の生活を全ての国民に保障している。生活保護法はまさに憲法25条に基づく制度であって、法の趣旨は崇高なものである。「最低限度の生活」については、厚生省が定めた積算基準で必要な生活費が計算され、現金で支給される。最低限度の生活をしていなければ理由の如何を問わずに保護の対象になる。これは、戦前の生活保護法に相当する救護法が29条で制限をつけていたことで運用上の問題があった反省などの経験に基いているのだが詳細は省く。

 話が冗長になったが、生活保護法は昭和25年に成立し、すでに50年あまりが経過した。戦後まもない、まだ日本が高度成長を迎える前にできたものだ。今、日本は経済的に豊になり、当時の生活レベルと現在の生活レベルは雲泥の差がある。価値観も変わっている。扶養義務に係る規定など現実に合わないことも多い。バブル崩壊後は、低所得者層の所得が伸び悩む中で、保護世帯のほうが物質的に豊かに生活できるような逆転現象も起こってしまった。厚生省は、高齢者加算や母子加算の見直しなど、ようやく小手先の対応は始めたところだ。現実には抜本的な法改正が必要な段階に来ているのだが、そこまで踏み込もうとはしない。いや、わかっていてもできない。何故なら、生活保護制度がすでに既得権益と化し、福祉を掲げる政党の支持基盤を構成するようになってしまっているからである。生活保護の相談をするのに、○○先生の紹介で来たといって窓口にくる相談者は多い。大人気ない私は「は?誰ですかその人」と知っていてもとぼけていたのだが。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

万年青

 会社帰りに新宿から小田急線に乗り、座間へ向かう。駅を降りると丹沢山系の方に夕陽が沈むところで、茜色の空が綺麗だった。西口から降りて、坂道を下り、徒歩10分程。座間警察署そばの万年青(おもと)で和風らーめん(600円)の夕食。非常にやさしい味わいのらーめんで、食べている時は物足りなさを感じるくらいだが、食べ終わってからまた食べたいと思う感じ。
 ここから家までたどり着くには2時間くらいかかる。文教堂があったので、電車で読む本を買うことにする。
「反日韓国」に未来はない 呉 善花
サッカーがやってきた―ザスパ草津という実験 辻谷 秋人
 呉善花氏の著作を読むのは初めて。タイトルは過激だが、内容は極めて冷静で品のある文章。普段、朝鮮日報や中央日報などを読んでいて感じる違和感に対する答えを明快に示してくれた。
 帰宅後、宅配便で届いていたディスプレイを新マシンに接続。速い。めちゃくちゃ速い。今までWebサイト閲覧ですら、マシンの性能がボトルネックになっていたことに気づく。想像を超える快適さ。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

May 19, 2005

レジ袋、東京都推奨炭カル入り袋

 今日は、新宿の小田急ハルクの地下で惣菜を買ってから帰宅。缶チューハイを開けて夕食。
 
 さて、うんざりした記事を一つ。読売新聞の無料レジ袋の禁止案、ゴミ減量で環境省検討の記事について。私は無料ごみ袋の禁止自体はどうでも良い。問題としてはたいしたことじゃない。しかし、ツッコミを一つ。記事では以下のような記述がある。

京都市の調査(2003年度)では、家庭から出るプラスチック系ごみの15%がレジ袋だった。

15%がレジ袋?アホか?。いや、記者がニュース性を高めるために意図的に抜いたんだろうな。「かさ」の15%ってことを。レジ袋は見た目に目立つので無駄使いの象徴として取り上げられることが多いが、真剣に資源節約を考えるなら、かさでは無く、重さ(質量)で見るべきである。素直な読者は、レジ袋を節約すれば、ごみになる石油資源の15%が節約できると思いこみそうで嫌だ。

 さて、ついでに本当に無駄なものについて。東京都推奨(現在は23区推奨)の炭カルごみ袋は本当に無駄である。詳細はレジ/ごみ袋情報局やごみ袋ニュースの記事「徹底検証炭酸カルシウム入りごみ袋」にまとめられている。要は、焼却炉を傷めないように、カロリーを抑える炭カルごみ袋を導入したのが東京都の言い分であったが、カロリーが抑えられるかどうかの検証は不十分だし、そもそも炉が高性能になった現在では必要が無いということだ。しかも、以前の黒色ごみ袋は雑プラのリサイクル先であったのに、それが使えなくなってリサイクルの行き先がなくなった、という指摘もある。
 私も一つ付け加えておく。現在の23区の清掃工場ではごみのカロリーが低くて困っている。カロリーが低いと、燃焼温度が下がり、ダイオキシンを減らすのに支障が出てしまう。さらに、熱供給を行っている地域では十分なエネルギーを供給することすら難しくなっている。炭カル入りごみ袋を使用することにはなんの合理性もない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 18, 2005

朝食みたいな夕食

 真っ直ぐ帰宅し、納豆と玉子と冷奴の夕食。朝食みたいだ。
 サクラ大戦3を第7話まで終える。さくらとすみれとアイリスが出てきて懐かしい。個人的にはすみれが好み。プライドが高いけど実は女性らしい弱さもある・・・ってキャラ的には王道か。まあ、その判りやすさがサクラ大戦の魅力でもあるが。現実とはかけ離れた世界観がゲームの魅力。勧善懲悪、善悪二元論の単純な世界。因果応報。ハッピーエンドの結末。
 そう言えば、裏モノJAPAN読まなくなったなぁ。生活保護の仕事に関わっていた頃は、まさに本そのまんまの話に接することが多くて参考にもなるし楽しく読んでいたんだけど、今ではとても読む気にならない。醜い現実の話(中国韓国、)に接する機会が多すぎて、耐性が壊れてしまったのかもしれない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 17, 2005

メモリースティック

 今日もヨドバシ錦糸町店で買物。IEEE1394ケーブルとエアクリーナー、DVD-RAM(3枚)、DVD-R(20枚)を購入。決済は全てポイント使用。ポイントが10%以下の商品に対してのみプラズマテレビで貯まったポイントを使用する、という行動が最も経済合理性が高い。
 テルミナの地下で昨日食指が動いた焼き鳥とタイ惣菜を購入。買物中のロシア人女性に遭遇。職住接近の生活をしているのだろうか。
 帰宅すると、ドスパラで買ったマシンの配達不在票が届いていた。一方、昨日慌てて注文したアイ・オー・データのディスプレイはまだ発送されていない。今使っているVAIOのL320が専用ディスプレイというSONYの罠にはまっているため、代替が利かない。独自仕様はSONYの悪いクセだった。もっとも、最近の業績不振のせいか、柔軟性も散見されるようになってきた。次世代プレステ3はSDカードスロットを装備するとか。これなら買いだと思う。一方でPSP(プレイステーション・ポータブル)はメモリースティックしか使えない。SDが使えたら即買いなのだが…。いい加減、メモリースティックを諦めて欲しいと思うこの頃。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 16, 2005

資金計画

 母は今朝札幌に帰った。見送りはせずに通常通り出勤。
 会社帰りに、錦糸町のヨドバシでケーブル購入。テルミナのB1で食材を購入し自炊。デンマークポークのキムチ炒め用が安かったので買ってしまったが、脂が多くヘルシーじゃ無かった。脂の少ない肉を買って、別途キムチと加えるべきだったと反省。
 夕方、ドスパラから発送の案内が届いた。金曜の夜中に注文したばかりなので、実質2日で発送だ。早い!。慌ててディスプレイを注文する。ビックカメラの通販でテレビチューナー付き17型SXGA液晶(ブラック)LCD-TV174CBRを49,800円(ポイント18%)で購入。プレステ2をつなげる可能性があるので、外部ビデオ入力端子付きのモデルにした。17インチにしたのは安いから。何年かしてUXGAの値段がこなれて乗り換える時には、寝室用のテレビにもできるし。
 この2ヶ月くらいの間、買物ばかりしていていい加減疲れた。家具と家電、パソコンだけで250万円ほど買った。今回購入品のライフサイクルを考えて資金計画を立てるべきかもしれない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 15, 2005

ベッラナポリ

 朝、母が自宅に来てから、しばらくテレビを見てのんびりする。NHKのドキュメント番組で中国の青年歌謡コンテストを取り上げていたのだが、四川省代表のチベット族の三人姉妹の歌が面白くて大ウケ。「ヒ〜マ〜ラ〜ヤ〜山(シャ〜ン)。・・・共産党が来てみんな豊かになった〜♪」(有り得ねえ。みんな殺された〜♪の間違いだろ・・とツッコミたくなる)。政治や歴史には疎い母もさすがに可笑しがっていた。
 尾花には開店前に行って並ばなければと11時前に出発の準備。念のため電話してみると、なんと9日から今日まで休みだった。急遽、行き先を六本木ヒルズに変更。去年、民事再生手続きをして話題になったソーホーズ経営の南翔饅頭店で昼食。一昨年、上海の豫園の本店に行った時に食べた蟹のスープ入り饅頭が食べたかったのだが、東京のメニューには存在せずがっかりする。3人なので、コースではなく、アラカルトで一通り注文し、マンゴープリン、杏仁豆腐のデザートも注文。会計は約1万円と上海の5倍くらいしたが、美味しかった。でも、次回行くのは上海の本店にしようと思う。
 六本木ヒルズで買物した後、銀座へ移動。地方のアンテナショップ巡りをする。最後に、沖縄のわしたショップに来たところで猛烈な夕立に見舞われた。
 夕食は、高橋のベッラナポリ。母がピザが食べたいというので初めて行ったのだが、メチャうまだった。石釜で焼いたピザはたくさん食べても胃にもたれなくて美味しい。去年母を連れていったミラノの有名店よりずっと美味しいということで一致した。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 14, 2005

大多福

 午前中は母を連れて錦糸町へ行き、別行動で買物。昼食はブも合流し、本所の「ら・めん風」でらあめん(630円)。午後は浅草寺と合羽橋道具街観光。母は初めて。私は何度も来ているが、それなりに面白い。調理雑貨をいくつか購入。サンプルの店は見ているだけでヨダレが出そうなくらいでとても面白いが、それなりに高いので買えない。というか、良く考えると買っても使い道がないので買わない。
 夕方、帰宅してプラズマテレビとホームシアターセットの配送を待つ。予定の時間より1時間ほど送れて到着。37型のプラズマテレビ、店頭で見るとあまり大きくないが、部屋に置くとデカイ。テレビボードが邪魔で、配線に苦労する。しかも、光ケーブルやD端子ケーブルが付属していなかった。ユーザの利便性よりも店頭のコスト競争を重視しなければならないのだろう。
 19時半過ぎに、タクシーで千束の大多福におでんを食べに行く。久しぶりに来たが、やはり良い店。表通りから見る店構えも良いし、店内も活気がある。老舗ならではの雰囲気にはエンターテイメント性があり、ドキドキ感がある。おでんの種類も多く、選ぶ楽しさもある。母も満足した様子だった。
 せっかくなので、下町の老舗つながりで、明日は南千住の尾花にうなぎを食べに行くことにした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 13, 2005

吉田かばん

 来週の土曜出勤の振替えで休む。錦糸町へ買物に行く。リヴインの地下で冷凍食品半額セールに遭遇し、3000円分の冷凍食品をまとめ買い。荷物が多くて一度帰宅。
 再度錦糸町へ。丸井のかばん売り場で吉田かばん(PORTER SMOKYのフラップショルダー)を購入。引越しの時に、それまで使っていた台中駅裏のショッピングセンターで買った吉田かばんを捨ててしまったので新しいのが欲しかった。しかし、今にして思えば、あのかばんは贋物だったような気がする。本物が5000円くらいで買えるはずが無い。
 夕方、上京した母を浜松町まで迎えに行く。一幕見席のチケットを買うのに良い時間だったので歌舞伎座に寄るが、行列が長すぎて諦める。勘三郎襲名公演だから仕方ない。
 ホテルにチェックイン後、自宅でくつろぐ。20時頃、夕食に山利喜へ行くが、行列が長かったので諦め、みの家で桜鍋を食べた。刺身も食べたがこれが非常に旨い。1800円するだけあって、安い居酒屋のものとは全然違う。満足して帰宅。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 12, 2005

粗大ごみ収集

 昼食はカゴメデリのミートソーススパゲティ。昼休み前にどらやきを食べたのでカロリーを押さえた。
 夕食は丸ビルのグリル満点星でハンバーグステーキ。帰宅後、ネットで粗大ごみの申し込み。離脱してしまった区も多いが、使える。
 先日、申し込んだのに取りに来てくれないということもあったが、電話で問い合わせたところ、すぐにとりにきてくれた。清掃事務所の対応が迅速で良い。清掃事業が都から区に移管して4年。移管した成果を示したいという意気込みを感じる。しかし、実は移管したなんて気づいていない人が多いような気が。マンションのごみ置場に貼られている管理会社が作った説明書きにも「清掃局」なんて書いてあるし。そもそも23区の清掃工場を運営しているのが東京二十三区清掃一部事務組合という組織だなんてどのくらいの人が知っているのだろうか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 11, 2005

かわいそうな鯨

 東京湾にやってきた鯨が定置網にかかって死んでしまったらしい。成仏できるように、無駄にせず食べてあげたいけど、注目を浴びすぎた鯨なので難しいかな。漁村の人たちも、通常であれば迷わず食っているのではないかと思うんだけど、今回は困るだろうね。食べたらプロ動物マニアに攻撃されそうだし、そのままだと腐ってしまうし、海に流せば海洋汚染。火葬するには大きすぎるし、環境破壊につながる。肉はとても燃えにくいから、燃やすには莫大な石油が必要になる。たとえ、東京まで運んで、東洋一の規模を誇る新江東清掃工場の600トン規模の焼却炉で焼いても生焼けじゃないかな。
 15年ほど前、南伊豆のスーパーに行って鮮魚コーナーを見たら、パック詰めされたイルカが売っていた。米英の動物保護マニアがいくら騒いでも、日本の伝統の食文化はそう簡単に滅ぼされたりしない、と嬉しくなったのを覚えている。同様の文脈で、韓国人が補身湯(犬肉料理)を食べ続けるのは好ましいことだと思っている。もちろん、自分が食べるかどうかというのは別なんだけど。
 話は戻るけど、鯨を追い立てる朝日新聞のヘリが話題になっている。鯨という動物の性質上、ヘリの爆音のためにパニックになり、定置網に突っ込んだということは十分に考えられると思う。ひどい話かも。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 10, 2005

福耳

 会社が終わってから、東横線で白楽へ。この街の、六角橋までつづく商店街の風景を気に入っている。駅前のドラッグストアで詰め替えのダヴボディソープが312円と安売りしていたので、2つ買う。六角橋1丁目のらーめん福耳でらーめん(580円)の夕食。スープは、粘性は無いものの濃厚で、アサリを含んだの魚介系ダシの独特な風味が面白い。麺は細いちぢれ麺で、コシの無いタイプ。メンマがざっくり感があってとても好き。チャーシューは大きめで食べ応え有り。葱の油漬のような具があったが、これは余計か。値段以上の中身で、満足した。
 帰り途、渋谷で途中下車。パルコパート2の地下にあるJ.の閉店セールに行く。1年ほど前から買おうと思っていたダストボックス(3900円)が目当て。40%OFFの札がついていたが、買おうと思っていたものの色違いしか残っていなかった。店員に確認したが在庫が無く、諦める。
 続いて、渋谷の西武地下のザ・ガーデン自由が丘に寄る。永田農法で育てたトマトを食べてみたかったからなのだが、閉店時間近くだったためかこちらも売りきれ。仕方なく、東急東横店地下のFoodshowに行く。焼鯖寿司(1050円)が売っていたので、明日の朝ごはん用に購入。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 09, 2005

女性専用車両

 今日から半蔵門線で女性専用車両が導入された。私にとっては迷惑このうえない。なんせ、今まで乗っていた車両が突如乗れなくなったのだから。改札から近く、乗り換えエスカレータからも一番近い、渋谷方面の最後尾車両が。もともと全然混んでいないので痴漢なんかいる訳がない電車だったのだが、東京メトロに生贄にされてしまった。その結果、女性専用車両は立っている人が数名のガラ空き。隣りの車両は人と接触はしないものの、混雑して空気が悪い。仕方なく隣りの隣りの車両まで行くが、その結果、大手町で乗りかえる丸の内線が1本遅れることになった。これから毎日だ。
 はっきり言おう。警視庁の幹部クラスの人間よ、自分たちはハイヤー送り迎えで通勤電車に乗らないからって、鉄道会社に圧力かけてくだらないことさせるな!!

 痴漢対策という大義名分があるために、反対したりすると「お前は痴漢やりたいんだろう」などと袋叩きに合いそうで積極的には批判にくい雰囲気になってしまうが、今回の導入された理由は実にくだらないと思う。警視庁の幹部連中は、痴漢対策のために女性専用車両を導入したのではない。痴漢対策をしているという言い訳をするためにやっているだけでしょう。
 本当に痴漢対策として女性専用車両を導入するのであれば、そのコスト・ベネフィット分析をきちんとやるべき。乗車率がどのくらいの車両に対して、導入するべきなのか。それにより、他の車両の混雑はどうなるのか。その結果、痴漢はどのくらい減るのか。今回の導入は計画もなければ目標も無い。警視庁のほうは、言い訳が目的であって、結果なんかどうでも良いからだ。なまじ、目標を数値化してしまったら、達成されなかった時に責任問題になってしまうからね。
 鉄道会社のほうもそれは判っていること。警視庁がいうから仕方なく付き合っているだけ。だいたい、埼京線上りや田園都市線上りで痴漢をなくすつもりなら、女性専用車両が一両で足りる訳がない。乗りきらないでしょ。きっと、導入が決まったとき、労働組合からは、ホームの誘導やトラブル対応はどうするんだ、という声があがったでしょう。経営側は、直営ではやらない、警備会社に委託する、と言ったに違い有りません。かくして、今日からホームにはどこの警備会社か知りませんが、「女性専用車両」なる立て札をもった警備員が立つことになりました。警備の都合上、専用車両は先頭か最後尾かどっちらかです。利用者の利便性なんか考慮しません。めでたしめでたし。

 しかしね、キオスクで「あいさつがわりのDキスから始まって、ぷるるんオッパイも〜みもみ攻撃。スカートもちょっとHに乱れちゃって。ノーチップ制※料金45分 5500円」みたいな広告やポルノ小説連載している日刊ゲ×ダイ売ったり、「ワイセツ保存版杉×彩 緊縛全裸 スゲェ〜」「袋とじ3連発 萌え喫茶遊び エッチ劇場」なんて見出しのア×ヒ芸能の吊り広告晒していることのほうがよほど問題ではないか?。週間プ×イボーイやSabraの広告で熊×曜子や根×はるみなんかの水着グラビアをみると私でも素直に「ええのー」と思ってしまうのだが、満員電車であの広告の痴漢寄与度なんかはどうなんだろうか。
 それはともかく、小学生や中学生が通学で使っている電車の車内は、こんなんでいっぱいであることに平気な神経していることのほうに問題意識を持たないでいることが恐ろしいニダ。韓国人に日本が低俗で卑しい国とバカにされるのは腹が立つが、この件に関しては的を射ているので仕方ないかもな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 08, 2005

被害者報道

 朝食は昨日東陽町のイースト21のアピタで買った稲庭うどん。去年九州旅行の時に買った中津江村産の柚子胡椒が意外と合う。
 午後、マンションの下のカフェで買ってきた焼き立てのクロワッサンとエスプレッソの昼食。久しぶりにエスプレッソメーカーで作る。旨い。
 16時までテレビでサッカーを見てから、有明の大塚家具へ行き、ダイニングテーブルと椅子、ペンダントランプ(ハロゲン球3つ)を購入。帰りに、木場のイトーヨーカ堂で洗濯機置場用のラックを購入。
 帰宅後、NHKBS1で大分vs川崎の試合を観戦しながらラックを組み立てる。途中、1時間毎に放映しているBSニュース50を2回見る羽目に。トップニュースがJR西日本社員のゴルフと宴会。NHKを筆頭にマスゴミは脳死しているとしか言いようが無い。なんの公共性も無い報道にうんざり。来週プラズマテレビが来てデジタル放送を受信しても、絶対に受信料は払わないと誓う。民放は広告費もらうために番組作っているのだからいいとしても、受信料取っているNHKがこんな報道しているのでは存在価値は無い。

 そのBSニュースのヘッドラインの3つ目は仙台の19歳のフリータの女の子が23歳のフリータの男に殺された話。加害者の顔写真は出ないのに被害者の顔写真を晒すという報道に怒りがこみ上げる。殺されただけでも遺族にとってはひどい話なのに、実名で顔写真も流され、新宿でナンパされて着いて行くなんて殺されても当然、というニュアンスを含んだ最低の報道。青森の遺族は、(…しらない男についてホテルに行くなんて自業自得…)なんて陰口を叩かれることを意識しながら過ごさなくてはならないのだろう。NHKのせいで。
 率直に言って、夜の新宿でナンパしてホテルに行くなり、男について行くなんて話は良くある話。若気の至りでしかたないでしょ。それが、貞操なり道徳的にどうかという話と殺人は全く別のレベル。・・・なんだけど判らない人多いだろうなぁ。はぁ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 07, 2005

J2第11節 山形vs札幌

 故あって、ネットで注文したプラズマテレビとホームシアターをキャンセル。別途セットで注文しなおした。結果として、テレビスタンド(TY-ST42PX500)が2台になってしまった。テレビが1台なのにスタンドが2台あってもしょうがないので、ヤフオクで売ろうと思う。ごみになると資源の無駄なので、送料が回収できればそれで良い。
 注文しなおしたのは、期間限定キャンペーンでセットで買ったほうが得なことを発見したため。総額57,000円ほど浮いた。Y石君の2ヶ月分の小遣いだ。大きい。しかし、ビエラ(PX500)が発売してから1週間になるが、価格の変動が激しい。ネットのおかげで、家電のような商品は、完全競争に近い状態が生じてしまう。そこで勝負を決めるのは価格だ。それ以外の要素、店頭であれば販売員の説明能力とか、の影響力は限りなくゼロになってしまう。しかし、完全競争は利潤の低下をもたらし、寡占、独占・・・とまでは実際にはならずに、いろいろな思惑で価格が踊り、とりあえず落ち着くところに落ち着くようだ。短期的には、昨日が値段の底で、今日はまた上昇していた。

 14時からスカパーでJ2 11節山形vs札幌を観戦。今節で対戦が一巡するが、2位以下は団子状態なので、札幌も今日勝てば、十分昇格を狙える位置に上がれる。前節勝利しただけに期待も高まる。前半、立ちあがりから札幌ペースで試合が進み、これはイケルかも、と思っていたら、曽田のファールで与えた結構距離のあるフリーキックを本橋に決められてしまう。それでも、流れは札幌のまま。しかし、再三のチャンスにも決められず前半が終わる。後半も札幌ペースで、そのうち得点しそう、と思いながら見ていると、再びセットプレーから山形に追加点。こうなると、山形にも余裕ができてしまい、逆に山形ペース。もう勝てない試合内容になり、終わってみれば3-0の完敗。かなりがっかり。
 夕方、東陽町のアピタへ行き、キッチンマットと傘立てとスリッパを購入。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

May 06, 2005

花粉症に関する石原発言

 東京都公式ホームページには知事の部屋というコーナーがある。なんだかんだいって石原フリークである私はこまめにチェックしているのだが、今日は、花粉症に関する発言の紹介。
 花粉症とは無縁だった石原都知事は、1月21日の定例記者会見で、次のような発言をしていた。

 昔から、太古の昔から、杉山から相変わらず杉が飛んできたんだ、花粉は。だから、やっぱり文明が進むと、いろんな悪い要因が重なってきて、僕は複合汚染だと思いますよ。だから、都としてはディーゼルエンジン規制もしたしね。

 以前から花粉症は人災であると考えている私には文明論を持ち出すのんきな認識に腹が立ったのだが・・・。
 その後、3月24日の定例記者会見で、花粉症になったことをカミングアウト。

 【知事】風邪引いたと思ったらね、どうもこれ、花粉症らしいんだ、私、生まれて初めて。うちの長男はね、「何か苦しんでいて、ようこそお父さん、よくおいでになりました」って言われちゃったんで。どうも、何だ、この時期外れにね。

 そして、4月22日の定例記者会見では、次のような発言をしていた。

 【知事】花粉症で非常に調子悪くて機嫌悪いから、つまらぬ質問せんでくれ。
(中略)
 【知事】そんなことないよ。それは生まれて初めて花粉症になったから。政府の怠慢を私はあえて声を上げて断じたいね。あれだけの人間がマスクし、マスクしない人間も苦しんでいるのに、花粉の対策を林野庁の仕事として、林業として対策してこなかったというのは、やっぱり田舎から来る代議士が多いから、東京の実情がわからないかもしれないけれども、国の責任というのは重大ですな。これ、来年から純ちゃん(小泉純一郎 内閣総理大臣)が本気で花粉症対策しなかったら、打倒小泉内閣だな。(笑)

 人は、その人の身になって考えなければ理解できないことが多くあるもの。石原知事には、花粉症に対する偏見があったんだろう、と思う。1月21日の会見で、文明論的なことを言っているのがその証。でも、花粉症はそんなものじゃない。石原知事のような精神的にも肉体的にも鍛えられたような人間でも罹ることを体験して、ようやくその考えをあらためることができた様子。この体験を忘れずに、林野庁へ本気で圧力かけてね。これ以上、製薬会社を儲けさせる必要は無い。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

May 05, 2005

祝日出勤

 今日は祝日の当番出勤だったが、とくにトラブルも無く平和裏に終わる。いつもと同じ。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

May 04, 2005

J2第10節 札幌vs横浜FC

 夜中に、2.1chのホームシアターシステム(SC-HT06)をネットで購入する。
 午前中に、プラズマテレビ用のスタンドが配達される。箱がでかいので早速開梱して、組み立てる。テレビが届くのが楽しみ。
 14時からスカパーでJ2の札幌vs横浜FCの試合をテレビ観戦。前半26分、曽田がインターセプトからそのままドリブルで持ちあがり、右サイドの砂川へ。折り返しのこぼれ玉をボレーで叩いて先制。きれいなゴールで興奮。しかもソダン!!。高校の後輩にあたり、入団時から注目して応援している選手なのでとくに嬉しい。試合はそのまま1-0のスコアで終了。前節の徳島戦のことがあるので最後まで気が気ではなかったが、ほっとした。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

May 03, 2005

D端子ケーブル

 今日は先月大塚家具で注文したローマンシェードとソファが届く日なので朝から部屋の片付け。15年前のヨーロッパ旅行の記録のファイリングなんかもする。昨日悩んだプラズマテレビ購入のため、再度ネットをチェック。すると、ビックカメラのサイトでは、PX500の37型に限って、ポイントが20%還元に変わっていた。一晩にして40,000円近い値下げということになる。信用できるサイトでは一番安いので、即購入。ただし、据え置きスタンドが完売だったので、これはヨドバシのネットで19,800円で購入。
 午前中にローマンシェードは取り付け完了。午後にソファが到着。居心地が良くなる。夕方、錦糸町に出て、ヨドバシでPS2用のD端子付きケーブルと、S端子ケーブルを2本購入。映像環境改善を思いつく。プラズマが届いたら、同梱品をチェックして、さらにD端子ケーブルを追加するだろう。丸井に寄って、吉田かばん見てから、クイーンズ伊勢丹に寄って食材の調達。夕食は面倒なので、ビビンバ丼やら鮨やらを購入。美味しそうな羊肉があったので、明日のために買う。
 帰宅後、D端子ケーブルの映像の鮮明さを実感しつつ、ウイニングイレブン8ACのエディット作業。こういう細かい字を見る作業では、差が顕著。水戸ホーリホックまで終了。夕食後、サクラ大戦3を久しぶりにやって、5話まで終わる。北大路花火が隊員になった。気がつくと午前1時なので就寝。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 02, 2005

薄型テレビ

 連休の狭間の出勤日。結構、人が出ている。仕事はあまり無い。午後になって、蕁麻疹が出る。昨日、帰国便に乗った時からなんか調子がおかしかった。西安でなんか悪いものでも食べたかも。病院に電話すると平常通り診療していたので、1時間早退して行く。とりあえず、薬をくれた。連休中に症状が悪くなったら困るので、ステロイド系の薬も追加。酒は厳禁とされたが、症状はたいしたことなさそう。
 有楽町のビックカメラで薄型テレビをチェック。現状の本命は今月1日に発売された松下のVIERAPX500の37型のプラズマ。薄型テレビにも液晶、プラズマ、リアプロなどいろいろあるが、すでにあるDIGA(E250V)との相性とSDカード録画を考慮して、VIERAの最新機種に限定し、主な用途がサッカー観戦と映画鑑賞なのでプラズマに。大画面液晶は残像が残り、サッカーだと見るに耐えない画質なので却下。消費電力についても、松下の最新機種であれば液晶と遜色ない。
 店頭価格は398,000円。ポイント10%。納期は2日とのこと。その場での購入にぐっと気持ちが揺れるが、我慢して、錦糸町のヨドバシカメラへ移動。ここでも有楽町のビックと同条件。しかし、テレビスタンドが23,000円の表示。ビックだと19,800円だったような気もする。悩んでから結局帰宅してネットで情報収集。ネットでもビック、ヨドバシとも店頭と価格は同じ。ただし、クレジットカードで買ってもポイントが2%減らないので、40万円の買物だと8,000円得になる。納期が不明。悩んで寝る。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« April 2005 | Main | June 2005 »