« February 2005 | Main | April 2005 »

Mar 31, 2005

中古都バスの売却(2)

 先日書いた中古都バスの売却については、相変わらず石原都知事を支持する人が多いようなので、せめての抵抗にもう少し書く。
 支持する人には大きく分けて2種類いる。1つ目は、中古の都バスを地方で走らせることは地方に公害を持っていくことで許されないと思っている人。2つ目は、石原都知事は日本全体に厳しい環境基準を普及させる大義のために戦っているので、目先の利益にとらわれるべきではないと考えている人。

 1つ目については、先日書いたように、「地方の環境負荷を減らす機会を奪うことになる」ということが理解できない方。
 ここに2台のバスがあります。1台はトウキョウさんから買った中古の8年経ったバスで、排ガスは少しです。もう1台は、これもやっぱり中古で買ったものですが、15年経ったバスです。もちろん、古い方が排ガスはたくさん出ます。バスは1台しか使いません。新車も欲しかったけど、50倍高いので買えませんでした。どちらを捨てたほうが環境に良いですか?。
 このくらい単純な話であれば15年経った古いバス、と回答してくれるだろうか。…な人につける薬はないのでこれ以上は書けないけど。

 2つ目については、少々やっかいだ。その主張は、「環境のためならいくらお金を使っても良い」という誤謬に基づいていることに気づいていない人が多いから。究極的には、国や地方の自治体が規制を強化するとともに補助金制度を充実させて全て新車になるのが理想と考えているようだ。
 それでは、今回の都バスだけで考えてみよう。もともと200台ほど売却する予定だったので、都の売却金額でいうと7000万円だけど、これを新車で買おうとすると、200台×1500万円=30億円かかる。とりあえず今回だけでも30億円を都が地方に援助してくれますか?しない?できないでしょ。

 でもそれ以前にもっと気づいて欲しいこともある。それは、「厳しい環境基準は絶対的に正しい」という誤謬。つまり、地方でも東京と同じ環境基準を適用すべきだ、という先入観。1日1万台通過する交差点の排ガス基準と、100台通過する交差点の基準は同じであるべき?そりゃ、そのためにかかる費用がゼロなら悩むことは無いさ。でも現実は違う。
 日本国内で登録されているバスとトラックはあわせて400万台ほど。そのうち、バスだけでも2001年の登録台数が21万台。全ての車に同じ基準を適用すると、必要なコストは億の単位を超えて兆単位になってしまう。世の中には新車が必要な場面もあれば中古車でいい場合もある。そもそも、東京と比べて交通量と密度が少ない地方で、そんなお金をかけて得るものって何?地方で誰か自動車公害で喘息にでもなっている?地方ではそんなことよりも別のことに使うお金が必要だよ。お金が無限にあるとでも思っている発想だってことに気づいていない、傲慢な主張をする人たちが余りにも多すぎ。

 結局のところ、石原都知事の主張は、一見すばらしい理想のように見えても、「防衛費を削減して福祉費にまわすべき」と言っていた20年ほど前の共産党や社会党の主張と同じレベル。あの頃とは、「環境」の変わりに「福祉」が金科玉条で、防衛費っていうのは、自分の財布とは関係無いお金の象徴だった。そして、日本国内以外のことは全く想定外なところも共通。
 まあ、都知事は変な銀行を作っちゃうくらいなので、国家による統制経済にシンパシーを感じるのかもしれないし、排ガス規制もその延長なのかも知れないけど。

 あと、誤解されないように言えば、大都市圏の排ガス規制強化にはもちろん賛成。山の手線内のロードプライシングをさっさとして欲しい。東京の今の交通量では、ディーゼル車じゃなくても十二分に耐え難い。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Mar 30, 2005

日本代表vsバーレーン代表

 今日は最終予選の第3戦だが、ディーガで録画予約をしてあるので、余裕をもって会社を出る。途中、水天宮前で下車し、松屋で豚焼肉定食の夕食。それから書店により、NHK教育テレビの語学テキストを買ってしまう。3年毎くらいに手を出す悪い癖。今年は、英語、フランス語、スペイン語、ロシア語、ドイツ語のテキストを購入。サハリンを旅してみたい、という欲求から初めてロシア語に手を出す。残りは、過去に何度か手を出しているので、やる気があれば5月くらいまで続くだろう。テキスト代だけで1767円かかり、勢いで買ってしまったことを反省。
 帰宅するとキックオフ時間が近づいていたが、職場の人がくれたキャバクラ情報誌「ポケパラ」につい見入ってしまう。キャバクラみたいなとこは、10年前くらいにススキノで立見と山口に連れられて一度行ったきりだけど。
 20時前くらいにやっと我に帰り、ディーガで追いかけ再生をする。こうすると、ハーフタイムを飛ばすことができる。ところが、ディーガの調子が変。録画と再生を同時にやるのは負荷がかかるのか、途中でコマ送りになったりする。前半5分程見たところでフリーズし、動き出したと思ったら何か違和感が・・・。ふと表示時間を見ると、38分になっていた。録画をすっ飛ばして、リアルな時間に追いついてしまった。0-0のスコアのままなのがせめてもの救いだが、損した気分。
 試合はオウンゴールで勝ったが、なんとなく微妙な気分。直後のテレ朝では、「日本代表快勝!」なんてテロップが踊っていたが、そんな訳ないだろ、と心の中で独りツッコミを入れた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Mar 29, 2005

やまちゃん

 夜は新宿のやまちゃんで飲み。名古屋発祥の居酒屋チェーンで、手羽先揚げが売り。小ぶりの手羽先がスパイシーに味付けされており、ビールに良く合う。他の名古屋メニューも充実しており、味噌カツやどて煮などを注文するとテーブルの上が茶色ばっかりになった。実は、昨年7月に名古屋食べ歩きをした際に、やまちゃんの金山南店に行ったことがあるのでそれ以来。今日一緒だったメンツも名古屋旅行経験がある名古屋好き。
 今日行ったのはやまちゃん西武新宿2号店なのだが、これが結構判りづらい場所にある。歌舞伎町のハイジアの西側にあるのだが、この路地の入口が昔平成女学院だったかの風俗店が入居していたビルで、そこからラブホテルばかり5軒ほど並んでいる奥に見せを構えている。なんとも微妙な場所で、親しくない女性とは行きにくそう。もっとも今回は野郎ばかりなのでなんの気兼ねもなかったのだが、ハイジアのあるこの辺りを歩くたびにほろ苦い若気の至りを思い出す。
05032901

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Mar 27, 2005

入居挨拶

 午後から中目黒のCLOVEへ行き、髪を切ってもらう。帰りに有楽町のビックカメラによりスピーカーケーブル(3m)を購入。無印良品で収納道具を買う。入居の挨拶回り用に、銀座のキルフェボンで焼き菓子の詰め合わせを4個買う。三越の地下で夕食の惣菜を買う。
 帰宅後、早速マンションの上下左右の部屋へ挨拶に行くも、下の階のみ在宅。品の良さそうな人でひと安心。
 スピーカーの接続が無事終了し、AVケーブルもファイルボックスに入れて、廊下の収納へしまった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Mar 25, 2005

中古都バスの売却

 馬鹿らしくてイヤになるが、溜めるとストレスになるので書く。もとはと言えば、石原都知事が八都県市でディーゼル規制を国の基準より厳しくした時に、大手運送会社が八都県市の基準に合わず使えなくなったトラックを他の地方に配置替えしたことを批判したことが根本的な間違いである。しかし、今回交通局が中古バスを地方の事業者に売却することに対して、新聞各紙が一斉に都知事の言動と矛盾していると批判したことから、下に引用したような結末となった。
 つまりは、中古バスの売却を中止するということだが、都知事のメンツが立つ以外はみんなが損する最低の愚行であり、都知事と、都知事の揚げ足をとって記事を書いた新聞記者と、その結果方針が覆ることになって嬉しそうにまた記事にした新聞記者とそれを読んで溜飲を下げたかもしれない無能読者にはウンザリする。
 都知事や新聞記者の発想は、「東京のおさがりを地方に押し付けるのは失礼であり、それは公害の地方移転である」という考え方であるが、その考え自体が傲慢であることに全く気がついていない。
 
 問題点は2つ。一つ目は、都知事や記者の浅知恵とは逆に、さらに環境に悪影響を及ぼすということ。もう一つは税金の無駄遣いであるということ。
 今回売却する予定だった都バスは八都県市の厳しい基準をクリアしないが、バス自体は比較的新しいものである。まだ使えるバスを廃車にすることは、マータイさん風に言えば「もったいない」ことになる。環境キーワードの3R(Reuse,Reduce,Recycle)のうち、もっとも負荷が少ないのはReuseである。そんでもって、地方では現在もっと古くて排ガス性能の悪いバスを使っているので、中古の都バスに置きかえることにより、従来よりも環境に良い結果になるはずだった。売却が中止される結果、地方では旧式のバスがそのまま走り続けることになり、地方の環境負荷を減らす機会を奪うことになる。
 無駄になるコストもバカにならない。都交通局の売却予定台数は200台程度だが、売却価格は1台43万円だった。これをスクラップにすると、トータルで7000万円の差損になる。 一方で、買う予定の地方の事業者も困る。路線バスは新車で購入すると1台1500万〜2000万円ほどかかる。都バスが手に入れば塗装や設備更新費用を考えても10分の1程度で済むはずだったのではないか。地方の事業者は新車を買うことが経済的に見合わないから中古を買うのであって、おさがりだと卑屈になっている訳ではない。

 こう書いてはみたけれど、交通局の担当とか、地方の事業者とか、実際地方に住んでバスを使っている人とか、わかっている人は判っているけど、世の中わからない人だらけなんだろうね。はぁ。

====以下、asahi.comからの引用=====
中古都営バスの地方売却 石原知事が一喝、中止

2005年03月25日02時00分

首都圏のディーゼル車規制などで東京都内を走行できなくなる中古の都営バス239台を、地方に売却する都交通局の計画に、石原慎太郎知事が24日ストップをかけた。これまで「運送会社は東京で引っかかる車を地方で使っている」と批判してきたこともあり、「メンツの問題。絶対に許さない」。交通局は同日、急きょ売却案を引っ込めた。すでに48台は売却契約済みだが、「白紙に戻せるかどうか、相手方と相談する」という。

 売却予定だった239台は、試験データ偽造が明らかになった三井物産製の粒子状物質除去装置(DPF)が装着されていた。DPFをはずした後、規制が厳しくない地方のバス会社に売却することにしていた。

 一方、石原知事は、大手運送会社が首都圏のディーゼル車規制に適合しない車を地方で使っていると再三発言してきた。24日の定例会見では「地方売却は知らなかった。各局がやっていることの理解がほかの局に足りない」と、都政の縦割りぶりを切り捨てた。

 交通局によると、地方ではもっと古いバスも走っている。「中古でも環境は今より改善されるはずだ」というが、知事の一声で方針転換した。

| | Comments (1) | TrackBack (1)

Mar 24, 2005

ハブ

 新居でインターネット接続環境復旧。でも、ブに部屋のレイアウト任せていたら、LANの口の反対側にPC机を置かれてしまい、ケーブルが届かなかった。それで、昔買ったハブを取り出して、ケーブルを2本つなげている状態。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Mar 23, 2005

引越前夜

 午前中の勤務を終えてから早退し、新居へ。ブが午前中に引渡しを終了しており、ガスの開栓立会いと軽い掃除を行う。夕方自宅に戻り昼寝してから荷造り再開。夕食は吉野家の豚丼弁当大盛。これからパソコンも箱詰めする。明日中に新居でインターネット接続環境が復活するだろうか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Mar 22, 2005

どんぐりを植えよう

 昼:ほか弁ののり弁当(280円)+トマトジュース(157円)。夜:とんかつあらいで盛り合わせ(950円)。
 花粉症がひどいので外食する気になれず、昼はほか弁。午後から雨が降って帰りは助かった。

 花粉症対策についてはいろいろ意見があるようだが、私は杉の伐採を強く望む。製薬会社が儲かるからといって、対処療法するのはムダ。花粉症じゃない人間は、経済効果が3000億円で労働損失は500億とか勝手なことを言っているが、製薬会社の提灯記事を書くのは止めなさい。
 花粉症は大気汚染との複合汚染だとかいう人もいるが、だからどうした?。杉ばっか植林した結果が花粉増大の原因であって、大気汚染がなくなっても杉花粉は減らないだろう。大気汚染がもっとひどい中国、メキシコ、タイで花粉症があるのかね?
 京都議定書的にも杉の伐採は有効ではないか?杉の木のチップを原料に発電でもすればいい。伐採したあとにはどんぐりでも植えればいいだろう。バイオマスはカーボンニュートラルだし、杉のような針葉樹よりも、広葉樹であるどんぐりのほうが二酸化炭素の固定にはよっぽど役立つに違いない。・・・などと考えてみる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Mar 21, 2005

荷造りな日

 10時起床。朝食後、荷造り。14時頃在庫整理でパスタの昼食後、荷造り。19時半頃、在庫整理のごはん、さんま明太、納豆、インスタントみそ汁の夕食。就寝まで荷造り・・・。
 荷造りのしすぎで筋肉痛になった。CSチューナーの取り外しが結構面倒。取り付けがさらに面倒なことを思うとうんざり。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Mar 20, 2005

焼魚さば定食

 ブが404便でロンドンから帰国。自宅についたのが21時前。アクアシティの大戸屋に夕食を食べに行く。帰りに、2Fのスタバで浦安に住んでいるK崎さんとばったり出くわす。帰宅後、荷造りを開始。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Mar 19, 2005

J2第3節 ザスパ草津vsコンサドーレ札幌

 当番のため土曜出勤。年度末のせいか他に3人ほど出社した。なんのトラブルもなく17時15分を迎える。
 今日も夕食は汐留住友ビル。若鯱家という名古屋料理の店で食べようと思ったが、料理が出るまでの間の暇つぶしが無いことに気づき、地下にあるリブロ汐留パート?U店へ。30分ほど迷った後、日本式サッカー革命―決断しない国の過去・現在・未来を購入。暇つぶし程度のはずだったのにハードカバーを買ってしまった。柏の「ブリーフ隊」の写真が掲載されていたのが購入動機。
 夕食はサービス定食とやらで、カレーうどんとかつ煮のセットだったが、あんまりうまくなかった。かつ煮は味が濃すぎ。うどんは個性なさすぎ。
 帰宅後、録画しておいたコンサドーレ札幌vsザスパ草津を観る。強風の吹き荒れる中、前半風上を選択したにもかかわらずあっさりと先制点を奪われた時はどうしようかと思ったが、前半のうちに池内のゴールと砂川の素晴らしいオーバーヘッドで逆転し、後半も堀井の2ゴールで4−1の勝利。今シーズン初勝利にとりあえずほっとしたが、0−3、0−3で2連敗していた草津に、4−1での勝利って微妙な感じ。それと、曽田が出ていないのが寂しい。
 ナビスコ杯の結果も知りたくて、NHKのサタデースポーツをみたら、日本代表イラン戦展望とかいって井原正巳を呼んでおいたりしながら、ナビスコ杯については触れずに終わった。はぁ。ナビスコの放映権をフジテレビが買っていることについてのあてつけか?。役に立たない公共放送。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Mar 18, 2005

夢民

 花粉症がひどい。薬が効かなくなってきた。鼻がつまって息苦しい。
 今日の夕食は汐留住友ビルの2階の夢民(むーみん)。高田馬場の本店はわりと有名店。あと一週間で汐留が通勤経路から外れてしまうので、その前に行ってみた。みた目はあまり旨そうじゃなくて、キャベツも好きじゃないけれども、ベーコンエッグ野菜カレー(800円)を注文。ベーコンとスクランブルエッグとキャベツがカレーソースで絡めてある感じで、カレーというイメージからは外れている。ところが、食べてみると予想外に美味しい。キャベツへの火の通しかたが絶妙で、カレーソースと見事に調和している。びっくり満足。
 帰宅後、性懲りも無くジオン独立戦争記の続きをプレイし、ハマーン様のセリフに萌えていると、札幌の母から電話。慌てふためいた声で、東京に地震が来るから風呂に水を溜めておけとか、枕もとにタオルを置くとかわめいている。なんでも、細木数子がテレビで東京に地震が来ると予言したらしい。はいはい、といって全て聞き流す。別に細木数子が言わなくても東京に地震は来るよ。いつかは。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Mar 17, 2005

江東橋

 夕食をとんかつあらいにしようと思ったら、お彼岸のせいか来週まで臨時休業。仕方なく、近くのやよい軒でチキン竜田揚げ定食(650円)を食べる。食べる前から見た目で容易に想像できる味で。ほっかほっか亭と同じ株式会社プレナスが営業しているだけあって、ほか弁の味そのまま。
 その後、錦糸町のヨドバシにいって、エアコンを購入。リビング用に最新型のノクリアで、寝室用に1世代前の霧ヶ峰。工事費込みの合計で27万円ほど。帰りは、江東橋を散歩。今まで行ったことの無かった、墨東病院側のエリアもかなりディープで、町並みは歌舞伎町に似ている。そういえば、歌舞伎町にも大久保病院があるし、病院があるところも共通。歩いている人には、相変わらずロシア・東欧系の女性が目立っていた。住吉まで歩いて、半蔵門線で帰宅。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Mar 16, 2005

旅の途中

 丸ノ内線新高円寺駅徒歩5分ほどの場所にある「旅の途中」でらーめん(800円)の夕食。ルック商店街と交差する道沿いにあり、判りにくい場所。メニューはらーめんを注文すると小鉢で青菜がついてくる。環境に配慮してなのか、割り箸ではなく、塗り箸が出るのも珍しい。(話は飛ぶが、昔の割り箸と違って最近の割り箸は、ロシア産材木を中国で加工した輸入物が大半であり、間伐材を利用したものは少ないので、地球環境的には望ましくない。)らーめんは、自然な酸味を感じる穏やかな味のスープと厚切りだけどもあっさりとしたチャーシューが特徴的。備品のゴルゴ13を片手にのんびりと食べたが、最後まで美味しくいただけた。
 帰りは真っ直ぐ帰宅し、引越しの準備作業をする。
 一昨日、転居後の通勤に備えて、定期の経路を「押上〜三越前〜赤阪見付〜荻窪」に変更した。乗らない区間買い過ぎのようにも見えるが、定期券は距離比例運賃のため、自宅から職場までミニマムに買った場合との差額が1,000円しかないので区間外3往復半で元がとれてしまう。とりあえず今日1往復した。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Mar 15, 2005

確定申告

 今日は今週末の出勤の振休をとった。転居にともなう電気、ガス、水道、NTTなどの手続きを済ます。午後は芝の税務署に確定申告に行くので、途中芝浦のホーカーズでレッドカリー(520円)の昼食。店名のとおり屋台の味、といったところか。原価も安そう。
 確定申告最終日ということもあって税務署は混んでいた。フリーターや派遣系っぽく見える女性も多い。なぜわざわざ確定申告し、税金を納めるのか。やっておくとのちのち制度上有利なこともあるが、それだけではなさそう。税金を納めることによって社会の一員であることを確認し、安心感を得る人も結構いるのではないか。話は飛ぶが、「選挙には必ず行く。国民の義務だから。」といって、行かない私を軽蔑した視線で見る人(女性に多い)も、実は社会への帰属意識をもちたいことのほうがインセンティブになっているのではないか、などと思ってみる。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Mar 14, 2005

アップグレード

 今日からブがデュッセルドルフとロンドンに出張。来週引越しだというのに帰国は日曜日。会社にいると、成田からブのメールが届き、エコノミーがオーバーブッキングでビジネスにアップグレードしたとのこと。3年前の社内規定の変更で欧州の出張がビジネスからエコノミーに変わってしまって以来、久しぶりにビジネスクラスに乗れた模様。今年からJALのサファイヤ会員&グローバル会員になったことも恩恵に預かった要因だろう。
 昼食は会社でレトルトごはん+カレーを食べたが物足りずに菓子パンを一つ追加。夕食は汐留住友ビルに先月オープンしたペディ汐留2Fの大戸屋で焼魚さば定食(598円)。新しいビルのテナントは清潔でよろし。カレー屋の夢民もあるので、引越す前に行ってみようと思う。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Mar 13, 2005

管路収集のコスト

 午後、ふとカーテンを開けたら、外は何故か吹雪いているので外出はやめて、荷造りに精を出す。無印良品で購入したエアーソファーを解体し、管路へ投入。有明・台場地区のごみの管路収集は、コスト面からいうと口にするのが憚られるが、家庭ごみを出す側にとっては無料で使えるのだからこんな便利なことはない。不公平でムダな話だが、ネタにするほどでもないので一般の人々に知られることは無いだろう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Mar 12, 2005

nocria AS50PPZ2

再度、新居の確認会。今回は20分ほどで無事終了。森下のみの家で桜鍋の昼食。桜鍋を食べるのは、5年くらい前に吉原の中江に行って以来。みの家は、外から見るのと違い、奥行きがあって中はかなり広かった。赤身の馬肉をみそを溶いたタレで軽く煮込む。生玉子に浸してから口に運ぶと、あっさりして旨い。ごはんを注文するとお櫃で出てきた。あつた蓬莱軒の櫃まぶしそっくりのやつ。
 食後、錦糸町のヨドバシと有楽町のビックカメラでエアコン購入の検討。富士通ゼネラルのnocria(ノクリア)に惹かれる。冷房の基本性能とフィルター掃除機能が良い。帰宅してからパンフレットをよく読むと、nocriaはaircon(エアコン)を逆さにしたと書いてあった。安易だけどなかなかネーミングセンスが良いね。
05031201

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Mar 11, 2005

La butte boisee

 夕食は下丸子の相模屋へ行き、和風らーめん(650円)。スープ、具ともに丁寧な作りを感じる。なかなか旨いらーめんだった。帰りは多摩川線と東横線経由で田園調布へ。駅が地下化されてから下車したのは初めて。駅上が整備され店が増えていて少し驚く。バスターミナルの向かいにあるパティスリー ラ・ビュット・ボワゼで、焼き菓子の詰め合わせを購入。ホワイトデーのお返し用。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

高校リンチ殺人事件、主犯は朝日新聞の読者

 googleで検索していたらたまたまたどりついた記事が面白かったので紹介。私が先月16日に書いた文「バイオハザード」で伝えたかったことをシニカルに表現している。こんなユーモアセンスが欲しい。


高校リンチ殺人事件、主犯は朝日新聞の読者
2000年8月19日
朝食を食べながら読むほどの熱中

滋賀県湖南町の学内リンチ殺人事件で、殺人などの疑いで逮捕された高校生の部屋から、大量の朝日新聞が見つかった。

高校生は日常的に朝日新聞を購読していたと見られる。警察の調べに対しても朝日新聞を読みいろいろな凶悪事件やその手口に関心があったことを認める供述をしているという。また高校生が事件の朝にも自宅で朝日新聞を読んでいることから、捜査本部は朝日新聞と事件との関連を調べている。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Mar 10, 2005

パエージャ

 花粉症対策に買ったパブロン鼻炎カプセルSは効く。はなみず地獄からは解放された。しかし、抗ヒスタミン成分の影響で、眠い。午後はあまり仕事にならなかった。夜の予定が無かったら、寝るために早退するところだった。
 夜はラ・タペリアで飲み。メンバーは課長、係長、その他同僚計6名。来年度の人事情報をGET。今年は暇だったので、適度に忙しくなることを期待したい。食べまくったが、役職者が1万円ずつ出してくれたので自己負担4千円で済み、ラッキーな気分になる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Mar 09, 2005

豊島中央通り商店街

 今日はゆりかもめの定期が切れたことと、都営地下鉄を利用した出張予定があったので、都営1日乗車券(700円)を購入する。台場→浜松町〜大門→三田→高島平→神保町→曙橋〜四谷三丁目→早大正門〜早稲田→王子駅前→豊島六丁目〜豊島二丁目→王子駅前→大塚駅前→春日駅前→門前仲町→台場のルートで使用。バスをバスカード利用したとしても2,220円かかったはずなので、1,520円のおトク(一日乗車券の広告風)。・・・。
 会社を17時20分に出て、豊島六丁目バス停に着いたのが18時35分頃。こんな道を歩く人は地元民以外いないだろう、と思われる住宅街の路地を抜けて向かったのは豊島中央通り商店街にある中華そば伊藤。ここで「そば(500円)」を食べる。日本そばに近い系統のスープに、エッジの立った麺。具は刻みネギだけというシンプルな構成ながら、十分に食べ応えのあるラーメンだった。とくに麺が気に入った。こういう歯ごたえのある麺が好きだ。
 帰りは商店街を抜けてバス通りへ。途中、クリネックスティッシュの値段(198円)をチェックしたり、居酒屋養老の瀧の存在を確認したり、商店街の真ん中の立地の良い場所に銭湯があるのを見て、周辺の住宅事情を考察したりする。
 都バスで王子に戻り、都電で大塚へ。集積度日本一なのでないかと思われるピンサロ街の中にある博多長浜らーめん・ぼたんへ行き、らーめん(600円)を食べる。濃厚な豚骨スープと麺のからみが良く、花粉症の症状がひどくなったにも関わらず、美味しくいただけた。具はネギときくらげがたっぷり入って程よいアクセントになっていて、最後まで飽きることなく食べることができた。帰りはいかがわしい歓楽街を一周してから駅に戻る。大塚はピンサロだけでなく、DCもさかんな街だけあって、サングラスをした女性など怪しい通行人も多かった。なお、ぼたんの前にあったドラッグストアのクリネックスティッシュの値段は398円だった。

 今日は花粉症がひどくなり、あわてて目薬、立体マスク、飲み薬を購入。果たして効果があるのか…(明日に続く)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Mar 08, 2005

淡島通り

 今日は会社帰りに渋谷経由で駒場東大前まで行き、西口から2分程の「嚆矢」でしなそば(700円)を食べた。久しぶりに大当たり。近頃の魚粉投入系にあるような濃ければ濃いほど良い、みたいなすーぷとは違う、凛々しい味。加水率低めの中細麺はかみしめる感覚がたまらない。固めのチャーシュー、歯ごたえのあるメンマなど具も秀逸。店内も清潔で居心地が良かった。
 帰りは、淡島通りまで出てから、渋谷まで歩いた。途中、ル・シャン・ド・ピエールなどの購買意欲をそそる店があったり、アンティーク家具の店があったり、高そうな仔犬をつれたおばさんが歩いていたり、と楽しい通りだった。まあ、一般的な感覚で言えば、目黒区だから、山の手だから、ということだが、街の風景として、江東や墨田などの東京の東側の下町と何が決定的に違うかというと、それは「坂道」の有無に尽きるのだと思う。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

献血制限

 厚生労働省は、1980年から96年の期間、1日でもイギリス、フランスに滞在した人は献血を制限するという結論をまとめたらしい。「変異型クロイツフェルト・ヤコブ病の感染ルートの調査結果を踏まえた献血に係る対応について」が厚生労働省のサイトに掲載されていた。
そんな制限をしたら血が足りなくなるのでは?、1日だったら私ですら制限にかかるし、とも思うが、血液製剤によるHIV感染事件の反動なのだろう。100%の安全などありえないのだが、恐怖は理性に勝るということか。一応、当面の「暫定措置」という記述があるが、暫定措置であっても一度決めるとどんなに合理的であっても撤回するのが難しいのは言うまでも無い。
 イギリス滞在1日の人が献血することによる感染のリスクと、この制限の結果血液不足になる可能性、さらには不足した場合の問題点なんかの分析はどうなっているのだろう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Mar 07, 2005

朝鮮語

 今日は会社帰りに新宿のビックカメラでエアコンを見る。近いうちに、リビング用の20畳程度のものと寝室用の6畳程度の2つを買う予定。機種選択のポイントは基本性能。店の選択は、設置工事がきちんとしてくれるか。つまりは、真空ポンプによる真空引きをしてくれるのかどうか。ビックカメラがどうなのかは判らない。
 急いで帰る理由もないので、店を出てから小滝橋通りを北上する。通り沿いは、二郎や中本なども進出し、いつの間にやらラーメン激戦区の様相を呈していた。今日はラーメンの気分でもないのでスルーし、職安通りで右折。ガードをくぐったところで、カウンター席のあるグレートインディアというインド料理屋を見つけたので夕食にする。店員が全員インド人っぽい。チキンコルマ(680円)とナン(170円)を注文。カウンター席から眺めていると、結構適当に作っている感じだったけど、普通に美味かった。インド人の職人が手でナン生地をこねているのを見るとあまり清潔に見えないのは偏見だろうか…。家に帰ってからネットで検索したらチェーン店らしい。
 食後、コリアンタウンと化した一体を久しぶりに散策。やたらとヨン様のポスターが貼ってあったり、許諾を得てなさそうなヨン様キーホルダーを売っていたり、違法コピーの韓国レンタルビデオ屋など怪しい店も多い。一歩入った裏通りにも韓国料理店が増殖しており、以前よりも集積度が増した感じ。鶴橋や川崎、日暮里などの在日系のコリアン街とはあきらかに違う、現代韓国のテイストが溢れる街になっていた。
 ぐるりと大久保駅まで歩いてから帰路につく。大久保通りを歩いていたときに、通りの店舗から冬ソナのメロディーが聞こえてきたのだが、前を歩いていた中学生たちがメロディーに合わせて朝鮮語で歌詞を口ずさんでいた。通りを歩く人は相変わらず朝鮮語が多い。(ところで、最近は朝鮮語とは言わないんだっけ?私の大学受験の頃は外語大の学科名は朝鮮語だった気がするけど。ハングルは文字で言葉ではないし、韓国語っていうと、共和国で使っているのは共和国語ってことか?)
 このあたりは結構前から外国人が多かった。15年前の学生の頃、西早稲田に住んでいた彼女が電話を引くというので管轄のNTT大久保へ連れていったら、中国人と間違われた。なんで間違われたのかその時は不思議に思ったが、それだけ中国人が多かったのだろう。無口な彼女がずっとだまっていたのも原因だろうし。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Mar 06, 2005

確認会

 今日は新居の確認会。12時開始で、1時間半程かけて確認を終える。新たに、外廊下に直置きするエアコンの室外機から出る水を流すドレン管用の排水口が塞がっていることを発見し指摘する。
 錦糸町まで出てから適当に昼食をとることにし、たまたま駅ビルの5階のとんかつさぼてんへ。微妙に新宿さぼてんとは違ったらしい。ちなみに隣のテナントははとんかつ和幸だったが、こちらもよくあるとんかつ和幸ではないらしく、「協和株式会社のとんかつ和幸」と但し書きがある。和幸の謎については、和幸商事のサイトに詳しく書いてあった。
 OKAYで家具と照明を見てから、有明の大塚家具でベッドとテレビボードを購入。合わせて70万円くらいした。海外旅行3回分・・・と考えると惜しいが、寝る場所のほうが大事なので仕方ない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Mar 05, 2005

J2第1節甲府vs札幌

 待ちに待ったJリーグ開幕戦。降雪の予報に生観戦を早々と諦めて引越し準備をしながら自宅でスカパー観戦。昨年末の天皇杯ベスト8の余韻で、期待が高まる柳下監督2年目のシーズン。でも、キックオフから良いサッカーをしているのは圧倒的に甲府の方。ところが前半12分、右サイドの岡田のゴールで札幌があっさりと先制。しかし、甲府の攻勢は変わらず、このままじゃ点いれられそう、と思ってみていると17分にアーリークロスからバレーに難しいヘディングで決められて同点。その後も札幌にはほとんど良いところがなく、前半終了でひと息つく。しかし、後半も甲府の攻勢は続き、ついに65分に逆点される。それで、加賀、上里、石井と投入し、ゴールを狙うも、あまり期待できない雰囲気。セットプレーくらいしか期待できないなぁ、と見ていると、81分にコーナーキックから田畑が同点弾。その後は、甲府のペースも崩れ互いにチャンスを作るも、決められずに終了。引き分けで終わりほっとした気分と、試合が始まる前の淡い期待との差の大きさに、現実の厳しさを知る。
 16時からは大分vs東京ヴェルディ1969の試合をスカパー観戦。先週のゼロックス杯でワシントンが凄かったので、興味が沸く。今日も凄かった。

 そういえば、今日の午前中にジオン独立戦争記をクリア。フリーシナリオでハマーン様を総帥にして2回目を開始。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Mar 04, 2005

技術発表会

 会社の技術発表会を見るために朝から研修所。何故か吹雪。東京じゃないみたい。
 終了後は、江東区役所にU村氏を尋ね、近所のどうでもよい感じの居酒屋で飲み。どうでもよいつまみと、どうでもよい酒にも関わらず、会計は一人6,000円で損した気分になる。さらに、東陽町の駅まで戻ってから傘を忘れたことに気づき、一人で店に戻る。虚しさ10倍。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Mar 01, 2005

バースデーケーキ

 今日はブの誕生日だが、とくに何も用意していないので、せめてもと思いケーキを買うことにして、会社帰りに銀座の三越に寄った。地下1階を一回りして、ブランドイメージ的には「ジョトオ」が良さそうという印象をもったので、列に並ぶ。しかし、自分の前の人でホールの小さいケーキが売り切れてしまい、買えない。仕方なく、奥の方にあるサンフルーツで手頃な値段のホールのショートケーキを買う。「たんじょうびおめでとう」のチョコをのせ、蝋燭を3本つけてもらう。たくさんもらってもきりがないので、1本10歳+αでカウントしたのだが、店員には3才の子供がいると思われたかもしれない。
 さて、サンフルーツはフレッシュジュースを扱っている果物屋さんの印象なので、ケーキはどうなのかという疑問もあったが、イチゴがとても美味しそうだった。実際、帰宅してから食べてみると期待通りの食感と味で十分満足できた。最近はパティシエ系のケーキばかりに目がいっていたが、フルーツパーラー系のケーキの価値を再確認した一瞬であった。
 なお、帰宅後、「ジョトオ」についてネットで調べて見ると、愛知県の株式会社プレジィールが経営している店舗で、他には新宿高島屋のグラマシーニューヨーク等も経営している。親会社は製粉会社で、ケーキの他、うどんの店も展開している。典型的な川下への事業展開といえそう。ブランド戦略もうまくいっているようだが、親会社のホームページからはプレジィールへのリンクは外された様子。製粉会社が親会社ではブランドイメージにマイナスと判断したのだろう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« February 2005 | Main | April 2005 »