« 仕事納め | Main | OUTBACK »

Dec 29, 2004

全日本女子サッカー選手権・準決勝

 朝:冷凍ピラフ。昼:丸ビルのEssenzaでランチ(1800円)。夜:ごはん、納豆、玉子、昆布巻たらこ。

 天気、雪。
 午前中、新橋のみずほ銀行で奨学金の返済。修士までいってしまったために、育英会2本と大学の1つで、毎年12月になると26万円返さなければならない。まあ、今の26万円と学生の26万円の価値は違うので、学生の時に借りて良かったと思うし、後悔はしていない。
 丸ビルのEssenzaでパスタのランチ。前菜3品+スープのプレート、蝦夷鹿煮込のパッパルデッレ、ピスタチオのムースを選択。カウンター形式で食べるにしては、客単価が高い印象なのは、Buitoni Pasta Barと比べてしまうせいか。

2004122901

 丸善で蒼穹の昴(1)講談社文庫を購入。 午後から国立西が丘競技場に全日本女子サッカー選手権の準決勝を見に行く。雪が激しく止めようかと思ったが、サカヲタのはしくれとして行ってしまう。到着すると、11時から始まっていたさいたまレイナスと伊賀FCくの一の試合のP.K.戦を始めるところだった。雪が降っているのに結構客が多くで驚く。P.K.は4-3でレイナスの勝利。
 予定より15分遅れで、日テレベレーザと田崎ペルーレの試合がKickoff。山本絵美は先発だが、小林弥生タンがリザーブでがっかりする。雪でボールがすぐ止まってしまう最悪のピッチコンディション。馬力のあるベレーザが押し込んで終始優勢。山本は視野が広く、雪の中でもボールが回ってくれば良いパスを出せるが、如何せん、ボールがなかなか来ないし、自陣深いところからではなかなかチャンスにならない。そんな中で、先制点は荒川の見事なヘディング。ペナルティエリア内でこぼれたボールが雪で止まったところからのセンタリングで生まれたゴール。前半終了間際の44分に澤、荒川と続けてゴールし、ベレーザの3点リードで前半終了。
 予めホカロンを買いこんでいたが、寒さだけではなく、靴にしみた雪水に挫折し、帰る。
 帰宅後は熱めの風呂に入り、Zガンダムを第38話レコアの気配まで観る。

2004122902

|

« 仕事納め | Main | OUTBACK »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 全日本女子サッカー選手権・準決勝:

« 仕事納め | Main | OUTBACK »