« 三栄町の定食屋 | Main | ジンガロ »

Apr 23, 2005

L・リーグ第3節 ベレーザvsマリーゼ

 午前中は部屋の片付け。ベッドの下の収納スペースにダンボールに整理した荷物を仕舞う。床面積が広くなったので、掃除機をかけるのにも時間がかかる。
 13時からスカパーでJ2札幌vs福岡を観戦。ロスタイムに中山元気の移籍後初ゴールで同点に追いつく。試合展開としては最後に追いついて嬉しいが、場内アナウンスで、観客数が10,000人切っていたのがショック。15時から引き続きスカパーで東京ヴェルディと新潟の試合を観戦。
 18時から外出。青山一丁目の麺屋武蔵で腹ごしらえをしてから、国立競技場でベレーザvsマリーゼの試合を観に行く。代々木門付近の入口から入ったら、マリーゼ側応援席だった。マリーゼのサポーター軍団が大勢いてびっくり。新調されたふうな旗がたくさんあって、応援もちゃんと揃っている。福島から来たのか、それとも東京電力社員の動員力なのか。周りの席には東京電力の関係者ぽい人が大勢いた。
 試合は前半17分にセットプレーの流れから川上のクロスを澤がきれいにボレーで決めて先制。素晴らしいゴールにマリーゼの応援席からもため息がもれる。マリーゼは早めに裏のスペースへボールを入れて丸山桂里奈を使おうとするが、四方や須藤にしっかりと押さえられ、攻め手が無かった。後ろの席の方から、「マリーゼ〜!!」とオバサンの甲高い絶叫がしばしば聞こえ、怖い。気になるが、怖過ぎて振りむけなかった。
 後半はベレーザ側の席へ移動。こちらの方が客層が若く、きれいなお姉さんもいていい感じ。65分に澤のスルーパスから大野がファーサイドに確実に流し込んで2点目。マリーゼは殆どチャンスも無く、そのまま2-0で試合終了。得点差以上に力の差を感じる試合だった。あと、澤のプレイも良いのだが、私的には、荒川と弥生タンの復活を望む。2人がいないと物足りない。
 帰りに表参道の糖朝で、腸粉と茄子牛肉炒めをつまみに紹興酒を飲んで、豚肉団子粥でしめてから帰宅。サッカー三昧と美味しい食事の幸せな一日。
IMG_0002

|

« 三栄町の定食屋 | Main | ジンガロ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference L・リーグ第3節 ベレーザvsマリーゼ:

« 三栄町の定食屋 | Main | ジンガロ »