« ヨン様ありがとう | Main | スーパーロボット大戦MX »

Oct 27, 2004

再びイラク人質事件

たぶん、今後以下のような2つの論調が展開されるだろう。 

・人質は「フリーター」で、ニュージーランドに語学研修なんか行って、あまやかしてる「親の責任」。自業自得だ。自己責任だ。本人が悪い。政府は金をかけて救出活動なんかするな。やめてしまえ。
・そもそも自衛隊を派遣しているのが間違っているのだから、即刻撤退させるべきだ。人の命は重い。外務省の退避勧告が役に立っていない。国が責任をもってイラクに行かせないような措置を講じるべきだ。

私は、前回の事件同様、以下のように考えている。
 人質になった青年が自分で選択した行動には自分で責任を持たなければならない。
 しかし、自己責任であり、かつ自業自得であるとしても、それが人質になった青年を非難し貶める理由にはならないし、ましてや、救う努力を怠る理由にはならない。政府が自国民を保護するのは当然の努めである。たとえ、判断能力が弱くとも、向こう見ずでも、愚か者であっても。
 そうかといって、救うために自衛隊を撤退させるという選択はありえないし、してはならない。国民の集合体である国家の選択と、一個人の生命を同じ土俵で語られてはたまらない。私はイラク戦争に全く正義などあるはずがないと思うし、自衛隊が派遣されている意味もないし、さっさと撤退させたほうが良いと思っているが、それと人質の救出は別の話だと思う。

 ともかくも、人質に対して罵詈雑言のコメントを書いて自己満足しているブログを目にするのはもうたくさんだし、人質事件にリンクさせて自衛隊派遣問題の是非を論じるサヨクも止めて欲しい。

 ネットサーフィンをしていたら激しく同意したブログを見つけたので勝手にリンクを張ってみる。(2004/11/8)
宮台真司のブログ

|

« ヨン様ありがとう | Main | スーパーロボット大戦MX »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79741/7399683

Listed below are links to weblogs that reference 再びイラク人質事件:

« ヨン様ありがとう | Main | スーパーロボット大戦MX »